<   2012年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2012年 08月 30日

スパカツバーガーつまみに自宅で二次会

突然ですが・・・

ワタシの自宅と最寄り駅の間には、モスバーガーがあります。

普段は別にどうってことないんですが、ワタシが飲んで帰った場合には、
大きなリスクがあるんです。


それは・・・自宅で2次会やりたい病!!



簡単に言うと、モスでつまみを買って、家で飲み直したいという病気。

外でしこたま飲んで、いい感じで酔っぱらっている場合はもちろん、
飲み会が盛り上がらず欲求不満で帰ってくる場合にも、その沸き上がる
欲求を押さえ込むのにめちゃめちゃ苦労します・・・というか大抵は
負けてしまいます。



この日も、期間限定メニューのスパカツバーガーを購入。

お決まりのナゲット&ポテトも購入し、ご丁寧にローソンで氷結ストロング
のロング缶まで準備するワタシ。
a0017879_181414.jpg

a0017879_1814426.jpg

a0017879_1814987.jpg


スパカツバーガーは、ヒレカツの上にトマトソースのスパゲティが
乗っているバーガー。北海道釧路では人気のバーガーらしいです。



釧路の本場モンは食べた事がないのでわかりませんが、
モスのこの商品に関しては、ぶっちゃけ、完全に企画倒れの感が否めません。


スパゲティの存在感が薄すぎますね。量も少ないし。
オペレーション上難しいんでしょうが、もっと太い麺でどちゃっと
乗せた方がインパクトも満足感も違う気がします。




ちなみに、もうひとつの期間限定バーガーである
ザンギバーガーは未食です。

ナゲットとポテトはうっかり付けてしまいましたが、そこにバーガーを
もう1個足すのは控えた・・・というのは、ワタシのささやかな自己
抑制力が発動した成果だと思うのですが・・・!?

by 1go-tokkuri | 2012-08-30 18:19 | のんべえ日記
2012年 08月 26日

飲んべえの会/松の司@酒たまねぎや

先日、東京・神楽坂にある、酒たまねぎや恒例の「飲んべえの会」で
滋賀県の銘蔵松の司を取り上げるというので、行ってきました。

この飲んべえの会は、ほぼ毎月開催されており、対象となる蔵元の
日本酒を10種類前後取り揃えて飲みまくる・・・という会。

中には、もう既に蔵元にもないという店主秘蔵の日本酒が出ることも
ありますから、対象となる蔵元のファンであれば、是が非とも駆けつけ
たいところ。


a0017879_1338734.jpg
松の司 松瀬社長


a0017879_13384093.jpg

松の司 鑑評会出品酒 大吟醸 平成23年(22BY) 限定89本
松の司 特別大吟醸 出品タンク 平成24年(23BY) 限定167本
松の司 特別大吟醸 出品タンク 平成23年(22BY) 限定200本
松の司 特別大吟醸 出品タンク 平成22年(21BY) 限定282本
松の司 大吟醸 Classic 斗瓶取り 平成23年(22BY) 限定345本
松の司 大吟醸 斗瓶取り 2年古酒 平成23年(22BY) 限定250本
松の司 大吟醸 斗瓶取り 5年古酒 平成19年(18BY) 限定250本
松の司 純米大吟醸 斗瓶取り 5年古酒 平成19年(18BY) 限定250本
松の司 純米大吟醸 BLACK AZOLLA 平成19年(18BY) 限定850本
松の司 純米吟醸 AZOLLA 斗瓶取り 平成18年(17BY) 限定40本 
松の司 純米大吟醸 黒ラベル 平成22年(21BY)





ちなみに・・・

折角だからと着て行った、ワタクシ一合徳利秘蔵の松の司Tシャツ。
a0017879_1341889.jpg



この日は日差しがめちゃめちゃ強く、とにかく暑い・・・。
店につく頃にはもう汗でビショビショでしたが。

松の司会に参加するような人は、当然みんな松の司が大好きな訳ですが、
それだけに私が着て行ったこのTシャツ、かなり評判がよく、

どこで買ったの?

