一合徳利

tokkuri.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

タグ:イベント ( 23 ) タグの人気記事


2012年 09月 29日

ふくしま美酒体験 in 渋谷 のローストビーフ

9月26日(水)、東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで開催された

ふくしま美酒体験 in 渋谷

に参加してきました。

a0017879_135554.jpg

この会は、福島県にある40もの蔵元が一同に会し、その日本酒を
飲みまくることができるという日本酒イベントです。

a0017879_13544930.jpg


主催は福島県酒造組合なんですが、毎回福島県知事が挨拶に訪れる
という、福島県としても気合いの入ったイベントです。

福島県知事は毎年かなり勢い良く登壇し、ノリノリでしゃべりまくる
のですが、今回は県議会開催中ということで不参加・・・ホッとした
ような残念なようなw




こんなモノをいただきました。
a0017879_13551094.jpg


a0017879_13551367.jpg

a0017879_1355094.jpg

a0017879_13545816.jpg


このふくしま美酒体験では、料理は立食のブッフェスタイル。
おそらく人気も原価も高い(?)であろう2品の料理は引換券が配られ、
1人1回ずつしかもらえない仕組みです。

中にはローストビーフだけでも5皿も食べるバカ

がいますから、これは仕方のないところ。



かつてはリッツカールトン東京で開催されていたのが、セルリアンに
場所を移したのは、予算の関係か酔っ払いオヤジがあまりにも多かった
せいなのか・・・は不明ですが、ローストビーフはリッツの方がはるかに
うまかったなあ(爆)。

あ、リッツの時から比べると会費が3,000円も下がったんだから文句を
言ってはいけませんね〜。




a0017879_13553799.jpg

そう言えば、恋のから騒ぎに出ていたらしい司会者が、蔵元を回って質問
していたりしました。しかも第1期生の島田律子も登壇してました。


ちなみに、この日出された日本酒のブッチ切りで好きなのはやはり飛露喜。
磐城寿の23BYの常温保存もいい酒に仕上がっていました。


a0017879_13553397.jpg

お土産の数も減ってしまい、やや残念。

会費を高くしてもいいから、リッツでもう一度やって欲しいなぁと思う
今日この頃なのです。。。

by 1go-tokkuri | 2012-09-29 14:19 | 日本酒イベント・クラス
2012年 04月 08日

寺門ジモンに会った日 後編

そんなこんなで、店を出た私は、催事場を何度も行ったり来たり・・・


しかし、この行動は、決しておいしそうな店を探してウロウロしていた訳でも
ないし、ましてや試食を何度もしたいという魂胆でもありませんでした。


ワタシは悩んでいたのです。


ラーメン屋で、満たされぬ思いを抱えたその時から、
頭に浮かんでいたあの店のあの商品を買おうかどうしようか・・・




そうです!!

あら輝の出店が終了したと聞いて残念に思っていましたが、
おけいすしは期間中ずっと出店していることを知って、俄然
胃袋は寿司モードに!!


残念ながら、財布の方は寿司モードに切り替えることができず、
ラーメン屋に入ることになったんですが・・・


蛸のやわらか煮や、卵焼き、その他もろもろの持ち帰りが
できることがわかり、折角だから買って帰りたいなぁと
悶々としていた訳です。


中でも、ワタシが気になっていたのが・・・


づけブロック!!


その名の通り、鮪のづけをブロックで持ち帰れるのです。

しかも、お値段1,200円とリーズナブル。



およそ会場を3周する位、悩みに悩んだワタシは意を決して、
店員さんに声をかけます。


え・・・と、づけのブロックをください


一品1200円もの大金を払うには、それなりの覚悟がいります。
しかし、鮪のブロックが1200円なら安いもんです。


ところが、店員さんは・・


申し訳ありません。
今日は大きいブロックしかなく、1ブロック2000円になるんですが、
よろしいですか?






ガビーン!!


私は1200円のブロックを買うのにも悩みまくって催事場をぐるぐる
回っていたというのに、2000円だとは!!


しかし、私も男。
引き下がることはできません。
ヘーゼンとしたフリをして、

もちろんです、お願いします

男って、ホントにいつまでたっても子どもだわ〜


a0017879_8473725.jpg

a0017879_847555.jpg


この鮪のづけですが・・・んまい!!

やや筋が目立つのはご愛嬌。

角の立たない醤油の香りと、ねっとりとまとわりつくような食感。
そしてその味・・・しかも、ブロックがめちゃめちゃデカい!!

