一合徳利

tokkuri.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:洋食 ( 8 ) タグの人気記事


2011年 10月 28日

とんかつ屋でステキな女性に出会う

10月も終わりだというのに、Tシャツ、短パンで寝ている一合徳利です、コンバンハ。
それでも暑くて、クーラーを入れたい!!と思っていましたが、最近ようやく涼しくなったおかげで、
そろそろ扇風機はしまえるかな~と喜んでおります(笑)。


さて、先日、用事があって向かった先は、東京・春日。

そそくさと用事を済ませたワタシは、一軒の揚げ物屋さんへ~♪

a0017879_19181481.jpg

a0017879_19182260.jpg

a0017879_19182864.jpg


ヒレカツと海老フライのセットをいただきましたが、どちらも値段相応な感じでおいしかったです~。
後から知りましたが、この辺りでは有名なお店らしいですね。




さて、この店でビックリしたのは、ワタシが注文したすぐ後にいらした、おそらく60歳は過ぎているであろう
女性がワタシと並んで、カウンターに腰を下ろした時のこと。




彼女が発した注文は・・・




生ビール!!




ロースカツ!!




海老フライつけてね~!!







な、なんてカッコイイんだ!!

彼女があと30歳若かったら、是非友達になりたかったなぁ~(笑)。

by 1go-tokkuri | 2011-10-28 19:25 | ソトでたべる
2011年 07月 23日

N馬区の至宝「牛蔵」のメンチカツ&コロッケ

N馬区で、一番人気のある飲食店と言えば、おそらく、富士見台の牛蔵でしょうね~。

N馬区へ越してから早1年以上が経っているというのに、ワタシは未だ食べたことのない焼肉屋さん。
しかもハイクオリティでリーズナブルなお値段らしいです。


複数のグルメ系友人が口を揃えて「いいね!」と言うだけでなく、カラダの半分が牛肉でできている程、
肉が大好きなワタシの友人Yに聞くと、1時間は絶賛の言葉を聞かされる位の店ですから、その素晴らしさは
容易に想像がつきます。


当然のことながら、予約のハードルも高く、土日祝だと5名以上でかつ予約可能な席数自体が限られて
いるそうです。当日客を優先しているようなのですが、予約なしではいつ入れるかわからないということも
聞いていたのでどうしても足が向きませんでした。


みんな、なかなかN馬区にはきてもらえないのよね・・・ぐすん。



ところが、先日、その牛蔵が売店を始めたとのウワサを聞いたんです。


しかも、その値段は・・・

メンチカツ 120円

コロッケ   100円



おおっ!!ということで早速、買いに行きましたよ~


雨だというのに、20人超の行列!!


a0017879_1014227.jpg

a0017879_101466.jpg

a0017879_10141043.jpg



もうね、いかにもお肉屋さんのコロッケとメンチって感じの香りです。

コロッケは極めてシンプルなタイプ。
昔、大竹まことが、男のココロをつかむなら、シンプルなポテトコロッケで肉は少なめ!!と断言していましたが、
まさにそんな感じ。もちろん肉も入っていますが、ヘンに多すぎず、それでいて肉の香りを感じることのできる
いいバランスだと思います。

一方のメンチカツは、洋食店のレポートでよくある、肉汁がじゅわ~っ!っていうタイプではありません(笑)。
むしろ、人によってはボソッという印象を持つかもしれません。でも、肉を噛みしめているとギチッとした肉感の
中から、素晴らしい甘みを味わうことができます。ビールはもちろん、これがまた燗酒によく合う!!


