一合徳利

tokkuri.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:飲み友 ( 90 ) タグの人気記事


2012年 11月 20日

みちのく道中酒まみれ 一心加減燗 後編

この投稿は続きモノです。
まずは、こちらからお読みください。

  → みちのく道中酒まみれ M嬢がどうしても買いたかったモノ
  → みちのく道中酒まみれ 寳来寿司@石巻 前編
  → みちのく道中酒まみれ 寳来寿司@石巻 後編
  → みちのく道中酒まみれ 日高見/平孝酒造 前編
  → みちのく道中酒まみれ 日高見/平孝酒造 後編
  → みちのく道中酒まみれ 石巻の今
  → みちのく道中酒まみれ 一心加減燗 前編

****************************************************


初日の夜・・・仙台・国分町にある一心加減燗での宴の続き。


日高見を飲んだ後、2本目からは、早くも燗酒へ移行。

この店では、お燗をお店に任せるおまかせ燗と、自分でお燗を
つけるおこのみ燗があります。


見てください!!
a0017879_17472069.jpg

なんと、テーブルにお燗器がセットされており、既にお湯も
頃合いに温められているのです。

これはすごいなぁと感心しながらも、まずはお店にお燗を
お任せします。

お店の方は毎日その日本酒に触れ、お燗をつけている訳ですから、
1つの日本酒をお燗する本数は私よりも格段に多いはずですし。

いや、何よりも酔っぱらってくると、飲んで食べて話すのに夢中で
お燗の温度まで気を回せなくなるから???



徐々に旨味の乗った日本酒をお燗でいただきながら、料理の方も
味のしっかりしたものへと移行していきます。
a0017879_17462975.jpg



a0017879_17471486.jpg

たこのうに唐揚げ旨し!!

プリン体が多そうだけど気にしない!!



奈良・睡龍、三重・るみ子、鳥取・日置桜、鷹勇・・・
次々と日本酒の徳利が空いて行きます。


a0017879_17472574.jpg

最後は生もとのどぶで〆。どぶだけは、自分でお燗をつけます。
ガンガンに炊くように温度を上げるのが私の好みなので・・・。


で、最後は炭水化物で〆〜!!
a0017879_17465469.jpg



すっかりいい気分になったワタシは店前でウキャキャウキャキャと
はしゃぎまくり・・・仙台・国分町の街へと再び飛び出したのです。。。

by 1go-tokkuri | 2012-11-20 17:44 | 東北行(2012.10)
2012年 11月 19日

みちのく道中酒まみれ 一心加減燗 前編

この投稿は続きモノです。
まずは、こちらからお読みください。

  → みちのく道中酒まみれ M嬢がどうしても買いたかったモノ
  → みちのく道中酒まみれ 寳来寿司@石巻 前編
  → みちのく道中酒まみれ 寳来寿司@石巻 後編
  → みちのく道中酒まみれ 日高見/平孝酒造 前編
  → みちのく道中酒まみれ 日高見/平孝酒造 後編
  → みちのく道中酒まみれ 石巻の今

