一合徳利

tokkuri.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:飲み友 ( 90 ) タグの人気記事


2007年 11月 08日

濃熟三銃士と共に vol.2

この記事は続き物です。
まずは以下からお読みください。

  → 濃熟三銃士と共に vol.1



さて、ワタシが無事お銚子をゲットしてほどなくすると、会は無事閉会。


しかぁーし!!
郡山吟醸祭は、2次会以降も大きな魅力の一つ。
予め用意された4つの会場に、蔵元さんと参加者が分かれ、再び酒と料理と会話を楽しみま
す。今年は参加者増に伴い、会場が追加されてました。すげぇー♪  ってか、1次会で帰るお
客さんっているのかな。。。(笑)。





我々が向かったのはもちろん…


a0017879_1135119.jpg
a0017879_1163230.jpg
郡山一おいしい寿司屋、魚紋さん♪(一合徳利調べ)




a0017879_1334267.jpg
ココは、鷹勇の坂本顧問&大谷常務、1次会に引き続き、萩の鶴佐藤蔵元がご一緒で~す。
(手にされているのは、魚紋オリジナルラベルの鷹勇)


坂本顧問は、杜氏からご勇退。現在は奮闘する若い常務をサポートされ、二人三脚で酒造りに
携わっているそうです。坂本顧問のお話はもちろんですが、途中、大谷常務の挨拶には、ワタ
シの涙腺のもろさを露呈してしまいました。

偉大な杜氏の後を継ぐプレッシャーは、我々の想像できるレベルではないと思いますが、その
真っ直ぐさで背負っていって欲しいなぁと思います。



こんなモノをいただきました。
a0017879_145436.jpg

繰り出される刺身、握り共旨し。
ワタシはねっとりふわぁ~なカラスミとわさび、巻物をつまみにちびちびぐびぐびっと杯を重ねる。


この頃から、参加者や蔵元が入れ替わり立ち替わり出入りし始めます。そう、他の会場との
シャッフル(移動orはしご!?)が始まったのです(笑)。しかし、鯉川の佐藤社長や、睡龍の小
森谷さんが合流するにつれ、メンバーの濃度がどんどん上がっていくように感じたのは気のせ
いでしょうか・・・!?




さぁ、宴もたけなわな時間ではありますが、ココでワタシとitachaさんの視線が合い、しば
し見つめ合い、お互い深くうなずき合う…。



≪アイコンタクトでの会話概要≫

  ワタシ 「itachaさん、そろそろどうでしょう?」


  itacha 「お、そうだな。空いてるのかな。」


  ワタシ 「インターホンで空席確認済っ。5席確保しましたっ!!」


  itacha 「よし、突撃準備!!」







我々が嬉々として向かったのは…



同じ魚紋の1階ぃ~。

ご主人虎谷さんの目の前のカウンターです。フフッ、ここで去年に引き続き、虎谷ワールドを
満喫する3次会をしようというワケ。いやぁ、素晴らし過ぎるシナリオだ。



まずはシャンパーニュで軽くリフレッシュ。
あぁ・・・そうだ、去年もココでシャンパーニュ飲んだなぁ・・・なんて思いだしながら。こういう呼吸
の合うメンバーと飲むのは本当に楽しい。



虎谷さんが、「申し訳ありません、今日はネタがほとんどなくなってしまいまして…」とおっしゃる
ので、おまかせでつまみを出していただきます。


a0017879_2195763.jpg
ふぐポン酢・車海老
a0017879_2205433.jpg
カラスミ大根・大間の鮪
a0017879_222021.jpg
車海老の頭・蒸し鮑の肝ソース
a0017879_2245574.jpg
茶碗蒸し
a0017879_225168.jpg
鱈の白子ポン酢

a0017879_2274739.jpg
スッポン鍋

a0017879_2282645.jpg
蛸・卵焼き




車海老の頭は味噌がたっぷり。蒸し鮑自体もさることながら、肝のほのかな熟成香と苦みを
感じる肝ソースが旨い。コレだけで一合は飲めます。。圧巻はすっぽん鍋。鍋をなめまわしたく
なるほど、軽く生姜の効いたスープが素晴らしい出来。



a0017879_2481254.jpg
大間の鮪越しに見る虎谷さん


握りをいただけなかったのは残念ですが、今日の酒肴の数々は、それを補って余りあるほど。ネタが少ない今日だからこそいただけた(と勝手に思ってる)品々に、大満足。


ワタシは、料理、酒、友の三重奏がハマった時に、この上ない幸せを感じるのですが、この日が
正にそう。本当に素晴らしい時間を過ごすことができました♪





この後、虎谷ワールドの余韻を楽しみつつ、飲み屋で4次会、ラーメン屋で5次会。
a0017879_2565943.jpg
a0017879_230626.jpg





a0017879_2313787.jpg
不夜城郡山。実にいい街だ…





(続く)

by 1go-tokkuri | 2007-11-08 03:08 | 日本酒イベント・クラス
2007年 11月 06日

濃熟三銃士と共に vol.1

突然ですが、問題です。



Q 毎年、文化の日(11月3日)の後の最初の日曜日に行われる、「ブヒィ」で「イッヒッヒ」なイベ
  ントとは何でしょう。








え、わからない?