ナイフとフォークで食べるような絶品系ではありませんが、ここでメンチカツとコロッケを買って酒飲んだら、
それだけで幸せな気持ちになれること請け合いですね~。なんてったって、100~120円ですから。
どっかの惣菜店のメンチカツやコロッケとはワケが違います。




ちなみに、こちらの売店は、お昼11時、夕方16時30分から一定量売り切ったらおしまいとのことです。
日曜日に伺いましたが、夕方の開店から1時間でメンチカツは売り切れてました。ご参考までに。
その時点でコロッケはまだありました。

この他に牛すじ煮込みがあるのですが、ワタシが伺った時にはお昼にしか販売しておらず、
(今は逆に夕方のみ販売)、未だ口にできていません~。


なんと言っても、夕方の販売開始が16時30分というのが困りもの。
さすがに平日は買いに行けませんからね。


病院行くとか言って、会社の抜け出すしか手はないな・・・ブツブツ。。。

by 1go-tokkuri | 2011-07-23 10:32 | のんべえ日記
2010年 11月 24日

スラムダンクな喫茶店 / サンボ@石神井公園

ここ数日、重い重い焼き肉食べたい病を患っている一合徳利です、コンバンハ。

外で食べりゃバカ高いし、マンションで七輪使う訳にはいかないし・・・ホットプレート?んなモン我が家には
ありゃしませんっ!!





さて、急に話題は変わりますが、実はワタシ、マンガのスラムダンクが大好きなのです。



どれ位好きかと言うと・・・


    ■ コミック全巻持っていた位好きで


    ■ でもそのコミックをブックオフにうっかり売ってしまう位好きで


    ■ でもやっぱり2年に1回位無性にもう一度読み返したくなる位好き


なんです!!




そんなこんなで(?)、最近よく行く店がコチラ!!
カフェブラッセリー サンボ
a0017879_21571364.jpg


ブラッセリーを名乗っていますが、外観、内装はいわゆる喫茶店そのものです。
夜になると、つまみとビールのお得なセットが提供されたりするあたりがブラッセリー・・・?。


未だN馬区の飲食店で未訪の先がたんまりとある中で、何故ワタシがこの店に何度も足を運ぶのか・・・




そう、ココにはスラムダンクが全巻置いてあるのです!!

1回訪問する度に、だいたい7冊位読んでます(爆)。




さて、そんなサンボのメニューはコチラ!!
a0017879_2157171.jpg

a0017879_21585751.jpg

うんうん、しょうが焼きナポリタンももちろんありますね~。


この日は、うまい具合に日替わりランチしょうが焼き+カニクリームコロッケだったので、そちらを注文♪
だって、650円なんですもの~。
ご飯はグッとこらえて普通盛り(笑)。

a0017879_2159691.jpg

a0017879_2159867.jpg

うんうん、味付けは軽めでライト。なのにバラ肉&オイリーなしょうが焼き。
もちっと醤油&しょうが効いてたら、ピッタリ合うと思うんだけどなぁ。
カニクリームコロッケは、そのまんま冷凍食品チックな感じで。
いいんです、650円なんですもの~。




a0017879_21591486.jpg
しかも、ちゃんとコイツが隠れていました!!







ちゃんとメニューにナポリタンあったから、是非是非レポートしなくちゃと思ったけど、できなくなりました。
ごめんねナポさん












あのね、スラムダンク読み終わったんだ・・・(爆)。







■ カフェブラッセリー サンボ
 東京都練馬区石神井町3-27-20
 03-3995-6818
 営業時間・定休日 未確認

by 1go-tokkuri | 2010-11-24 22:29 | ソトでたべる
2010年 05月 01日

ボクはかわいいおとこの子!?

いつもお世話になっている、しょうが焼きな方ナポリタンな方


お2人には何も言わず城南を後にしたワタシ。
そんな不義理にせめてもの罪滅ぼしになればと、新たに地元となったN馬区で洋食店を探します。


石神井公園駅周辺を30分程捜索したところ、しょうが焼きな店はいくつも見つかったものの、ナポリタンな店
はなかなかなく・・・お腹が空いたのでこの日の捜索は断念。




この店に入りました。
ブタの絵がかわいらしい、キッチンなか川
西武池袋線石神井公園駅から徒歩2分位。
a0017879_8343034.jpg
a0017879_8345336.jpg