大人2人で食べ切れませんでした。


翌日も軽く炙っておいしくいただきました〜。


a0017879_8495171.jpg

ちなみに、卵焼きもおいしかったです。ほぼカステラw
おいなりさんはちょっとワタシには甘かったですね。




ちなみに、ワタシが行った時には、寺門ジモンのブースに、
ジモン本人もいました。腰が低くサービス精神旺盛な人でしたね。


2回に分けて書いた割に、寺門ジモンに関する記述は
2行だけとは・・・(汗)。

by 1go-tokkuri | 2012-04-08 08:53 | のんべえ日記
2009年 10月 18日

FIFAワールドカップ南アフリカ大会公認の日本酒!!

最近、マトモにblogを書いてない一合徳利です、コンバンハ。


仕事で異動があったりなんだりで、バタバタしておりまして・・・(汗)。
まぁ、まだ当分東京で仕事ができるようです。ヨカッタヨカッタ。

一部御心配もいただいておりましたが、至って元気です。お酒も飲んでます。



さて、そんなワタシが10月15日(木)の会社帰りに向かった先は、東京・表参道にある「表参道ヒルズ」。


ダレですかっ!!似合わねぇなんて言っているのは・・・アナタは正しい(爆)。




もちろん、普段は足を踏み入れることのないエリアですが、この日は日本酒の会があるからと某蔵元さんに
お誘いいただいたので、遠慮もせずにノコノコ出かけてまいりました~。


どんな会かと言うと・・・
a0017879_23523768.jpg

FIFAワールドカップ
南アフリカ大会公認
「日本の酒」シリーズ

の発売前夜のレセプション!!




a0017879_23544163.jpg
a0017879_23545786.jpg



いやぁ、日本酒までW杯公認にしちゃうか???と思わなくもなかったけど、ハーフ(375ml)、レギュラー
(750ml)、マグナム(1,500ml)、ジェロボウム(3,000ml)とサイズも海外仕様で揃え、日本酒の海外
進出を熱く語る蔵元もいたりして、楽しかったですね。



ちなみに、日本酒だけではなく、リキュールやいろんなグッズ(手拭い・風呂敷とか)も売り出すらしいです。
さすが、はせがわ酒店さんが仕切っているだけあって、商売上手~っ!!
全種類揃った木箱入りのヤツ、ちょっと欲しいかも(笑)。



このレセプションも、お酒は飲めるし、ブッフェ料理が出てたし(ちなみにローストビーフ4枚食べました・・・)、
某サッカー選手もいたりして、目一杯楽しませていただきました。




何よりビックリしたのは、最後にこんなお土産までくれたこと~♪














a0017879_025129.jpg
前掛け&雑賀の梅酒






こりゃ、3,000mlのボトル買ってお礼に代えないと・・・イヒヒ♪

by 1go-tokkuri | 2009-10-18 00:22 | 日本酒イベント・クラス
2009年 09月 07日

おのぼリッツ探訪記

こんなワタシも、いつかは泊まってみたいホテル、ザ・リッツ・カールトン東京


a0017879_21522334.jpg
a0017879_21524516.jpg



そんな憧れのリッツに、Mr.サッポロ一番のワタシが堂々と立ち入れるステキなイベントが・・・
a0017879_21542589.jpg
ふくしま美酒体験
JIZAKE FESTIVAL


なんと、福島県酒造組合が主催する、日本酒の会なのです!!


しかも・・・会費は8,000円!!


福島県の酒が飲み放題、リッツの料理(宴会場だけど)が食べ放題で8,000円とは・・・福島はなんて素晴ら
しい県なんだっ!!

a0017879_21545094.jpg



お目当ての蔵元さんが、今年は不参加だったのが残念でしたが、その分普段口にしたことのなかった蔵元
さんのお酒をたんまりいただきました。

中でも、辰泉酒造のお燗はなかなかでした。あと大七の梅酒。





a0017879_2155697.jpg
a0017879_2157670.jpg

ビュッフェの華と言えば、もちろんローストビーフ!!