もう、忘れっぽいんだから…ヒントを出します。
a0017879_21392356.jpg






え、まだわからない?


それはいけません…しょうがありませんね。福島県郡山市で開催される最も有名なイベント
(一合徳利調べ)と言えば…
a0017879_21402023.jpg
郡山吟醸祭!!




郡山吟醸祭は、郡山の酒販店、清水台平野屋さんが主催する酒の会で、今年で19回目を
迎えます。昨年初めて参加したところ、余りに楽しすぎた為、往復交通費と有給休暇を投じて
今年も参加してきました♪ これでまたビンボー生活か…





メンバーは、昨年もご一緒させていただいた、「踊り子の太腿」でおなじみitachaさんと、酒屋
源八さん
、そして今年初参戦の山形一の老舗「あげつま」の若旦那を加えた「山形の濃熟三銃士
+絞りたて中汲みなワタシ」の4人。


待ち合わせ場所である郡山駅を出ると、お3方が大きく手を振って出迎えてくれました。










「おっ、妄想徳利!!最近、旨いモンより袋麺と妄想ネタばっかりだね」
というitachaさんのありがたいお言葉とともに…(爆)。




さて、郡山吟醸祭の会場は、郡山ビューホテルアネックス。ココは郡山一美人なホテルウーマ
ンを擁するホテル(一合徳利調べ)です。ラウンジで軽くお茶をし、部屋で一休みした後、いよい
よ会場に突撃っ!!


まずは主催者である、清水台平野屋の野内さんにご挨拶。野内さんには、都内の酒の会でも
お会いしており、「吟醸祭、必ず伺います!!」と宣言していましたので、約束を果たせて、ホン
ト嬉しいです。

すると、「皆さん、濃いメンバーですので、他の濃い方々と同じテーブルにさせていただきまし
た」とのお言葉が…いや、あの、濃いのは三銃士だけで、ワタシはこんなに軽快で爽やかな味
わいのオトコなんですよ…と言いたかったが、後の祭り。



会場に入ると、今年もヨダレモンのいい子ちゃん(酒瓶)達が、勢揃い。
a0017879_21545776.jpg

≪参加された蔵元≫
 酉与右衛門 ㈾川村酒造店(岩手)        鯉川 鯉川酒造㈱(山形)           
 綿屋・小僧山水 金の井酒造㈱ (宮城)     橘屋・黄金澤 ㈴川敬商店 (宮城)      
 喜多の華 ㈾喜多の華酒造場 (喜多方)    奈良萬 夢心酒造㈱ (喜多方)
 笹の川 笹の川酒造㈱ (郡山)          金寶 ㈲仁井田本家 (郡山)
 神亀・ひこ孫 神亀酒造㈱ (埼玉)        隆・丹沢山 ㈾川西屋酒造店 (神奈川)   
 英・るみ子の酒 ㈴森喜酒造場(三重)      諏訪泉 諏訪酒造㈱ (鳥取)
 睡龍 ㈱久保本家酒造 (奈良)           鷹勇 大谷酒造㈱ (鳥取)    
 竹鶴 竹鶴酒造㈱ (広島)             旭菊 旭菊酒造㈱ (福岡)
 独楽蔵・大手門 ㈱杜の蔵 (福岡)        萩の鶴 萩野酒造㈱ (宮城)



と、ここでアナウンスが。
「開会まではまだお時間がございます。お好きな酒をお飲みになってお待ちください。」

いい会だぁ(爆)。



この日の料理ぃ~
a0017879_22631.jpg

中でも、大皿に出された肉じゃがにはみんなびっくり。なんとも大胆な・・・(笑)。すると、itacha
さんがすかさず、睡龍・生もとのどぶを。この酒、こういう家庭料理にも抜群の懐の深さを見せ
るんだよなぁ・・・ほっこりしたじゃがいもに良く合います!!


この会は、「純米酒で遊ぶ」のが眼目のひとつ。出品されたお酒は、冷酒用燗酒用と一応の区
分がつけてあるものの、大量の徳利、ちろりとお燗器を駆使し、自分の好みの酒を自分で燗を
つけていろいろ試すことができます。しかもお燗した後の急冷用の氷まで!!なんという準備の
良さ。


蔵元さんもリラックスして一緒にお酒を飲んで楽しんでいらっしゃいます。
我々濃熟テーブルでご一緒したのは、竹鶴の竹鶴敏夫専務&萩の鶴の佐藤曜平さん。萩の鶴
の佐藤さんが竹鶴を持って回り、竹鶴の竹鶴専務が萩の鶴を勧めて回っていたりして、そんな
雰囲気も楽しい♪



会のクライマックスは、会で残ったお酒の数々をかけた恒例のじゃんけん大会。

この会は徹頭徹尾女性至上主義(?)の会な為、まずは女性限定で行われ、めぼしい商品が
次々と女性たちに奪われていくのを、オトコ達は指をくわえて眺めるだけ…女装してくるんだった
と思ったのはワタシだけではないハズ。

途中、蔵元提供の各種グッズが賞品として追加されると、地鳴りかという位の、オトコ達の歓声
がっ(笑)。



ワタシは元来の勝負弱さを発揮し、ずっと負け続けていましたが、最後の敗者復活戦で、無事
戦利品をゲット!!
a0017879_223376.jpg
戦利品である「竹鶴 お銚子」を手に笑顔のワタシと竹鶴専務