店内はカウンター7席位と変則3人掛けテーブルの小さなお店。
年配のご姉弟でやられているお店のようです。




「キッチン」の名を冠しているならきっとあるよね・・・とメニューを開いたら・・・


a0017879_8364010.jpg
a0017879_9164228.jpg
しょうが焼きあったー!!
でも、ナポリタンはなし。。。





ということで、モチロン注文するのは、おばちゃんが「一番自信のあるメニューなのよ」というカツカレー~。


a0017879_8391573.jpg
a0017879_8392992.jpg
a0017879_8394322.jpg


見た目も味も、いかにも昔ながらのカツカレーという感じ。
ごく軽くですがスパイス感もあり、注文を受けてから衣をつけて揚げるカツもおいしいです。

絶品じゃないけど、700円でこのカツカレーは立派だと思うなぁ。他のメニューも軒並み安いし。
まさに地元の身近な洋食屋さん。

ちなみに他のお客さんはしょうが焼きとハンバーグを食べてました。







食べ終えて帰ろうとしたら、「コーヒーごちそうしちゃう」とおばちゃん。

客がひけて誰もいない店内で、コーヒーをいただきながら、おばちゃんとおしゃべり。


おばちゃんは昔陸上選手だったらしく、その実力は短距離走山形県内第2位!!
「1位じゃなかったから東京には連れていってもらえなかったのよ…」

「山形の一番のおすすめはバラ公園ね。ホント見事なモンよ~」




ひとしきりおしゃべりした頃に、他のお客さんが来たので、席を立ったワタシ。



そこにおばちゃんが一言。












「お客さん、入ってきた時からかわいい子だと思ってたのよ~、アハハ」


74歳のおばちゃんからすれば、ワタシなんて孫ですからね~。

もう40歳に手の届くオッサンなんですけど・・・(笑)。




■ キッチンなか川
  東京都練馬区石神井町3丁目19-16
  03‐3996‐4756
  営業日、時間未確認

by 1go-tokkuri | 2010-05-01 09:02 | ソトでたべる
2008年 10月 10日

「はふう」で極上ビーフカツサンド

昨日宣言した、「ずるい♪」ことのご報告~っ。


コトの発端は、このblogにも遊びにきてくれる大福姉さんが、カツサンド好きの聖地、京都の
「はふう」が日本橋高島屋に期間限定で出店することを教えてくれたことに始まる。



自慢じゃないが、カツサンドはワタシのソウルフードとも言えるもの。
そのカツサンドの最高峰を味わえると言うのだから、当然行かねばなりますまい!!




ところが、そこには大きな壁が・・・





1.一番のウリである「極上ビーフカツサンド」は、1日限定50食

2.開催場所が日本橋高島屋

3.「はふう」だけではなく、鯖寿司で有名な「いづう」なんかも出店(テイクアウトのみ)




つまり、相当な人出が予想され、会社帰りに寄っても、「極上」にありつける保証は全くないとい
うこと!!



悩んだ挙句、ワタシが出した結論は・・・





















有給休暇♪






ここんとこ休日出勤が続いてたし、夏休み取り上げられたし、たまには自分にご褒美あげないと
ね~♪  ということで、朝から日本橋に出撃っ!!




ところが・・・









a0017879_2020772.jpg
空いてる・・・(爆)


日本橋マダムと言えども、「はふう」は知られていないのか・・・いや、揚げ物がニガテ???
それとも京都の本店に直接食べに行っているのか???





a0017879_20293634.jpg
店員3人客1人の中で注文するのは、もちろん「極上ビーフカツサンド」(5,000円)。
2,000円の「特選ビーフカツサンド」もあるんですけどね・・・



人も食べ物も全ては一期一会。
「今日を逃したら一生食べることはない!!」と自分を納得させました~♪ えへ❤



「極上ビーフカツサンドを!」と勢い込んで言うワタシに、店
員さんは丁寧だが冷静に「5,000円の方ですね」と・・・う~ん、
その通りなんだけど。。。興を削ぐなぁ(笑)。





さて、お目当ての品が出るまでは、席に用意されているウンチク書きに目を通して時間潰し。
a0017879_20341751.jpg






注文から約10分、いよいよ待ちに待ったアイツが運ばれてきました。

ココからは一気に行きますよ~っ♪


a0017879_20385615.jpg
a0017879_20393214.jpg
a0017879_20395449.jpg
a0017879_20401360.jpg
a0017879_20402946.jpg
うんめぇっ!!