****************************************************


石巻からふたたびバスで仙台に戻った私たちは、慌ただしく駅前の
ホテルにチェックイン。


荷物を部屋に入れ、わずか7分足らずで行うこと。

それは・・・ごくごく軽い仮眠

仮眠と呼べるようなものではありませんが、靴と靴下を脱いで、
ベッドに横になって伸びをして、軽く目を閉じる・・・


この日も、バスが渋滞で遅れてしまっていたので、ホテルに
寄らずまっすぐ店に向かおうという意見もありましたが、
私はホテルに寄ることをお願いしました。

この一手間が後々大きく効いてくるのです・・・たぶん(笑)。



a0017879_17163595.jpg

向かった先は・・・一心加減燗

仙台に降り立った日本酒飲みは、誰もがここへ立ち寄るという
伝説のお店です。




何はなくとも・・・

a0017879_17163986.jpg
かんぱ〜い O(≧∇≦)O イェェ〜イ♪



最初はビールをいただきましたが、もはやお通しとは呼べないお通しが
でてきた瞬間に日本酒へスイッチ〜。
a0017879_1716491.jpg



この日伺った、平孝酒造さんに感謝と敬意を表し・・・
a0017879_17165987.jpg

日高見のきき比べセット

を注文します。


酒米としてはあまりにも有名な山田錦。

山田錦はこれも酒米である、山田穂と短棹渡船を掛け合わせて
作られた品種です。その山田穂と短棹渡船で各々醸した日本酒を
飲み比べてしまおうという、思わずニヤリとせずにはいられない
ようなセット。



料理も充実しており、どれも日本酒がクイクイと進んでしまう
一品揃いです。


a0017879_1717584.jpg

前半戦で特に美味しかったのが・・・野菜サラダ。

私はドレッシングの類が嫌いなんですが、このサラダの
ドレッシングはもの凄く美味しい。

野菜そのものの味を邪魔せず、くっきり際立たせている一品で、
カラダの中が浄化されて行くような美味しさでした。

by 1go-tokkuri | 2012-11-19 17:05 | 東北行(2012.10)
2012年 11月 18日

みちのく道中酒まみれ 石巻の今

この投稿は続きモノです。
まずは、こちらからお読みください。

  → みちのく道中酒まみれ M嬢がどうしても買いたかったモノ
  → みちのく道中酒まみれ 寳来寿司@石巻 前編
  → みちのく道中酒まみれ 寳来寿司@石巻 後編
  → みちのく道中酒まみれ 日高見/平孝酒造 前編
  → みちのく道中酒まみれ 日高見/平孝酒造 後編

****************************************************


すっかり長居をしてしまった我々。
平孝酒造を後にした我々は、平井社長の薦めもあって、タクシーで
近くの高台へ向かいます。



a0017879_1715111.jpg

ここからは、近くの街並みが・・・震災の爪痕が見渡せます。

東日本大震災から1年半。

1年半という月日は残酷です。

津波で流された車やがれきで街が塞がれているということは
さすがにありませんが、家が流されてしまった後の空き地に
残るのは、今や一面の草むらなのです。

これまでも、ずっと草むらだったのではないか?

と思えるほど違和感なく周囲の景色の中に草むらが溶け込んで
しまっているのです。


津波は、街の商店街をも飲み込んでしまいました。

その多くはそのまま閉店を余儀なくされ、一部の店だけが再起を
果たし・・・というより細々と商売を続けておられます。

その姿は、津波があったということを知らなければ、過疎が
進んだひとつの地方都市の姿にしか見えません。


風化


そんな言葉が頭をよぎります。

かつてそこには確かに家が立っており、そこには確かに活気
あふれる商店街があったのです。

なのにそれを奪われてしまった。




石巻では、そこかしこで「ありがとう」という感謝の言葉を
いただきました。


石巻にきてくれるというだけでうれしいんだ

知ってくれてる、覚えてくれている、足を運んでくれている・・・
それだけでうれしいんだ



あれだけの被害を受けながら、たったそれだけのことで
本当にありがとうと言ってくれている彼ら。

それは、如何に彼らがつらい状況にあるのかということの
裏返しではないだろうか・・・そう思ってしまいました。

もっと何かできることがないのだろうか・・・
そう考えずにはいられない旅になりました。

by 1go-tokkuri | 2012-11-18 17:00 | 東北行(2012.10)
2012年 11月 17日

みちのく道中酒まみれ 日高見/平孝酒造 後編

この投稿は続きモノです。
まずは、こちらからお読みください。

  → みちのく道中酒まみれ M嬢がどうしても買いたかったモノ
  → みちのく道中酒まみれ 寳来寿司@石巻 前編
  → みちのく道中酒まみれ 寳来寿司@石巻 後編
  → みちのく道中酒まみれ 日高見/平孝酒造 前編