お酒は、絶対量こそかなりの量を飲んだものの、途中水を交えながらだった為、まだまだ余裕
がある。お腹だって、腹3分目位だ。




フフッ、郡山の夜は長い…



(続く)

by 1go-tokkuri | 2007-11-06 22:44 | 日本酒イベント・クラス
2007年 11月 04日

カリスマに弄ばれた夜 後編

この記事は続き物です。
まずは前編からお読みください。

  → カリスマに弄ばれた夜 前編




さて、カリスマからメールをいただいた時には、既にベロベロ&お腹いっぱいのワタシでしたが、
気まぐれ&ワガママなカリスマのこと、断ったりしたら、ウラの世界に手を回し、今後大井町に
足を踏み入れることすらできなくなるかも・・・ヤマダ電機はともかく、ajitoに行けないのは困る
し・・・と思い直し、飲んであげることにしました。




向かった先は、焼肉…って、お腹いっぱいなんですけど…
a0017879_905960.jpg





とりあえず…
a0017879_913658.jpg
かんぱーい!O(≧∇≦)O イェェ~イ♪





a0017879_921286.jpg

まずはキムチ&レバ刺しで様子伺い。

この店の名物はぶつ切りのレバ刺しなんです。なのに、カリスマは迷うことなくスライスを頼ん
でいます。カリスマの気まぐれでしょうか・・・。




a0017879_96164.jpg

続いて焼き物♪
メガマックをおやつ代わりにするカリスマですから、チマチマと頼まず、ドーンとセット物を頼み
ます。ロース、カルビ、ハラミ、上ミノの4点盛り。





a0017879_972653.jpg

ユッケ~♪
うん、なかなかおいしい。


ちなみに、カリスマの仕事は、11月が凄く忙しいらしい。「いつも帰りは23時過ぎだよ…」と暗に
今日はオマエの為にこれでも早く来てやったんだ、というオーラを感じます。おかしい、今日は
ワタシがカリスマをいぢめる日じゃなかったのか???




a0017879_994199.jpg
生肉を喰らったことで、カリスマのエンジンも暖まってきたようです。
「焼酎飲むぞ!!」の一言に、「ついていきますっ!!」と返すワタシ。おかしい、酒でもリード
されてる・・・って、ワイン飲んできてたんだった・・・チッ、今日は全てが後手後手だ・・・。






a0017879_9115128.jpg

名物!?のハラミ~♪
a0017879_9121228.jpg

牛車カルビ(骨付きカルビ)~♪



うんうん、目を見張るほどおいしくはありませんが、値段以上においしいです。お腹いっぱいだっ
たはずのワタシが、カリスマと同じだけ食べましたから(笑)。







この日、飲み食い以外でしたことと言えば、「店員の女の子がカワイイ!!」という点で意見が
一致し、固い握手を交わしたり、写真撮ってはあちこちに迷惑メールしたり、ゆきむらオフの詳
細について熱く激論を交わしたり…つまりフツーの酔っ払いなコトをしておりました。




さて、そろそろ本当にお腹いっぱいになってきたので、最後の〆を。ワタシは焼き肉屋の〆はコ
ムタンクッパまたはテグタンクッパと決めています。

a0017879_9132977.jpg


一応、年下なので取り分けてみます。

ここでカリスマが一言。
「腹いっぱいやから、ちょっとでエエよ」

その一言に、ワタシの脳に深く刻まれていた欲求が頭をもたげてきます。そう、「カリスマをいぢ
めてやりたい」と…。

で…



























a0017879_914968.jpg

テグタン・ゆきむら盛り「元は1人前なんだから、残さず食えよ。」という優しい言葉を添えて♪





≪オマケ≫

すっかりいい気分になった我々が向かった先は・・・



a0017879_9145881.jpg
スナック瞳・アサヒビール電飾看板






そう、あのつけ麺ajitoの隣にあり、常に気になっていたあの店に行こうというのです。

a0017879_9155846.jpg
スナック瞳・白鶴電飾看板






一通り、外観の撮影を終えた我々は、呼吸を整えます。


ワタシ 「カリスマ、本当にいいんですね。」


カリスマ「ここまできたら後には引けんやろ。」



ワタシは入口のドアノブに手をかけた。
いよいよだ、いよいよ、未踏の地に足を踏み入れる。


ワタシ 「じ、じゃあ、開けますよ」


カリスマ 「よ、よし、開けろ!!」






ガチャッ












ガチャガチャッ













ワタシ 「カ、カリスマッ、か、鍵がかかっています」


明らかにホッとした表情を見せるカリスマ。

看板の電気は付いているのに、鍵がかかっていた理由はわかりませんが、ちょっと残念、大きく
ホッとしたことだけは事実です。しかし、我々2人の胸には、一つの大きな山を越えたという達成
感・充実感が満ち溢れていました。




その後、我々は大井町一有名なバーへ移動。トマト焼酎なんぞを飲みながら、スナック瞳ネタ
を肴に、大いに盛り上がったのでした。。。

by 1go-tokkuri | 2007-11-04 09:28 | ソトでのむ
2007年 11月 03日

カリスマに弄ばれた夜 前編

昨日は、東京・城南地区随一のカリスマブロガーとの呼び声高い、ゆきむらさんからお誘い
いただき、マンツー飲みです。



もちろん待ち合わせは、カリスマの庭、東京・大井町。





しかも、この日は・・・
a0017879_16132521.jpg
ヤマダ電気 LABI 品川・大井町店オープン!!




