一合徳利

tokkuri.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 12月 21日

第3回Chiggy会@ラ・グラディスカ

先日、東京・六本木にあるイタリアン「ラ・グラディスカ」へ行ってきました。
a0017879_2247587.jpg


少なくとも、ワタシの友人・知人で一番フレンチ&イタリアンを食いまくっているChiggyさん。
そんな彼女に「毎月いい店連れてってもらおう!!」な会、それがChiggy会。その第3回の
会場として選ばれたのが、「ラ・グラディスカ」。食いしんぼ&飲んべえ4人で突撃です♪


    過去の記事はコチラ  →  第1回  コートドール
                       第2回  レ・セゾン




こちらの堀江シェフは、イタリア・ピエモンテのレストランでミシュランの1ツ星を獲得された方
で、帰国後開店されたのが、この店なのだとか。


通されたのは、天井から糸状のカーテンのようなもので仕切られた半個室のスペース。天井は
高いし、照明を見ても、なんかロッポンギ~、アザブ~なフンイキが漂っています。
a0017879_2302526.jpg




注文は、ランチコースを中心にしつつ・・・

①前菜を追加
②パスタを追加
③メインをジビエに変更

という、食いしんぼ仕様に♪



a0017879_23103120.jpg
突き出し
生ハムを小さいフォカッチャで挟んだもの。生ハムの程良い塩気が食欲を掻き立てる、突き出し
にピッタリの一品。シャンパーニュにもよく合います。


a0017879_23105142.jpg
牛モモ肉の岩塩包み焼き レモンとアンチョビのオイルソース
うぅまーい♪ これは、アラカルトから追加した品。だって、こんなメニュー見たら、頼まざるを得
ないでしょう!!このチョイスは大正解~。


a0017879_23111639.jpg
ポロネギとジャガイモのクレーマ エビのラルド巻きのソテー添え
モノ凄く濃厚で粘度の高いスープ。旨い、ウマすぎる。海老もぷりんぷりんでたまりません。
ワインが進んで進んでしょうがない。ちょっとヤバいかも。


a0017879_23113591.jpg
手打ちパスタ 魚介と野菜のラグー
薄く、幅広い手打ちパスタに、貝をメインに据えたラグーが絡めてあります。むふぅ・・・貝のエキ
スがたっぷりで、パスタとの相性もバッチリ。誰か残すヤツがいないか期待しましたが、みんな
ワタシより早く平らげてました。チッ。


a0017879_23115644.jpg
アニョロッティ・ダル・「プリン」
名前は全く解読不能ですが・・・(汗)。パスタの水餃子のような外観。中には、牛、豚、兎で作ら
れた餡が。これが絶品。シェフのスペシャリテと聞いて、コースに追加しましたが、この店に来て
これを食べずに帰るのは、重過失モンであると断言します。


a0017879_23121629.jpg
エゾ鹿の赤ワイン煮込み
ランチのコースでは、鶏のソテーまたは羊のローストでしたが、この時期ですから、ジビエを
リクエスト。エゾ鹿は臭みのカケラもなく、ソースも程良く酸味が効いてウマウマ。


a0017879_23123519.jpg
デザート









a0017879_2344550.jpg

テーブルから見える堀江シェフは、ちょっとコワモテで、髭と体型からおっかなそうな印象があっ
たのですが、帰り際挨拶に見えられた時はとてもにこやかで、笑顔のかわいらしい方でした。



ワタシはシェフに背を向けて座っていたのでわかりませんでしたが、向かいのメンバーに聞く
と、シェフは絶えず我々の食べる様子をチェックしていたそう。





よく食う&飲むヤツらだなぁ



と思ったに違いない(爆)。

by 1go-tokkuri | 2007-12-21 23:51 | Chiggy会


<< クリスマス・イブの朝食は      「北京ダック専門店 中国茶房エ... >>