****************************************************


平井社長のお話を伺った私たちは、蔵の内外を見学させていただく
ことに。。。


何より驚いたのは、酒蔵の裏手に私の身長を超える水位の跡が、
未だくっきりと残っていたこと。


海からは何キロも離れているこの場所。
津波が旧北上川をさかのぼり、街中に押し寄せたことを示す
その跡を見てもなお、当時の状況は想像もつきません。


a0017879_1647454.jpg

a0017879_16473631.jpg


酒蔵の躯体は損傷が激しさを物語るように、至る所に補修の跡が
見えます。立て替えるのではなく、躯体の内側に鉄骨を組み、
建物の強度を補強しながらの大改造。


建物の強度だけではありません。


平井社長が、

全ては品質に返ってくることだから・・・

と、醸造工程のほとんどを冷蔵設備の整った部屋で行えるように
したり、造りの動線を意識して麹室に入口と出口を別々に設置
したり・・・ヤブタまで冷蔵設備の中に設置してあるのです。

a0017879_16474164.jpg



私の中の平井社長と言えば、ザ・イケメンという印象が強かった
んですが、腹が据わったような、どっしりとした落ち着きを
感じるようになりました。

蔵人の構成も、杜氏、副杜氏とも若く(どちらも30代)、
これからどんな展開が見えてくるのか、とても楽しみです!!


※通常、平孝酒造さんでは蔵元見学を受け付けておられません。
 ご注意ください。

by 1go-tokkuri | 2012-11-17 16:57 | 東北行(2012.10)
2012年 11月 03日

みちのく道中酒まみれ M嬢がどうしても買いたかったモノ

最近、仕事でイロイロあって現実逃避癖のあるワタシ・・・。

そして、ついに本当に逃避してしまったのが・・・10月某日。


しかも、ワタシが何よりも好きな蔵元見学&飲み食い旅行!!


a0017879_12304649.jpg

出発はモチロン東京駅。
N馬区民としては、大宮駅の方が近いはずなのに・・・何故か東京駅(笑)。


何はなくとも・・・

a0017879_12312217.jpg
かんぱ〜い O(≧∇≦)O イェェ〜イ♪


いつもなら、大丸の地下やGranStaでしこたまつまみを買い込んで、
朝から大宴会を催すんですが、この日は極めて控え目に。




何故かって?


この日の目的地は、宮城県・石巻。

東日本大震災の影響もあって、仙台ー石巻間は未だ列車が復旧していない
区間がある為、直行バスでの移動する予定でした。

バスと聞くと思い出すのが、この思い出です。

ドキッ!!○○だらけの温泉旅行♪

そう、行きの列車の中で飲み過ぎた上に、バスでの移動に酔いがまわり、
夜の宴に参加できなかったあの悪しき思い出を・・・。



人間は学習する生き物です。

旅行の前日に飲み過ぎて1日をフイにしたりしたこともありましたが、
この日の前日はアルコールを一切摂取しませんでした。


ワタシも成長したなぁ・・・(遠い目)。


ということで、4名で石狩ビール&岩手県のエーデルワインという
極めて軽めのラインナップ。

a0017879_12312882.jpg

a0017879_1231247.jpg

a0017879_12319100.jpg




まぁ、成長よりも何よりも・・・

昼間っから寿司を食べ日本酒を飲む

ことを計画していたから・・・なんですけど。
蔵元の前に泥酔して出て行く訳にもいきませんしね(笑)。




しかし・・・日本酒もないのにほやなんて買い込んだのは誰だ?
a0017879_12314196.jpg


by 1go-tokkuri | 2012-11-03 13:51
2012年 09月 09日

料理と酒を楽しむ君嶋会@半蔵屋/新横浜

9月2日、神奈川・新横浜のフレンチレストラン半蔵屋で、

料理と酒を楽しむ君嶋会

が開催されたので行ってきました。

a0017879_11301240.jpg


4月に開催された前回は、申し込みの電話をし忘れるという失態を
犯してしまった為、1年振りの参加になります。

今回も危うく電話し忘れるところでした・・・まさかアル中性アルツ?