ヤマダ電機の垂れ幕の横には、さすが大井町と思える文字が・・・
a0017879_16463190.jpg
藤田弓子講演会♪






しかし、カリスマは遅いな・・・前回、約2時間も待ちぼうけを食わされた悪夢が頭をよぎります。


すると、メールの着信が。


---------------------------------------
ごめんなさいm(__)m

捕まってしまいました!(泣)
すいませんが中止でお願いします

この借りはそのうちに・・・
---------------------------------------









チッ、またやられた・・・





あと10分早く連絡があれば、ajitoに行けたっていうのに!!
ったく、カリスマっていう生き物は・・・





フンッ、まぁいいさ、と気を取り直し、LABIと同じく今日オープンのバーガーキングへ。
a0017879_16241886.jpg

もちろん、目指すはワッパーです。
ついでに、パティの追加とかしちゃおうかな・・・とウキウキ気分で店内へ入ろうとすると・・・











a0017879_1626297.jpg

ぎ、行列がぁーーー!!w(゜o゜)w




やむなく退散・・・ラーメン以外じゃ行列できない体質なんです。。。







フフッ、まだまだ。
実は、カリスマすら行ったことのない、11月1日にオープンしたばかりの店があるんです。
a0017879_16324764.jpg


店名を見るだけでも、惹かれるものがあります。

さぁっ、いざ、店内へっ!!















店員 「申し訳ございません、あいにく満席でして・・・」










ゆきむらぁーーー<(`^´)>w!!




こうなると、ポストが赤いのすら、カリスマのせいにしたくなります。



結局、すっかり戦意喪失したワタシは、オリジン弁当で揚げ物ばかりを大量に買い込み、家で
ワインをガブ飲みすることとなったのです。





ところが、勢いに乗ったワタシがもうそろそろワインを1本空けてしまいそうになってしまったその
時、再び、カリスマからメールが着信。







---------------------------------------
開放されたねんけど・・・

暇?(爆)
---------------------------------------



カリスマ、それは自由人・・・。

by 1go-tokkuri | 2007-11-03 17:06 | ソトでのむ
2007年 11月 01日

眠れるKINGが目覚める夜!?

先週木曜日は、KING TAKE との飲み会。

場所は、KINGの行きつけでもある、東京・新宿 「手打ち蕎麦 大庵」。
そう、KINGはおいしい酒があり、つまみの旨い店じゃないと、不機嫌になるので、なじみの店へ
集まるのが一番気が楽なのです。


こんなモノをいただきました。
a0017879_21291362.jpg
酒肴あれこれ

a0017879_21295276.jpg
田舎そば







ちなみに、ごく一部の多くの方からご照会いただいたKINGのプロフィールを少し。


彼は、東京・新宿に勤める、某大手超有名東証一部上場企業の部長代理。
そう、見た目は全然そう見えませんが、凄くエラいんです。



ワタシと違い、いわゆる独身貴族な高給取りなのですが、いかんせん「部長代理」という肩書
は・・・オッサン臭い(全国の部長代理の皆さん、ゴメンなさい=33)。





そんなKINGとは出会ってからかれこれ5年目になる。

しかし、今のKINGは、これまでワタシが知っているKINGとはちょっと違うような気がする。





1.ベロベロに酔いつぶれて、はしご酒を強要しなくなった。


2.ベロベロに酔いつぶれて、夜中に牛丼屋に連れて行かなくなった。


3.ベロベロに酔いつぶれて、ヘンな店に連れて行かなくなった。








そして、何より驚いたのが、彼のこの一言。




















オレも女性に産まれ年のワインでもプレゼントしたい



これまで、日本酒を愛する余り、ワインを完全否定してきた彼が・・・女性絡みのネタになると、
自分の口を閉ざしていた彼が・・・


普通の人なら、何でもない言葉かも知れないが、KINGから紡ぎだされたその言葉は、今ま
での彼では決して有り得ないものだった。




KINGが・・・未完のFWと呼ばれ続けた眠れる獅子が、今目覚めの時を迎える。

by 1go-tokkuri | 2007-11-01 22:00 | ソトでのむ
2007年 10月 27日

太っ腹なおっちゃん ありがとう!!