カッコいい!!


と絶賛されました。


惜しむらくは、フリーサイズ1種類だけだったので、私にはかなり
パツンパツンだった位・・・今度はXXLサイズを作ってくれるよう、
交渉しないといけませんね〜(笑)。

by 1go-tokkuri | 2012-08-26 13:57 | 日本酒イベント・クラス
2012年 08月 20日

N馬を目の敵にする板橋で食べた鴨汁中華そば

だいぶ前の話になりますが、とある用事があって、東京・板橋にある
某日大板橋病院へ。。。


私が住んでいるN馬区にも、日大光が丘病院なるものがあったんですが、
経営難で撤退・・・


N馬区というのは、元々板橋区から分離独立して生まれたという経緯が
ある為、何かと板橋区民は我々N馬区民をバカにするんですが、
この日大光が丘病院問題でも同じ・・・

田舎にあんなデカい病院作るからいけないんだ

みたいな声も聞こえてくるんです。


さて、私は別に具合が悪いわけでもないので、用事を済ませた後は
フリータイム。

そこで、以前から行こう行こうと思っていたあの店に向かいます。
a0017879_19342410.jpg
乙麺造場

a0017879_19342787.jpg



鴨汁中華そば専門店

という潔さがいいですね。

a0017879_19343381.jpg

a0017879_19343648.jpg

a0017879_19343933.jpg


ソバ粉を練りこんだ麺は、ガチッとしていながらほのかに香りが
立って、他にはなかなかないおもしろさです。
個人的にはもっと蕎麦に寄せた方がもっといい気がしますね。

スープにはちょっと違和感が。
たまたまかも知れませんね。


ちなみに、笑ってしまうのが、この鴨ロース。

旨いです。おつまみで売ってくれないかなぁと思って店内をキョロキョロ
しましたが、それらしき案内はありません。私はとってもシャイなので、
案内もないのに、これをブロックで売って欲しいとは言えず。。。

ちなみに、鴨ご飯の鴨もいいですね。もっと甘さを控えた方がカモカモ
しさが感じられていいような気がします。


お昼じゃなけりゃ、これも燗酒でいただきたいところですが、仕事が
あるのでガマンガマン。。。

by 1go-tokkuri | 2012-08-20 19:48 | 麺っ
2012年 08月 17日

第1回 Chiggy会 2nd Stage@コートドール

あなたは、ちぎー会というイベントをご存知だろうか。


港区に君臨する女王ちぎーが、自らの舌で確かめたその店へ小羊たちを
いざなうという魅惑の会を。。。


ところが、3年前あたりから、女王の気まぐれか、ちぎー会は女子会へと
形を変えてしまい、ワタシの如き小人なオヤジは立ち入るスキはなくなっ
てしまった次第。


そもそも、フレンチだのイタリアンだのを口にする機会自体がそう多くは
ないワタシですから、すっかりその手の店から足が遠のいていたのです。


≪過去に行った店≫

      第1回  コートドール
      第2回  レ・セゾン
      第3回  ラ・グラディスカ
      第4回  日本酒リーダー宅
      第5回  アピシウス
      第6回  ル・ジュー・ドゥー・ラシエット
      第7回  ラシェリール
      第8回  タテルヨシノ
      第9回  シュマン
      第10回 コートドール
      第11回 潮夢来
      第12回 浜藤
      第13回 コートドール
      第14回 レ・セゾン
      第15回 ラ・バリック
      第16回 イル マンジャーレ
      第17回 コートドール
      第18回 taachi
      第19回 ベージュ東京



そこで先日、とある日本酒の会で女王ちぎーと対面した際、ワタシが直訴。


あのぅ・・・コートドールに行きたいんですけど。。。
連れってってください!!