まずは、会場内の別フロアで1時間30分に渡り、テイスティングに
取り組みます。テイスティングとは言っても、別に採点を提出したり
する訳ではありませんので、気に入った日本酒は普通にゴクゴク飲み
干します。

つまり・・・酔っぱらいます(笑)。

a0017879_11295924.jpg

新横浜の駅前で、つけちゃんぽんを食べてから会場に向かったのは
その為です(え?)。



a0017879_1130228.jpg

a0017879_11301724.jpg

ワタシは、栃木県/惣誉酒造の河野社長と同じテーブル〜。



何はともあれ・・・
a0017879_11303568.jpg
かんぱ〜い O(≧∇≦)O イェェ〜イ♪



こんなモノをいただきました〜
a0017879_11303970.jpg
小前菜/海と畑から


a0017879_11304199.jpg
前菜/晩夏


a0017879_11304594.jpg
魚料理/荒神


a0017879_11304817.jpg
お口直し/ミネストローネ


a0017879_11305262.jpg
メインディッシュ/金華豚


a0017879_11305613.jpg
デザート/アプリコット



合わせる日本酒はこんな感じです・・・が、あっちこっちのテーブルに座っている
蔵元さんからその蔵の日本酒を強奪して、あれこれ楽しんでましたw

伊勢の白酒/純米活性にごり(三重県)
松の司/「情熱」生もと純米生酒(滋賀県)
米鶴/「情熱」純米吟醸(山形県)
惣誉/H20BYきもと純米大吟醸原酒(栃木県)


こんな変わりダネも・・・
a0017879_1131117.jpg
HANZOYAオリジナル日本酒カクテル






さて、実はこの日、すごくいいことがありました♪


◆ アレやコレやソレをとっても美味しく味わいました


◆ ずるい♪ 企みがまたひとつ増えました





そして・・・


◆ 6年前に行ったレストランの美人マダムと再会しました


◆ 4年前、ひとつ屋根の下で2夜をも過ごした
  浅からぬ縁を持つ女性と再会しました


◆ 素敵な女性Aさんに「一合さんのファンです〜」と言われ、
  いい気分になりました


◆ 素敵な女性Bさんに「一合さん、全然デブじゃない、かわいい!」
  と言われ、これまたいい気分になりました




フフフ・・・ね、いい一日でしょ・・・フフフ。。。

by 1go-tokkuri | 2012-09-09 11:41 | 日本酒イベント・クラス
2012年 09月 05日

燗酒、諏訪泉、高橋由美子な日

8月26日、東京・早稲田のリーガロイヤルホテルで開催された

純米燗 夏の宴

なる日本酒の会に参加してきました。

a0017879_20261745.jpg

a0017879_20262168.jpg


確か去年は参加をサボったので、2年振りの参加になります。

とってもカンタンに言うと、夏こそ燗酒飲んじゃおうぜ!!
という、フツーの方から見るとちょっと変わった、かなりヘンタイな会。


夏にカレーやチゲなんかを汗をかきかき食べるのは平気なのに、燗酒を
飲まないなんて人生の損失だと思うんですが・・・ホテルの中だから
冷房もきいてますし(笑)。


a0017879_20272118.jpg

ちなみに、この会に参加している蔵元は、私の好きな蔵元が多いので、
ブースを回って、蔵元と話をするだけでもすごく楽しいですし、
好きな燗酒を徳利に入れてもくれるので、自分のテーブルに戻って、
つまみと合わせながら、じっくり飲むこともできます。


a0017879_20262634.jpg

a0017879_20263038.jpg




ちなみに、この純米燗夏の宴では、くじ引きにより蔵元グッズがあたる
抽選会があるんですが・・・




見事、諏訪泉の酒袋GET!!