10月25日、待ちに待った給料日を迎え、なんとか生きながらえることができた一合徳利です。



最近、いろんな人に会う度に、

「銀行残高マイナスはウソだろ!!」

「な~んか、キャラ作ろうとしてるよね~」

「財布にはいっぱい入ってるんじゃないの!?」



みたいな事を言われ、深く傷ついているので、明日から通帳を持ち歩くことにしました(笑)。

事実確認を希望される方は、お申し出くだされば、喜んで開示します。
但し、マイナスのついた通帳を見た暁には、キッチリおごっていただきます(爆)。





さて、そんなワタシの窮状を見かねて、一人のおっちゃんが立ち上がりました。
「神楽坂の男」で知られるusagiさんです。

このおっちゃん、以前オフ会で会ったワタシに、初対面にも関わらず、「アンタ、琴桜に似とる
なぁ」
と言い放った御仁。おかげで、あれからしばらくは、会う人みんなが「琴桜っ!!」と声をか
けてきたことを思い出します。



あれから1年半。
その間、おっちゃんは神楽坂から引っ越し、blogを閉め、ワタシは入院して退院し、ホンモノの
琴桜は亡くなった(!!)。



おっちゃんは、ちょこちょこ我がblogを見ていただいていたそうで、最近は袋麺ばかりのワタシ
の食生活を不憫に思い、「よっしゃ!おっちゃんがご馳走したる」と声をかけていただいたので
す。お会いするのは1年半振り2回目。





さて、待ち合わせ場所は、JR水道橋駅東口。
時間通りに現れたおっちゃんは、初めこそ「一合さん、痩せられましたか?」と、お世辞&何故
か敬語を使っていたのですが、1軒目の寿司屋でビールを1杯飲んだ後は、一気にusagi節が
炸裂!!



「アンタ、blog見とるけどいいモン食いすぎや~。で、蟹食うか?おっちゃんは食えへんけど。
若いんやから遠慮せんと~。で、アンタなんで嫁さんもらわんの~?で、酒飲むか?おっちゃ
んはもう年やから飲めんけど~。で、・・・」


という具合。
そのテンポの良さがおもしろくて、実に楽しい。



飲み始めてから小一時間が経ち、時計を見たおっちゃんが一言。




















「お、もうこんな時間か。よし、次の店や。」


え? まだ握り食べてないんですけど・・・???



しょうがない、握りはあきらめるか、と思い、黙って立ち上がろうとすると、おっちゃんも握りを
食べてないことを思い出したらしい。

「あかん、握りがまだや。どうする?いや、もう時間やし、そうや、おみやにしたらええ。な、な。
大将っ、おみや用意してやっ!!」



無事お土産の握りを受け取ったワタシに、おっちゃんは事情説明を始めた。

「ええか、今日はおっちゃんがアンタを4軒の店に連れてったる。でもおっちゃんは年や。酒も弱
い。9時過ぎると眠くなるんや。そやから、こっからの店は刻んで30分、4、50分、30分や。今
日は特別に10時過ぎまで付き合ったる。今んとこ、ほぼおっちゃんの計画通りや。」










おもしろい、おもしろすぎる。

さすがに、こんな展開の飲みはワタシも初めてです(爆)。





タクシーで向かった2軒目は神楽坂の飲み屋。
「ここの親父はな、酒にも、魚の仕入れにもこだわっとる。おっちゃんは毎晩ここでメシ食うた。」

見ると、短冊に掲げられたつまみはどれも旨そう。
日本酒の品ぞろえもナカナカ。

が、おっちゃんの計画では、ここの滞在時間は30分。
予定通り、つまみ2品。おっちゃんビール1杯、ワタシ日本酒2杯で店を出る。





3軒目は同じく神楽坂の飲み屋。
「ここはな、おっちゃんのお気に入りの店や。おっちゃんは毎晩ここにおった。」

ふむふむ。
つまり、ワタシは今、普段のおっちゃんの行動をなぞっている訳ですね。それにしても、こんな
いい店をはしごするなんて、なんて贅沢なんでしょう。


ウィスキーを飲みながら、この店ではおっちゃんから恋愛論をご教示いただく。
ちなみに、ここは予定より長めの滞在。

「アカン、予定オーバーや~。次や、次。」



4軒目は、再びタクシーに乗り込み、青山に移動し、小洒落たバーへ。
「ここはな、おっちゃんも来るのは久し振りや。」

再びウィスキーを飲みながら、この店ではおっちゃんがモテないワタシに女性を紹介してくれる
ことが決定。好みの女性のタイプについて語り合う。

ここでも、キッチリ30分経つと「おっちゃんはもう限界や」とのことで、ウィスキー2杯で退散。
店を出た所でおっちゃんとはお別れ。でも、見ると時計の針は未だ23時前なのがスゴイ。





usagiさん、おもしろおかしい、そしておいしい時間をありがとうございました。日が変わる前に
4軒制覇したのは、たぶん初めての経験です(爆)。

30分刻みのはしご酒&心地良いマシンガントークが、本当に楽しかったです。
ステキな女性を紹介いただける件&これからも給料日前はよろしくお願いします♪






ちなみに、家に帰ったワタシはいただいたお土産の握りをツマミに再び日本酒を飲み始め、気
がつくと床の上で爆睡しておりました。。。
a0017879_23491815.jpg


by 1go-tokkuri | 2007-10-27 01:21 | ソトでのむ
2007年 10月 20日

KING TAKE と スタミナ苑

KING TAKE(キング タケ)。



酒には強いクセに、女性相手には滅法弱い我が友人。女性、しかも初対面の方を目の前に
すると、いつもの強引なまでのドリブルは影を潜め、すっかりおとなしくなる、そんな男。


7月の退院直後、「快気祝いやってやるよ」と言ってくれたKING。そう、KINGは基本的に凄く
優しいのだ。「どこがいい!?」と聞くKINGに、遠慮もせずに「肉!!」と答えたワタシ。そう、
ヘタな遠慮はKINGに失礼です(笑)。