ビーフカツは驚く程柔らかく、脂が甘くて素晴らしい。
そこに、トマトとマヨネーズソースの酸味がマッチして、脂のクドさを感じない。もし、ワタシが
totoBIGを当てて、もう一度これを食べる機会があったら、是非マヨネーズソースを気持ち
少な目にと注文したい。そうしたらもっとウマくなるはず!!




相変わらずガラガラの店内を見渡しながら、しばし余韻に浸るワタシ。



十分過ぎる位、その時間を楽しんだワタシは、伝票を持ってレジに向かった・・・

そこに書かれていたのは・・・


















a0017879_20404538.jpg
品名が「5,000円」って。。。(笑)。


できれば、「極上」とか「特選」と記して欲しかったなぁ。。。(爆)。

by 1go-tokkuri | 2008-10-10 20:58 | ソトでたべる
2008年 06月 28日

揚げモノLOVE❤

最近、すっかり揚げ物づいているワタシ。



マズイなぁ・・・夏を前にまた太ってしまう。
ワタシは極度の暑がりなので、これから肌の露出が増やさざるを得ない時期だというのに・・・。
最近、またパンツのウエストがキツくなってる気もするし。。。(泣)





ということで、この日、向かったのは、新橋のまるや(新しい方)。
a0017879_944296.jpg



また揚げモノじゃないかっ!!



とおっしゃるアナタ!!

今日の目当ては、なんとその名も「野菜かつ」なんです!!

普段摂取しづらい「野菜を摂取」するのと「揚げモノへの欲求」という2つのタスクを同時に実現
しつつ、「(肉よりは)ヘルシー」という副次的効果までも生み出す魔法のメニュー、それが「野
菜かつ」なのです。


なんでも、ココのカリフラワーのかつが旨いという噂を聞きつけて、暖簾をくぐってみました。










注文は、ヒレミックスかつ。
ヒレかつ、海老かつ、ソーセージかつ、野菜かつ2種類の盛り合わせ
a0017879_9472887.jpg














???



お前、野菜かつが目当てだったんじゃないの?



だったら、野菜だけ食っとけ!!



とお思いの、ワタシ想いのアナタ。







だって、お肉も食べたいじゃん。

だって、海老も食べたいじゃん。



ってか、ブタ肉食わずに「かつ食べた」と言えますか???







ということで、改めてヒレミックスかつ定食です。
a0017879_9501188.jpg

外見では何のかつなのかがわかりづらいのは、串揚げと同じ・・・(爆)。



a0017879_9512348.jpg
a0017879_9513961.jpg
a0017879_9515548.jpg
a0017879_952623.jpg

おほっ、噂のカリフラワー、旨いです。
海老かつもイイ!! 今日のヒレはいまいちだったな・・・いつもはもっとおいしい。。。



これで1,200円とは、どっかのとんかつ屋に教えてあげたいですね。


会社の近くにぜひ欲しい店。





いや、あったら昼に夜に通っちゃうから、やっぱいいや(爆)。

by 1go-tokkuri | 2008-06-28 09:54 | ソトでたべる
2008年 02月 17日

美女を伴い洋食を

友人知人が出走している東京マラソン。
あたたかく、そして心から応援しつつも、自分は一生エントリーしないであろう一合徳利です。



さて、突然ですが、先日、ステキな夢を見ました。

夢の中で、ワタシは何故か子供になっており、名前も知らないキレイなお姉さん2人と手を繋い
で、洋食屋さんに行くのです。


「キレイなお姉さん」
「飲み食い絡み」


というのが、いかにもワタシらしい。



一緒に行ってくれるキレイなお姉さんはいませんが、夢に出てきたおいしい洋食屋さんには
早速行ってきました。



a0017879_10464085.jpg
東京・神保町 七條

約1年振りの訪問です。
夢に出てくるくらいですから、もちろん、大好きな店です♪



a0017879_1049683.jpg
何はなくともビールから。

この日も相変わらず大繁盛の店内。ランチですので、当然相席になります。目の前には大学生
とおぼしき、初々しい未成年カップルが。ごめんね、おじさん達、昼間っから酒を飲んでて・・・。