この手の抽選会やじゃんけん大会には無類の運のなさと勝負弱さが
自慢のワタシですが、今年は何かが違うのか?


a0017879_20263969.jpg

ゲストでいらしていた女優の高橋由美子さんとちゃっかり写真に納まって
みたりもしました。


周りは酔っ払いオヤジばっかりの会だなんて、彼女も大変だったでしょう。
入れ替わり立ち替り、酔っ払いオヤジが写真撮影の列に並んでいたので、
ちょっとかわいそうでした。


まぁ、ワタシもそのひとりですがね・・・(汗)。

by 1go-tokkuri | 2012-09-05 20:44 | 日本酒イベント・クラス
2012年 08月 17日

第1回 Chiggy会 2nd Stage@コートドール

あなたは、ちぎー会というイベントをご存知だろうか。


港区に君臨する女王ちぎーが、自らの舌で確かめたその店へ小羊たちを
いざなうという魅惑の会を。。。


ところが、3年前あたりから、女王の気まぐれか、ちぎー会は女子会へと
形を変えてしまい、ワタシの如き小人なオヤジは立ち入るスキはなくなっ
てしまった次第。


そもそも、フレンチだのイタリアンだのを口にする機会自体がそう多くは
ないワタシですから、すっかりその手の店から足が遠のいていたのです。


≪過去に行った店≫

      第1回  コートドール
      第2回  レ・セゾン
      第3回  ラ・グラディスカ
      第4回  日本酒リーダー宅
      第5回  アピシウス
      第6回  ル・ジュー・ドゥー・ラシエット
      第7回  ラシェリール
      第8回  タテルヨシノ
      第9回  シュマン
      第10回 コートドール
      第11回 潮夢来
      第12回 浜藤
      第13回 コートドール
      第14回 レ・セゾン
      第15回 ラ・バリック
      第16回 イル マンジャーレ
      第17回 コートドール
      第18回 taachi
      第19回 ベージュ東京



そこで先日、とある日本酒の会で女王ちぎーと対面した際、ワタシが直訴。


あのぅ・・・コートドールに行きたいんですけど。。。
連れってってください!!



a0017879_15283959.jpg

a0017879_15284291.jpg

そんなこんなで行ってまいりました。かなりお久しぶりのコートドール。
いつもの通り、ランチに伺いました。

コートドールは、19回開催されたちぎー会の中で、最多の3回も開催された
フレンチの店。私が知っている中ではフレンチではNo.1の店。




そんなこんなで・・・
a0017879_15284623.jpg
かんぱ〜い O(≧∇≦)O イェェ〜イ♪





まずはメニューを開きます。

もちろん、ランチコースはありますが、我々はいつもの通り、ランチコースに
+αをどう組み込むのかに頭を悩めるのです。



当然意見が割れましたが、今回はワタシのわがままを皆さんに聞いていただき、
こんなコースになりました。

赤ピーマンのムース

穴子のテリーヌ

大葉シソ梅干の冷製スープ

長崎五島産クエ棒切り蒸し上げ、貝のクリームソース

カナダ産仔牛胸腺肉のロースト ジロール茸添え

アプリコットタルト



前菜とメインは各々選ぶようにして、他は同じものをいただきます〜。




a0017879_15285024.jpg
赤ピーマンのムース

a0017879_15285385.jpg
穴子のテリーヌ


赤ピーマンのムースはこの店のど定番な一皿。
クリーミーなムースの舌触りとフレッシュなトマトの酸味がたまりません。

穴子のテリーヌは、初めてこの店にきていただいた以来の再会。
その時の印象が強くて、どうしても外せませんでしたが、やっぱり旨い。
ピクルスがいい箸休めになり、ボリュームたっぷりのこの皿も難なく完食。


a0017879_15285813.jpg

他の方が食べていた野菜のエチュベも旨そうだった・・・
いや、一口いただいたけど、旨かった。。。



a0017879_1529252.jpg
大葉シソ梅干の冷製スープ


シソのスープは、だらけきった心とカラダをリフレッシュしてくれる味。
毎回思うけど、このスープを「好き」と感じられるメンバーと一緒に
テーブルを囲めるのは幸せなことだなぁとしみじみ。