そこで、行ってきたのが、コチラ!!

a0017879_036257.jpg
はい、スタミナ苑です~。ワタシが前回行ったのは、もう7.8年前。大分ご無沙汰している間に、
ますます行列が長くなったようで。。。




ちなみに、この店も訪問したのは1か月前です。。。くどいようですが、財布が軽くて今は行けま
せん。だから、許してください。。。(沈)



会社を定時ちょうどに出て、店についたのが、18時30分。相変わらず混んでますねぇ。店内は
満席、行列は15人位。しかし、KINGが先に並んでいてくれた為、ワタシ個人の行列時間は15
分程で入店。ラッキー♪



さぁ、浦和の不動産王S氏と合わせ、オトコ3人、一気に肉をやっつけていきますよ~。
a0017879_0351125.jpg


この店で食べる為には、「暑い・煙い・狭い」という3重苦を覚悟しなくてはいけないのですが、中
でも最も厳しいのは、「狭い」こと。座敷でワタシの後ろに座っていたオトコは、背が高く、身体も
ガッシリしていて、普通に食べていても、背中がぶつかるほど。



a0017879_0353682.jpg


ウワサのテグタン。
どの店のテグタンとも外観・味が違います。「ビーフシチュー」と称する方がいますが、確かに
近いかも。




さて、最後のテグタンを平らげたのが、なんと20時過ぎ。正味1時間ちょっとで店を後にするこ
とに。ガツガツ食いすぎです。会話しようよ(笑)。



当然、こんな時間に帰ろうと言い出す者はおらず、そのまま2次会へ。ところが、散々肉を食い
散らかしてきた我々の胃袋はすでに限界。


ところが、赤羽駅は我々3人いずれにとってもアウェー。しかも、①いかがわしい店②チェーン
系居酒屋しか見当たらず、腰を据えて飲めるようなところが見当たらない。






むぅ、計画性のなさがこんなところにも出てしまったか。。。



やむなく入った店で出された日本酒は、あまりにも・・・な感じ。そんな場面でも、KINGは押し付
けられた日本酒3人分を、快く飲み干してくれました。KINGは優しい♪





Q : なんでそんなにKINGを褒めるのか!?







A : 来週も一緒に飲むから。
    ホラ、ワタシの財布は軽いし、いろいろお世話になることもあろうかと・・・(笑)。



    




    でも、読み返すとあまりホメてないな(爆)。

by 1go-tokkuri | 2007-10-20 00:43 | ソトでのむ
2007年 10月 13日

諭吉クン コートドールへ連れてって

美味しい店をどう開拓するか。


TV、雑誌、ネットといろいろありますが、一番確実なのは「信頼できる友人から教えてもらう」
でしょうかねー。特に自分がそんなに得意ではない分野(ワタシで言えば仏伊料理系)は、そ
う。できれば、一緒に行ってお薦めを含めた楽しみ方を教えてもらっちゃうのが一番。



ということで、ワタシが「行きたい店リスト」の上位に挙げ続けて早3年、東京・三田の「コート
ドール」へようやく行く機会を得ました。この日のアテンドは、Chiggyさん。少なくともワタシの
友人で一番フレンチを食べ、ワインを飲んでるお方。この人に勝てるのは身長・体重位ですか
ねー。

あ、ちなみに行ったのは1か月前(9月9日)です。ガハハ。
a0017879_22331074.jpg
















a0017879_22235216.jpg
赤ピーマンのムース
「変わり映えしませんが。。。」とはサービスの方の言。変わり映えしないってことは、それだけ
支持されているということ。赤ピーマンの香りがほのかに鼻をくすぐり、ムースはクリーミー。


a0017879_22241869.jpg
野菜のエチュベ
一つ一つの野菜がおいしい。酢がかなり強めに効いているが、むしろ前のムースがクリーミー
だったので、酸味が心地いい。


a0017879_22245270.jpg
アナゴのテリーヌ ピクルス添え
ブッヒッヒ♪
ワインを呼び込むいけない子。ボリュームもたっぷり。ワインがいくらあっても足りない。


a0017879_22252043.jpg
梅干・シソの冷製スープ
うんま~い。実は、この日はめちゃめちゃ暑い日でした。梅干・シソの酸味が体に染み込んで
いくように感じます。舌も程良くリフレッシュ。


a0017879_22254957.jpg
豚のロースト
豚のおそらくは内臓に近い部位。歯をあてるとサクッと肉に入り込むような感触。スパイスの
香りともよく合います。


a0017879_22261910.jpg
ソルベ


a0017879_22283661.jpg
和栗のタルト チョコレート
柑橘茶に泳ぐ黄金桃 ミントを散らして
サヴァラン キルシュクリーム グリーンイチジク

どれもおいしいのだが、和栗のタルトは圧倒的。栗爆弾が口の中ではじけまくります。ホールで
食べたい位、イイです。


a0017879_2229779.jpg
小菓子




a0017879_22293350.jpg
おりこうなワイン達







それでは、この日のお気に入りをアップでどうぞ  ↓
ブッヒッヒなおいしさでした♪
a0017879_2231414.jpg




散々飲み食いしまくった我々。
挙句の果てには、ランチ用に仕込んでいたデザートが全てなくなってしまったそう。支配人の
「冷蔵庫が空っぽになりました」とにこやかに話す笑顔がいい。