a0017879_15283959.jpg

a0017879_15284291.jpg

そんなこんなで行ってまいりました。かなりお久しぶりのコートドール。
いつもの通り、ランチに伺いました。

コートドールは、19回開催されたちぎー会の中で、最多の3回も開催された
フレンチの店。私が知っている中ではフレンチではNo.1の店。




そんなこんなで・・・
a0017879_15284623.jpg
かんぱ〜い O(≧∇≦)O イェェ〜イ♪





まずはメニューを開きます。

もちろん、ランチコースはありますが、我々はいつもの通り、ランチコースに
+αをどう組み込むのかに頭を悩めるのです。



当然意見が割れましたが、今回はワタシのわがままを皆さんに聞いていただき、
こんなコースになりました。

赤ピーマンのムース

穴子のテリーヌ

大葉シソ梅干の冷製スープ

長崎五島産クエ棒切り蒸し上げ、貝のクリームソース

カナダ産仔牛胸腺肉のロースト ジロール茸添え

アプリコットタルト



前菜とメインは各々選ぶようにして、他は同じものをいただきます〜。




a0017879_15285024.jpg
赤ピーマンのムース

a0017879_15285385.jpg
穴子のテリーヌ


赤ピーマンのムースはこの店のど定番な一皿。
クリーミーなムースの舌触りとフレッシュなトマトの酸味がたまりません。

穴子のテリーヌは、初めてこの店にきていただいた以来の再会。
その時の印象が強くて、どうしても外せませんでしたが、やっぱり旨い。
ピクルスがいい箸休めになり、ボリュームたっぷりのこの皿も難なく完食。


a0017879_15285813.jpg

他の方が食べていた野菜のエチュベも旨そうだった・・・
いや、一口いただいたけど、旨かった。。。



a0017879_1529252.jpg
大葉シソ梅干の冷製スープ


シソのスープは、だらけきった心とカラダをリフレッシュしてくれる味。
毎回思うけど、このスープを「好き」と感じられるメンバーと一緒に
テーブルを囲めるのは幸せなことだなぁとしみじみ。


a0017879_152969.jpg
長崎五島産クエ棒切り蒸し上げ、貝のクリームソース


「クエ」「貝のクリームソース」と聞いて、「コレを食べたい」と
最後までワタシが譲らずわがままを通させてもらった一品。

ホ〜ラ、頼んでよかったでしょ!と触れて回りたい位おいしかった(笑)。

貝の出汁たっぷりのクリームソースがもうたまらんです。
このソースのお風呂に浸かっていたい。


a0017879_15291899.jpg

毎回楽しみのひとつなのが、ソムリエの方のワインのプレゼン。
これはどう?あれはどう?なんて会話をしながらも、

この料理なら是非これを飲んで欲しい!!

という想いが言葉と顔に表れていて、それを飲むとまたビタッとはまって
いるのが本当に素晴らしい。



a0017879_15293083.jpg
カナダ産仔牛胸腺肉のロースト ジロール茸添え


胸腺肉のローストは、もうムッチリしていて脂のカタマリです。
そこに絡むジロール茸の香りがもうムンムンで、エロスを感じるほど。

たぶん、この後数時間はこんなワタシですら、きっとフェロモン出しまくって
いたに違いありません。それ位ムッチリムンムンでした。



a0017879_15292244.jpg

a0017879_15292549.jpg

他の方が食べた、牛と鴨も素晴らしく美味しかったです。
ホント胃袋が大きくて幸せです、ワタシ。


a0017879_15293345.jpg

a0017879_15293632.jpg
アプリコットタルト



a0017879_1530820.jpg




ここは、毎回くる度にココロから笑顔になれる店だな、と再認識させてもらいました。
本当に幸せな時間を過ごすことができます。


コートドールの予定が入ると、その週は明らかにいつも以上に仕事、頑張れます(笑)。
この店で料理をいただいた余韻でまた仕事、頑張れます(爆)。


さぁ、次は秋を伺う頃に行ってみたいですね〜

イーヒッヒ♪

by 1go-tokkuri | 2012-08-17 16:14 | Chiggy会
2012年 08月 14日

孤独のグルメごっこ せきざわ食堂でアジフライ

先日、我が家のビデオデッキのHDDを整理していた際、ついついもう一度
観たくなって、孤独のグルメを観てしまった。


部屋の掃除をしている最中に、昔のアルバムを見つけてしまい、掃除
そっちのけで、アルバムをめくるような感覚。残っていたのが5話分
位だったけど、全部観てしまうハメに。。。