ちなみにワタシは5皿も食べました(爆)。

この日出された料理は、いずれも福島の素材を取り入れたモノばかり。
あまりにも種類が多くて、全種類制覇できなかったのが、心残りですが・・・一番おいしかったのは、福島県産
鮮魚のアクアパッツァ。飲み食いに夢中で、写真はありません(汗)。


残念なのは、ブースに行くとお酒を注いでくれますが、おちょこ1杯なので立食ビュッフェの料理と楽しむには
何度も往復しなくてはならないこと。

折角料理にも「福島」を取り入れているのだから、別々に楽しむのではなく、一緒に楽しめるようにしてくれると
いいんですが・・・某リーガロイヤルの会みたいに席に徳利置いてくれるとか。。。



それでもやはり満足度は高いです。
お土産もこんな感じでかなり充実してます。
a0017879_2158744.jpg
a0017879_2158215.jpg





さて、ワタシは生まれて初めてこのホテルに足を踏み入れた、正に「おのぼリッツ」なワケですが、
そんなワタシが、この日ホテルをウロウロしてビックリしたトップ3を発表します。





第3位


ホテルで働く女性がキレイだ





第2位


トイレの石鹸がセレブないい香り&ティッシュが肉厚で肌ざわりがいい



















第1位









ヒデに会った。






でも日本酒会場にはいなかった(笑)。

by 1go-tokkuri | 2009-09-07 22:32 | 日本酒イベント・クラス
2009年 06月 30日

下剋上を狙うオトコ達

先週の日曜日、東京・駒場にあるこまばエミナースで開催された、
第3回 若手の夜明けなる、新進気鋭の日本酒の若手蔵元を集めた会に参加してきました。




実は、この会には、かなりゴキゲンな副題がついております。




題して・・・


次世代蔵元
大江戸の乱
日本酒下剋上!!

a0017879_2132730.jpg



・・・コメントは自粛(笑)。


ビミョー(!?)なタイトルではありますが、会場はご覧の通りの大盛況。
a0017879_21346100.jpg



この日の目当ては、日輪田(宮城)、大那(栃木)、相模灘(神奈川)、昇龍蓬莱(神奈川)の4蔵&新たな蔵と
の出会い!!だったんですが・・・ワタシの好みとはちょっと違ったかも。

あ、澤の花の純米吟醸(ひとごこち/20BY)は良かったです。
先に挙げた蔵の中では、特に大那・純米大吟醸(那須五百万石/19BY)、昇龍蓬莱・純米吟醸(山田錦/20BY)は
いずれも料理が目に浮かぶ、好きな酒でした。蓬莱はまだカチンコチンだったので、秋口にもう一度飲んで
みたいですね。




当然、試飲だけでは飲み足りないワケで・・・何故か電車を乗り継いで成増まで移動。

伺ったのは、ちょっと小洒落た炉端焼きの店、徳兵衛
a0017879_21184139.jpg




こんなモノをいただきました。
a0017879_21173971.jpg
a0017879_21175257.jpg
a0017879_2118372.jpg
a0017879_21181888.jpg


さすが、焼きモノはどれもおいしいですね~。
特に野菜とホタテ。刺身もボリュームたっぷりで日本酒がススムこと請け合いです。

〆の丼は牛肉、マリモみたいなのはおにぎりです。


ちなみに、一番のお気に入りはコチラっ!!



チーズに日本酒ってのがたまらんです❤





■ 徳兵衛
  東京都板橋区成増3-24-13
  03-3939-4952
  17:00~24:00(L.O23:30)
  不定休

by 1go-tokkuri | 2009-06-30 21:58 | 日本酒イベント・クラス
2009年 06月 25日

和食山崎で松の司三昧

ついにガマンできず、クーラーのスイッチを入れた一合徳利です、コンバンハ。
だってだって、昨日は寝苦しくて2回も目が覚めてしまったんですもの~と、言い訳。。。



さて、今日のお話は5月16日・・・1ヶ月以上前のネタですね(汗)。


この日、降り立ったのは埼玉県の大宮。

伺ったのは、和食山崎
この日は、大宮の酒販店阿波屋さんが主催する、滋賀県の名蔵「松の司」の会があるのです。
ワタシは、浦和の不動産王S氏からお誘いいただいての参加です。
a0017879_20321255.jpg

a0017879_20323068.jpg

店に入ると、座敷のテーブルの上にはドドーン!!と松の司の一升瓶がたんまりと。
酒の会なんだから、当たり前と言えば当たり前ですが、一升瓶が並ぶさまはホント美しい。




こんなモノをいただきました~。
a0017879_2032529.jpg
a0017879_20335422.jpg

酒販店さんが、お酒の会の会場に選定されるだけあって、どれもおいしいです。

店内も落ち着いた雰囲気で、なかなかのもの。
残念ながら、座敷を陣取った我々が予想以上の大盛り上がりで、かなり迷惑をおかけしたような・・・(汗)。



テーブルの間をたくさんの松の司がいったりきたり。思う存分堪能致しました。
この日飲んだ中でよかったのは、2008classicとAZOLLAの斗瓶囲いでしょうか。燗にするとまた違った
味わいでいいですね。途中からはお燗一辺倒でした♪