あれから、もう1か月。
もう何人か諭吉クンがいてくれれば。。。(沈)。

by 1go-tokkuri | 2007-10-13 14:52 | Chiggy会
2007年 10月 10日

イル・ギオットーネ@丸の内 で 地獄のワイン

サチコ。



我々仲間内の中で、「世界で最後に生き残る1人」ともっぱらウワサの女性。ハリポタ流に言う
と、「名前を呼んではいけないあの人」に匹敵する女性。

飲み会では、その毒舌マシンガンぶりで、周りを圧倒する存在感。その矛先は、我々仲間内に
とどまらず、友人知人、身内はもちろん、たまたま店内にいた他のお客にも向けられる程。




そんな彼女の誕生日を祝おうと、集いし勇者は5人。計6名で伺ったのは、東京・丸の内 イル・
ギオットーネ。あ、言い訳しときますと、行ったのは給料日直後です。もちろん、今は行けません。。。

そういや、去年もサチコの誕生日祝いと称して飲みに行ったっけ・・・まさに、酒飲み界の「和田
アキ子」だな、こりゃ。

a0017879_123273.jpg




この店は、以前、期間限定のデリだけは利用したことがありますが、いつの間にか、日本橋
三越で常設店になったそうです。そっちも行かねば。。。



a0017879_1232847.jpg
カボチャのスープ オマール海老を添えて

a0017879_1234511.jpg
クネクネして変わったスプーン


a0017879_1241748.jpg
a0017879_124404.jpg
アンティパストミスト
京茄子&マグロ ・ グレープフルーツのソルベ&サーモン
タラバ蟹のサラダ ナッツ添え ・ 秋刀魚と加茂茄子




この前菜が出てきたあたりから、サチコの様子がおかしい。明らかに不機嫌そうな顔をし、隣の
女性とコソコソ何か話しているようだ。彼女の眉間の皺からも、何らかの不手際があったことは
疑いようがない。



むぅ・・・この店をリクエストをしたのはワタシ。


ワタシには十分おいしいのだが、サチコ様には何がお気に召さなかったのか。。。恐る恐る尋ね
ると、サチコ様はこうおっしゃった。

















あそこのテーブルの女、肩丸出しなのぉ~。
ったく、女同士で、何ニキータ気取ってんだか!!




そう、サチコは、基本的に肌の露出が多かったり、男ウケする格好をする女性がキライなので
す。その女性は、どう考えてもニキータ気取ってたワケじゃないんでしょうが。。。


もしかしたら、本人に聞こえてしまったのでは。。。と小さくなる我々。
声がデカい!!とたしなめてみても、「一合ちゃんも見てごらんよ~、ぜぇ~ったいニキータ
だってぇ」と、サチコはどこ吹く風。

我々が何を言っても、サチコのお怒りに油を注ぐだけなので、放っておくことにします(笑)。





a0017879_125014.jpg
パンはもちろん全種類Get!!




a0017879_127361.jpg
豆乳のパンナコッタ、生雲丹のせ エンドウ豆のソース
周りにかけられているのは、乾燥させた雲丹のパウダー。これは・・・日本酒が欲しくなりますね
(笑)。これを絡めるのではなく、そのまま舐めてはワインに手を伸ばしてしましました~。



a0017879_2037182.jpg
落ち鮎とミブナのスパゲティーニ
この日、一番のお気に入り。どうしても、イタリアンに行くとパスタの美味しさについては、絶対値
を求めてしまいます。この皿は、焼かれた鮎と京野菜の軽い苦味が程よく、辛味で引き締めら
れた、素晴らしい一品でした♪



a0017879_2038032.jpg
茸と栗のリゾット パルミジャーノチーズの器で
パルミジャーノに入れられて運ばれてきたのをみたら、マズイワケがありません。茸の熟成感
と、チーズが、ワインともよく合って、おいしい。



a0017879_20404513.jpg
シャラン産鴨のロースト
キレイ。。。そうつぶやくほど、焼き目と断面が美しいローストです。



a0017879_20413225.jpg
ティラミス
高カロリーであることはわかりつつ、頼みたくなるんです。VIVA!!ティラミス!!



a0017879_23562777.jpg
おいしいワイン達♪
・RICHARD CHEURLIN CUVEE JEANNE 2001
・Riviera Ligure di Ponente Vermentino 2004 / Terre Bianche
・Chardonnay del Veneto 2003 / SERGIO ZENATO
・VINO NOBILE DI MONTEPULCIANO Riserva 2001 / Il Conventino
・INFERI 2003 / Marramiero (Abruzzo)



ちなみに、最後の1本は、inferi=「地獄」というネーミングのワイン。赤いエチケットが、地獄
っぽさを醸し出しています!?