そんな中、N馬区民御用達、西武池袋線沿線の店もあった訳で・・・
どうしても行きたくなってしまった(笑)。


都合良く、奥さんが外出でいない土曜日の夕方、フラッと行ってきました。

a0017879_19525160.jpg
せきざわ食堂



うん、見るからに古めかしい店ですね〜。いい感じです。
きたなトランにでるほどではないものの、お世辞にもキレイとは言い難い店内。


孤独のグルメのドラマでは、

・しょうが焼き目玉丼(メイン)
・肉じゃが
・ポテトサラダ
・ひじき

を注文していましたが、全く同じでは芸がないし、そもそも目玉焼きが嫌いな
ワタシにとっては、このメインはどうにもこうにも受け入れ難い。




そこで・・・

a0017879_1953123.jpg
アジフライ


そう、庶民の味方、フライ界の最強王者アジフライ!!

なんと、このアジフライが240円ですよ、奥さん!!

やや固めの揚げ上がり。ソースをドボドボかけて、固めの衣を少しふやかして
食べるとちょうどいいのかも。付け合わせのマカロニサラダがまたうまし。
a0017879_1953483.jpg



a0017879_19525569.jpg

せきざわには、ワンコイン定食なるものがあり、日替わりでご主人がメインを
考え、奥さんがメインに合わせて付け合わせを考えるというもの。
それがなんと・・・500円!!


この日のワンコイン定食は・・・
・焼肉(=しょうが焼き)
・ハムカツ
という学食定番系な組み合わせ。

ハムカツにそそられ、こちらを注文。

本当は評判のいいカレーや、他の揚げ物を頼もうかとも思ったが、ハムカツの
誘惑には抗し難い。


a0017879_1953873.jpg

ここで、使われているハムがブ厚いハムだったりしたら、がっかりするところ
でしたが、ぺらぺらのハムでした。うんうん、ハムカツって言うのはこうじゃ
なきゃいけません。

しょうが焼きの方は、とにかく甘いタレでワタシの好みではありませんが、
若い学生だったらご飯がグイグイ進む系。ご飯の量も多いです。

めちゃめちゃ旨い訳じゃないけど、このコスパはすごい。
そして、何よりサイドメニュー系の充実度が素晴らしい。。。


フライとマカロニサラダと缶ビールで軽く飲んでサッと帰る。
今度はそんな使い方をしてみよう。

by 1go-tokkuri | 2012-08-14 20:02 | ソトでのむ
2012年 08月 11日

ホントかどうか・・・ワタシは忘れたw@ペルバッコ

その日は朝からワイン飲みてぇ〜って感じだったんです。

普段は日本酒をこよなく愛するワタシですが、ワインも大好きです。
特に、日本酒を飲み過ぎて軽い二日酔いの日なんていうのは、
ワインが飲みたくて仕方がなくなります。


う〜ん、ワインかぁ・・・とひとしきり悩んでひらめいたのがこの店。

a0017879_12273672.jpg
per Bacco(ペルバッコ)



東京・東中野にあるこの店、ペルバッコの料理は塩気が強くて、ワインが
グビグビ進んじゃうという、飲む気満々なこの日の気分にはピッタリな店。


開店と同時に入店。席につき今日のメニューについて説明を受けます。


あれこれ悩んでしまったので、素直に、

2人で前菜2皿、パスタ2皿、メイン1皿ってどうですかね〜?

とサービスの方に尋ねました。


毎回食べ過ぎているようないないような・・・飲み過ぎて記憶がない!?
いやいや、ちょっと久し振りだったので、念のため確認しようとしたんです。



するとビックリしたのはその回答。

一般的にはお2人だと少し多いと思います

ここまではフツーの回答。



ところが、彼は続けてこう言ったのです。

前回はお肉をたくさん召し上がっていただきましたので・・・
お客様なら大丈夫かも知れませんね。





え? そうだっけ?