a0017879_152969.jpg
長崎五島産クエ棒切り蒸し上げ、貝のクリームソース


「クエ」「貝のクリームソース」と聞いて、「コレを食べたい」と
最後までワタシが譲らずわがままを通させてもらった一品。

ホ〜ラ、頼んでよかったでしょ!と触れて回りたい位おいしかった(笑)。

貝の出汁たっぷりのクリームソースがもうたまらんです。
このソースのお風呂に浸かっていたい。


a0017879_15291899.jpg

毎回楽しみのひとつなのが、ソムリエの方のワインのプレゼン。
これはどう?あれはどう?なんて会話をしながらも、

この料理なら是非これを飲んで欲しい!!

という想いが言葉と顔に表れていて、それを飲むとまたビタッとはまって
いるのが本当に素晴らしい。



a0017879_15293083.jpg
カナダ産仔牛胸腺肉のロースト ジロール茸添え


胸腺肉のローストは、もうムッチリしていて脂のカタマリです。
そこに絡むジロール茸の香りがもうムンムンで、エロスを感じるほど。

たぶん、この後数時間はこんなワタシですら、きっとフェロモン出しまくって
いたに違いありません。それ位ムッチリムンムンでした。



a0017879_15292244.jpg

a0017879_15292549.jpg

他の方が食べた、牛と鴨も素晴らしく美味しかったです。
ホント胃袋が大きくて幸せです、ワタシ。


a0017879_15293345.jpg

a0017879_15293632.jpg
アプリコットタルト



a0017879_1530820.jpg




ここは、毎回くる度にココロから笑顔になれる店だな、と再認識させてもらいました。
本当に幸せな時間を過ごすことができます。


コートドールの予定が入ると、その週は明らかにいつも以上に仕事、頑張れます(笑)。
この店で料理をいただいた余韻でまた仕事、頑張れます(爆)。


さぁ、次は秋を伺う頃に行ってみたいですね〜

イーヒッヒ♪

by 1go-tokkuri | 2012-08-17 16:14 | Chiggy会
2012年 07月 21日

西川口で晴耕雨読まみれな夜

ワタシが一番好きなアルコールは、言わずもがなですが、日本酒です。

次はワイン。後はまぁどれも同じようなモノな訳ですが、
そうなると、当然プラベートの友人も日本酒、ワイン好きが多くなります。
特に、いつも大酒飲むようなメンバーは例外なくこの2つが大好きです。


そんなメンバーの1人から、
焼酎の会やるけど・・・こない?

と言われた時には、ひっくり返るくらいびっくりしました。


聞けば、とあるイベントで焼酎の一升瓶をもらったので、
折角だからみんなで飲み干しちゃおう!!

という企画との由。


無論、断る理由などありません。


a0017879_1264232.jpg


西川口・・・実は初めて降りる駅。
結構都心からも近いんだよねー。

先日、アド街を見てたら、鳩ヶ谷市を吸収して一段とその勢力を拡大している川口市。
うぅむ、昔は川口市なんて・・・と思っていましたが、駅前のマンションの値段を
聞いてビックリ!!

ワタシ、買えません(爆)。


さて、そんなこんなで伺ったのはこちらの店。
a0017879_1264639.jpg



何はなくとも・・・
a0017879_1265053.jpg
かんぱ〜い O(≧∇≦)O イェェ〜イ♪


この日はめちゃめちゃ暑かったので、ビールなんてすぐに飲み干して、
メインである晴耕雨読をいただくことに。
a0017879_12372999.jpg


しかも、事前にお店に連絡して、前割りまで準備していてくれたと
いうのですから、持つべきものはマメな友人ですね〜。

a0017879_1265870.jpg
かんぱ〜い O(≧∇≦)O イェェ〜イ♪



画像を整理していて気がついたんですが、この日の注文はヘンです。
ほぼ肉と炭水化物で満たされています。
a0017879_12372574.jpg

a0017879_12465853.jpg

a0017879_12524732.jpg

a0017879_12471883.jpg


a0017879_12473786.jpg

a0017879_1253833.jpg

a0017879_12475245.jpg


これ以外に食べたのは、空豆とエイヒレくらいじゃないかしらw




ちなみに、この店の一番素晴らしいところは、料理でも酒でもありません。

店に入ると、元気のいいかわいい女性が出迎えてくれること!!
・・・でもありません。





その元気のいいかわいい女性が、バケツにたっぷり氷の入った水を
テーブルまで持ってきて、

氷水に浸したおしぼりをその場で絞って渡してくれること!!