実は、この日の会には松の司の松瀬社長をお迎えする予定でしたが、体調を崩され急遽不参加に。
かなーりガッカリしていたワタシですが、そのお詫びにと各人に配られたのはコチラ!!
a0017879_20313897.jpg

そんな、気を遣わなくていいのに・・・といいながら、口元はついゆるんでしまう正直者なワタシ(爆)。

by 1go-tokkuri | 2009-06-25 21:20 | 日本酒イベント・クラス
2009年 06月 21日

日本酒フェア2009@池袋

今週だけで2回も記憶喪失になってしまった一合徳利です、コンバンハ。



最近、自分の中の限界値がどんどんさがってきているような気がします。
マズイです。。。




その内の1回が、東京・池袋で開催された、日本酒フェア2009。


日本酒フェアのメインは、全国新酒鑑評会の入賞酒がなんと約500点も集められ、みんなできき酒すると
言うすごい企画。




しかし、ワタシは入賞酒というものに全く興味がない。




では、何故ココに来たのかというと・・・



a0017879_22111585.jpg
a0017879_22113025.jpg

きき酒会の付属のように扱われている、ブース展示が主目的。
各県組合・蔵元有志グループのブースに分れ、日本酒の試飲、販売が行われているのです!!

きき酒会は前売り券3,000円。
ブース展示はきき酒会の入場券があれば、入場できる。まさに付属扱いなんですが、ワタシにとってみれば、
入賞酒よりもはるかにおいしいお酒が、蔵元さん達の手によりいただけるのです!!
(ブース展示だけなら1,000円で入場可能)



顔見知りの蔵元さんともお会いできてうれしかったのですが・・・


お目当ての酒の大半が試飲終了してたのは残念。。。



11時開始のイベントに、18時過ぎに入場したんだから、しょうがないんですが・・・
平日開催のイベントですから、来年は半休取って参加するしかないか。。。




そんな感じで満たされぬ思いを解消する為、近くの飲み屋で飲んでいたら轟沈しました。
夕方、空腹の所へ次々と試飲しまくったのが原因かと。


翌日、激しい二日酔いと携帯電話の発信履歴を見て愕然としたワタシ。。。

by 1go-tokkuri | 2009-06-21 22:32 | 日本酒イベント・クラス
2008年 08月 17日

新横浜に行くのは年何回???

先週の日曜日、うだるような暑さの中、ワタシは新横浜の駅にいました・・・。


何故かっ???




え~、基本的に、ワタシが新横浜に来る理由は、3つしかありえません。



1.日本酒イベント


2.新横浜ラーメン博物館




そして・・・














3.MISIAのライブ!!














「似合わねえっ!!」という声が聞こえてきそうですが、ワタシはかつてファンクラブに在籍して
いたこともある程のMISIA好きでもあるのです(実話/既に退会済・・・)。





さて、そんなこんなで、この日はMISIAのライブでもなんでもなく(爆)、年に2回ある、「料理と
酒を楽しむ君嶋会」の日。向かうは横浜アリーナのすぐ裏にある、フレンチレストラン「半蔵屋」。


例によって、まずは利き酒会場に向かい、約100種類に及ぶお酒のテイスティングから。この
日は開場とほぼ同時に入場できた為、みっちり味わうことができました。さすがに全種類はムリ
ですが。。。




その後、メイン会場に移動し、フレンチタ~イムっ。
a0017879_2142638.jpg
とうもろこし・トマトのジュレ・帆立貝の燻製

a0017879_21102182.jpg
自家製パン
酒粕フロマージュ・酒種ロール

a0017879_2144539.jpg
赤ピーマンのムース ゴーヤのピュレ添え

a0017879_2151843.jpg
青森産鮟鱇のロースト セップ茸のクリームソース
a0017879_2153321.jpg

a0017879_2154644.jpg
西瓜のソルベ瞬間冷凍にて

a0017879_2155992.jpg
沖縄産アグー豚のロースト マディラソース

a0017879_2161919.jpg
ジュレとパインソルベに日本酒のサバランを添えて


この日のベストは鮟鱇でした。茸のソースが鮟鱇の身ともよく合っていました。

おいしいレストランは他に幾らでもありますが、大人数のイベントで、このレベルの料理を出す
のは別の次元の凄さを感じます。しかも、料理自体も「日本酒で楽しむ」ことを前提にしたいろ
いろな工夫が積み重ねられているので、すごく楽しい。