a0017879_10591120.jpg

a0017879_10572218.jpg
ミックスフライタルタルソース添え(1,350円)
海老・帆立・カニクリームコロッケ

a0017879_10581619.jpg

a0017879_105750100.jpg
ハンバーグ・ベーコンエッグ添え(1,300円)

a0017879_10584798.jpg
和牛フィレのハヤシライス 1/2(950円)


うん、相変わらずどれを食べてもおいしいです。
海老フライがあまりにも有名ですが、噛むとジュワ~とジュースが広がる帆立、肉汁あふれる
ハンバーグ、香りだけでもご飯が進むハヤシライスも捨てがたい。

値段も、休日のランチにしたらそんなに高くないし、これだけ混むのも納得。



ちなみに、連れとは、ハヤシライスかカレーライスか、それをハーフにするかフルにするか、ハ
ンバーグにご飯をつけるかつけないかで軽く言い合いをしましたが、そもそも一品一品にボリュ
ームがあるので、2人で食べるなら、これ位の量で十分満足できるでしょう。




さて、現実はここまで。夢の続きを。。。



次々と運ばれる料理を食べて、「おいしぃ~!!」と喜ぶお姉さん達。

2人に対し、なんと、子供のワタシが口説きはじめます。(どう口説いたのかは覚えていない)




「大人になったらまた誘ってね」


と軽くお姉さんにかわされて、「えぇっ!!」と思ったところで目が覚めました。




なんなんでしょう、この夢は。
ワタシの深層心理に一体何が。。。(悩)

by 1go-tokkuri | 2008-02-17 11:25 | ソトでのむ
2007年 10月 21日

UCHOTEN で 肉汁ピュッ!!

ワタシが密かに愛する洋食店、「UCHOTEN」。
東京・池袋・・・と言っても結構歩くし、店が立ち並ぶ通りからは離れた所にその店はあります。
TVや雑誌でもちょこちょこ紹介されるので、ご存じの方も多いでしょう。





ここ数か月ご無沙汰していたところ・・・





a0017879_20423540.jpg
dancyu掲載・・・




何度も行った店だし、掲載直後は混むだろうし、ほとぼり冷めてから行けばいいのですが、
この号で紹介されていたのが、ワタシも大好きなハンバーグ!!


しかも、ココのハンバーグは、肉汁がスゴイんです。




記事と写真を見ているうちに、ヨダレがジュルジュル口中に貯まってきてしまい、結局ガマンで
きずに行ってきてしまいました。





ランチタイムは11時半から。5分前に着くと、既に8人位が行列しています。

入店と同時に、皆が注文するのは、判を押したように「ハンバーグ!!」。フン、ここのクリーム
コロッケの味を知らないな・・・と思いながらも、ワタシも注文したのは「ハンバーグ」。





a0017879_15433386.jpg
さぁ、食べようと、カリッと焼かれたハンバーグの表面に箸を挿し入れると、「ピュッ」と肉汁が
弾け飛びます。その肉片は、一口噛みしめる度に、口中に肉汁と肉の旨さが次々とあふれ出て
・・・。




最後は、2口分残しておいたご飯を皿の上に乗せ、これも一切れ残しておいたハンバーグを
切り刻み、デミグラスソースと混ぜ混ぜしていただきます。ここのソースも超好みなんです。
皿にあふれ出た肉汁ももったいないし♪





至福のランチ。

これで1,000円出してお釣りがくる(990円)んだから、凄いよなぁ。

by 1go-tokkuri | 2007-10-21 21:13 | ソトでたべる