汗っかきデブのワタシには、何よりうれしいサービス。
その女性は、冷たくて手が痛いのを我慢しながら絞ってくれるんです。


あぁ・・・素晴らしい。。。

by 1go-tokkuri | 2012-07-21 13:01 | ソトでのむ
2012年 06月 06日

稲苗月 酉与右衛門の夕べ

先日、浦和の不動産王S氏にお声がけいただき、
岩手の日本酒蔵・酉与右衛門※の川村社長を招いての宴に
参加してきました。
※酉と与は一字


その名も・・・

稲苗月 酉与右衛門の夕べ
深山の芽吹き アッサンブラージュ




・・・なんか・・・カッコよすぎる(爆)。



ちなみに会場も、夜の妖しさでは右にでるもののない街、東京・六本木。

酉右衛門のお酒と六本木・・・あまりにイメージが違う!!w


酉右衛門は、東京の街ってイメージじゃないんだよなあ。

木枯らしとか雪とかそういう系。
少なくとも、夜の蝶が飛び交う感じではない(笑)。


会場のヌッフデュパプは、岩手では有名なお店だそう。
確かに遣り手な感じのオーナーの目力はすごいです。



こんなモノをいただきました〜。
a0017879_19393632.jpg
北海道産フォンティーナチーズの粕漬けを軽く炙って

a0017879_19393934.jpg
シドケのコンソメジュレ和えとフォアグラ
ワラビのディジョンマスタード合え

a0017879_19394234.jpg
朴葉新芽のフリット 真タラ子のカラスミ添え

a0017879_1939444.jpg
粕漬け2種盛り
白金豚肩ロースの生ハム
ほろほろ鳥のささみ

a0017879_19394855.jpg
八幡平サーモンのポワレと姫竹

a0017879_19395221.jpg
短角牛ランプ肉と白金豚ロース肉のロースト
岩本農園のほうれんそう添え

a0017879_19395675.jpg
彩・菜・鶏とつる人参、うるいのスープがけ五穀ご飯

a0017879_19395914.jpg
酒粕のアイスクリーム




お酒はこんな感じ〜。
a0017879_19393130.jpg

活性にごり酒 阿波山田錦2011
特別純米酒 岩手吟ぎんが 2011
純米酒 備前雄町 2011
特別純米酒 自家田 美山錦 2011
純米酒 阿波山田錦 2011
特別純米酒 岩手吟ぎんが 21BY
純米酒 備前雄町20BY
特別純米酒 自家田美山錦 22BY
純米酒 阿波山田錦 超辛口 21BY



以前から、酉右衛門の酒は、山菜に合うと思っていましたが、
今回それを再認識しました。

この日のベストは、朴葉新芽のフリットと、美山錦の2011。

朴葉の軽い苦味と美山錦の硬さがよく合い、どちらもフレッシュな
後口が残るのがまた良し。


嬉しかったのは、六本木にある小洒落た店にもかかわらず、
お酒の燗ができたこと。


川村さんが持参していただいた、熟成した酉右衛門をお燗する
ことで、肉に合わせることもできましたしね〜。




全11種類のお酒をお燗も交えながら、一体どれだけ飲んだことやら・・・
この日も若干記憶が曖昧です。。。


でも、この日の飲みメンバーで決まった、新たなずるい♪企みだけは
しっかり覚えています。

我が脳ながら、なんて都合のいい・・・(汗)。

by 1go-tokkuri | 2012-06-06 20:05 | 日本酒イベント・クラス