今回は、料理だけでなく、お酒にもこんな趣向がっ!!
a0017879_2194844.jpg
「ソル ハポネ」(左)
久保田百寿をグレープフルーツ果汁とトニックウォーター割りで
「サケ モヒート」(右)
久保田百寿にアップルミントと砂糖を加えて


笑っちゃうくらいおいしいです。やっぱりこれだけ暑いと、一杯目はゴクゴク飲みたいし・・・で、
「ソル ハポネ」。途中飲み疲れてくるし・・・で、「サケ モヒート」。各々塩と砂糖をもう少し控え
めにしたら、更においしくなりそう♪

他には・・・
■ 「秋鹿入魂之一滴無濾過雫生原酒」
  20BY 純米大吟醸 山田錦
■ 「惣誉 きもと仕込」
  20BY 純米大吟醸 山田錦
■ 「菊姫」
  17BY 山廃純米 山田錦

この中では、特に秋鹿にビックリします。ワタシの知っている変態(いい意味で)な秋鹿ではな
く、すごくスマートな味です。蔵元自ら「ウチっぽくない酒」と公言している位なので、秋鹿好きな
ら一度は飲んでみてもいいかも。






そんなこんなで大満足の我々は、新横浜の駅まで歩いて行きます。

すると、誰からともなく・・・「お好み焼き食べたくない!?」の声が。。。




で、向かった先がコチラ。
a0017879_2164393.jpg

そんな都合よく、お好み焼きの店が見つかるワケないですもんね~(汗)。




ということで・・・
a0017879_217229.jpg
かんぱ~い O(≧∇≦)O イェェ~イ♪



こんなにいっぱい食べました・・・
a0017879_2172461.jpg

ぐふっ、さすがにお腹いっぱい。。。(苦)






あ、そうそう、この日一番びっくりしたのは某蔵元からもらった、ステキなプレゼント。




















a0017879_21345167.jpg
ホットチキンバーガー
クーポン券っ!!



ムフフ、これでまた食べにいかないとっ♪

ちなみに、クーポンをくれた某蔵元はこの日の朝食に食べてきたらしい(爆)。

by 1go-tokkuri | 2008-08-17 21:51 | 日本酒イベント・クラス
2008年 06月 29日

第2回 全国女性蔵人の美酒を味わう夕べ

その日の出来事をその日の内にアップするのは、どれくらい振りだろう、と考えても思い出せな
い位な一合徳利です。コンバンハ。



さて、今日は、東京・早稲田にあるリーガロイヤルホテル東京で行われた「第2回全国女性蔵人
の美酒を味わう夕べ」へ参加してきました。


誰かに突っ込まれそうなので、念の為言っておきますが、日本酒ラヴァーのワタシとしては、
「美酒」を味わいに行ったのであって、「女性蔵人」の言葉に惑わされたワケではありませんよ~。

a0017879_2375614.jpg




まずは、何はなくとも腹ごしらえ。
a0017879_23183276.jpg

この他にも、あれやこれやの料理がブッフェスタイルで提供&各蔵元推薦の酒の肴もあったり
して、「さぁ、好きなだけ飲めぇっ!!」と言わんばかりの趣向。

開始と同時に蔵元のブースに群がる方々を尻目に、我々は黙々と料理を平らげていきます。
初めにある程度腹を満たしておかないと、後半おいしく飲めなくなりますからね~♪
特に今回は、あまり馴染みのない蔵が多いので、あちこち回らないといけないし(笑)。



散々あちこち回った挙句、これまで知らなかった所で言うと、木曽路、奥能登の白菊、白老あた
りが好みでした(もちろん種類にもよりますが)。よく飲むところで言うと、やっぱり十旭日。



そしてもちろん、欠かせないのは・・・
a0017879_23175480.jpg
左のハッピ: 開会のあいさつをする位エラいのに、誰よりも腰が低い方、森喜酒造場の森喜るみ子さん。
右のハッピ: 酒造界に身を置きながら、漫画界進出にも意欲を見せる(ウソ)、白木恒助商店の白木滋里さん。