「サチコ=このままじゃ地獄に落ちる」という意味を込めて選択(爆)。


フダンなら、サチコはそろそろ眠りにも落ちる頃なんだけど・・・と期待してカメラを構えていまし
たが、この日のサチコは、地獄に落ちるどころか、閻魔大王にまで毒を吐きかねないほど、
最後まで元気でした。



【急募】
  サチコと対決し、更生させてみたいという勇気のある男女
  年齢不問 性別不問 アルコール耐性要
  報酬:名誉+サチコと1年飲み歩く権(飲み代自腹)
  ※当方同席はできません。2テーブル離れた所から、検討をお祈りしています。

by 1go-tokkuri | 2007-10-10 00:24 | ソトでのむ
2007年 10月 04日

10月3日は「HAFU HAFU BALL」の日

10月1日・日本酒の日。

我が酒友である、東北の猛虎 itachaさんが、黒毛和牛に溺れていた記事を見、対抗心から、
コメントに「10月3日に絶対黒毛和牛を食べてやる!!」と高らかに宣言してしまったワタシ。



ところが、10月2日夜、東京・城南地区随一のカリスマブロガー(他称)のゆきむらさんから
突然のお誘いをいただき、急遽3日の夜は2人で飲みに行くことに。。。


黒毛和牛ネタ書かなかったらバカにされるという怖れと、黒毛和牛を食べなくても言い訳が立つ
というホッとした気持ちが交叉する微妙な感覚。まぁ、今月も既に銀行残高マイナスだし。。。
楯ついてゴメンなさい、itachaさん。。。(泣)

    なんて思ってたら、やっぱりお見通しだったらしい → 今日のitachaさんの記事



ところが、当日になっても、肝心のゆきむらさんからは場所・時間の連絡が何もなく、18時30
分を過ぎる。チッ、ワタシの10倍超のアクセスを誇るカリスマにとって、こんな貧乏デブを誘う
ことは、戯れの一種、もしくはネタに過ぎないのか!?





ややムッとしたメールを送ったところ、18時52分、こんな返信がきました。


    仕事でバタバタしてまして・・・(泣)

    20時を回りそうです(滝泣)

    一合さん大丈夫ですか?(劇泣)

    また後日にしましょうか?(血泣)

    縁が無いのかも・・・(魔王泣)











チッ、このメールが既にネタだよ。。。




そんなこんながありつつも、20時20分になんとか合流。


ゆきむらさんと言えば、blog中にキュートな顔文字をちりばめ、短い口語調の文章を畳みかけ
るのが特徴。特に、O(≧∇≦)O イェェ~イ♪ で、世の乙女達のココロをわしづかみらしい。

独身モテない男のワタシも、やっぱりモテたい。折角なので、今日は文体をモテ男ゆきむら風に
アレンジしてみました。いつもと大分感じが違うと思います。題名は直しませんが。。。




向かった先は、東京・大井町、東小路にある「鳥文」。
a0017879_22225844.jpg









とりあえず・・・。
a0017879_22303760.jpg
かんぱーい!O(≧∇≦)O イェェ~イ♪





a0017879_22383383.jpg
いざ、注文・・・と思ったら、店のオバちゃんから「ナマはもう終わっちゃって~」と衝撃の一言。
チッ、カリスマがもうちょっと早くきてれば・・・(藁

串ものをテキトーに注文。
味は・・・大井町の焼き鳥って感じ(^^;



a0017879_22404217.jpg
O(≧∇≦)O イェェ~イ♪





a0017879_2242437.jpg
串ものを再度、テキトーに注文。
味は・・・大井町の焼き鳥って感じ(^^;



今日の注目は。。。
a0017879_22431689.jpg
ニンマ  = ニンニク+肉
季節焼 = おくら+肉+しめじ+肉+赤ピーマン



何故、秋に赤ピーマン (藁

ちなみに、この店には、日本一やんぐなメニュー、レバー+ニンニクの「レバニン」なるモノも
あります。我々はすでに十分やんぐな為、注文は見合わせます(+o+)





日本酒にも飽きてきたので、ワインに移行。
a0017879_22493671.jpg
O(≧∇≦)O イェェ~イ♪





ようやくエンジンがかかってきたので、再度ワインを注文するも、「閉店」とのお達し。気が付けば
店には我々しかいない。やむなく、退散することに。


チッ、カリスマがもうちょっと早くきてれば・・・(藁


ブツブツ言いながらあてもなく2軒目を求めて歩いていると・・・












a0017879_22522366.jpg

w(゜o゜)w出た!!!!!




「HAFU HAFU BALL」 て。。。たこ焼きやん!!
バリバリの関西人にたこ焼きくわすか!?

などと、カリスマは文句をおっしゃっていますが、ムリヤリ連れ込みます。飲めりゃいいでしょ♪




とりあえず、改めて・・・。
a0017879_22531210.jpg
かんぱーい!O(≧∇≦)O イェェ~イ♪





a0017879_22553029.jpg
たこ焼きと焼きそばの2大定番メニューを注文。
味は。。。大井町のたこ焼きと焼きそばの味がします。。。




a0017879_22575215.jpg
O(≧∇≦)O イェェ~イ♪




a0017879_22563777.jpg
O(≧∇≦)O イェェ~イ♪
中身はラムネ(藁





結局、なんだかんだで、0時過ぎまで飲んだくれ。
最後は、お互いのホメ殺しで幕を閉じることに。。。





ごちそうさまでした(^人^)



【今日の一言】
O(≧∇≦)O イェェ~イ  の使いすぎには注意しましょう(藁

by 1go-tokkuri | 2007-10-04 23:57 | ソトでのむ