途中、参加各蔵から提供された賞品をかけた抽選会なんかもありましたが、我々のグループ
4人はいずれも賞品ゲットならず。。。




何もなく帰るのはイヤなので、各蔵のブースで残った酒をかけたオークションで、競り落とした
古酒セット!!  つい興奮して、価格が一気に吊り上げてしまいました。。。(汗)
a0017879_23483167.jpg




う~ん、いい眺めだ♪

by 1go-tokkuri | 2008-06-29 23:53 | 日本酒イベント・クラス
2008年 06月 20日

カンテサンス vol.4 大魔王降臨

この投稿は続きモノです。
まずは、こちらからお読みください

     → カンテサンス vol.1 夢は泡の如く・・・
     → カンテサンス vol.2 朝寝坊の目をこすり・・・
     → カンテサンス vol.3 恋も料理と同じかもね

****************************************************

こちらのお店は、メニューがなく、実際に皿が運ばれてくるまで、何がでてくるのかわからない
ので、ワインを自力で頼むのは難しいかと思います。なので、今回は、ソムリエの方に好みを
伝え、次の料理との相性も踏まえ、薦めていただきました。どれも素晴らしいワインで、料理と
の相性もバッチリ!!

a0017879_22057.jpg
Bourgogne Blanc Domaine Leflave 2005
a0017879_2202949.jpg
Ch.Carbonnieux Blanc 1993
a0017879_2204662.jpg
Vignoble Guillaume Pinot-Noir Collection Reservee 2004





さて、メインは終わりましたが、皿はまだまだ進みます。
a0017879_224376.jpg
ロックフォールのフォンデュ




a0017879_2242518.jpg
バナナのソルベ ラム酒とレーズン




a0017879_2244748.jpg
自分で作るバナナのタルト




a0017879_2251631.jpg
キャラメルのマシュマロ




a0017879_2253493.jpg
メレンゲのアイスクリーム




なんと、デザートだけで4皿もっ!!
どれもおいしいですが、バナナのタルトはびっくりする位おいしい。バナナとクリーム、そして
液体状のタルト生地を、自分の口の中で混ぜ合わせると、メチャクチャおいしいバナナタルトの
味になります。

これもウワサのメレンゲのアイスクリームも、しっかり甘いのにくどくない、噂に違わぬ一皿。





さて、こんな楽しいひとときに、みなみなうっとりとしていたのだが、その沈黙を破ったのは、や
はりサチコだった。



サチコは今日の会の予約を取るため、ライブのプラチナチケットを取るかの如く、電話をかけ
まくってくれた功労者。そう言えば、さすがのサチコも今日は目立った毒舌もない。

やはり三ツ星レストランは、客の性格までも変えるのか・・・そう思った矢先、彼女が突然、大き
な声をあげた。


















「ワタシはエロ大魔王なんだからっ!!」





???





前後の脈絡なく、突然発せられたその言葉に、一同唖然。


それまで続いていた静かな談笑の輪が途切れ、シーンと静寂・・・そして・・・大爆笑。




その後、サチコは、

「やっぱりワタシはエロ大魔王じゃないわ、魔王よ、魔王」

「エロ大魔王ってのはさ、他にいるのよ」



と、延々エロ大魔王ネタを展開。
そもそも、サチコは女性なのに、自ら「魔王」を名乗るというのは・・・(爆)。「せめて『魔女』に
しなよ」という、メンバーのフォロー(?)の言葉にも耳を貸しません。そう、酔ったサチコを止めら
れるものなど、この世にはいない。その意味ではあながち「魔王」というのも間違ってはいない
のかもしれない。





つかず離れずの距離を保ち、ずっと我々のテーブルに目配りをされていたサービスの方も、
きっと笑いを押し殺していたに違いない。







そして、その話は閉店後の岸田シェフにもきっと伝えられて。。。







三ツ星レストランの厨房で、サチコネタで笑いが飛び交う姿を想像するだけで、また笑いがこみ
上げてきます。





名前を呼んではいけないあの人の名は、サチコ。

相手が三ツ星だろうとなんだろうとお構いなし。





気を付けて。

明日アナタの隣のテーブルに、彼女が座るかもしれないのだから。。。




(完)

by 1go-tokkuri | 2008-06-20 22:39 | ソトでのむ