ホントかよ、と最初は半信半疑というか、1信9疑位に思っていましたが、
そう言われると確かに肉をガッツリ食べてお腹さすっていたような記憶が・・・
サービスマンってすごいですね。。。


ということで、迷わずパスタ2皿で(笑)。




a0017879_12265994.jpg
地アジと焼きナス、ミョウガのタルタル仕立て


a0017879_1227364.jpg
上ミノのタリアータとフレッシュトマト、ルーコラのサラダ仕立て


a0017879_12271612.jpg
鱧の薫製と絹さやのバベッテ


a0017879_12272534.jpg
タリアテッレ ホロホロ鳥とトレヴィスのラグーソース


a0017879_12274391.jpg
和牛イチボ肉のグリル



地アジのタルタルは完全にネーミングで心を奪われましたw
焼きナスと聞いて、あの独特のコゲ感があったら嫌だなと思って
いましたが、程よく香ばしい香りがミョウガと一緒になると、旨し!!

そして、パスタは鱧の燻製が旨い。
淡白な味わいの鱧が軽い燻製香を纏うことで、ワインを呼びますね!!



ワインは、ちょっと趣向を変えて、泡の後にロゼをボトルで。最後は赤。

ロゼはいくつかいただいた候補の中から選んだのが、バッチリ合った
んですが・・・写真がない!!

だから覚えてない!!



そこで、次に伺ったときは、

こないだ飲んだあのロゼって何だったかな・・・

試してやろう確認しなくちゃいけないという
意地悪な企みを思いついて前向きな気持ちに駆られて、
早いとこまた行かなくては・・・と思う今日この頃。。。

by 1go-tokkuri | 2012-08-11 12:56 | ソトでのむ
2012年 08月 04日

飲むとボトルが増える店

ワタシの心のオアシス。

地元駅で唯一手放しで「愛してる」と言い切れる某店。


飲みに行く度に、泥酔状態で店を出る為、実は店での会話や出来事は
あやふやなことが多い。


この日、久しぶりに店に入ると、早速店のお姉様から前回来店時の
ことについて話しかけられた。


一合ちゃん、こないだは◯◯さんと盛り上がってたねぇ


ここで解説すると、ワタシは◯◯さんという名前に覚えがない。
誰かと意気投合して盛り上がった記憶はあるが、もちろん、何の話を
したのかはさっぱり覚えていない。


あ・・・えぇ、お騒がせしちゃって・・・


なんてことを言いながら、必死で頭をフル回転するも、全く身に覚えが
ないのだが・・・記憶にないものはしょうがない。




ちなみに、この店で飲むのはハイボールと決めている。
量を飲むから当然ボトルを入れている。


すると、店のお姉様がワタシの前に、もう1本封を切っていない
ボトルを置いた。


これ、一合ちゃんに。◯◯さんから。
a0017879_13424639.jpg










ええーーーっ!?


ボトルをおごってもらう位、楽しく盛り上がったことすら
記憶がない私。


急に心拍数が上がってくるのを感じる。


な、なんかへんな約束とかしてないよな・・・

相手って・・・もちろんオトコだよな・・・

いや、なんかヘンなことしてないよな・・・




誰か、ワタシの記憶のスキマを埋めてください。。。

by 1go-tokkuri | 2012-08-04 13:47 | ソトでのむ
2012年 08月 01日

はやしまるでワンタンのリベンジを

私はワンタンが大好きです。

チュルンとしたあの食感、豚肉と香味野菜の鉄板な組み合わせは、
焼き餃子のポテンシャルに勝るとも劣らないものだと思っています。


だから、ある日突然ワンタンを食べたくなることもよくあるんですが・・・
しかし、これが中々難しい。

そう、おいしいワンタンを食べさせる店というのはなかなかないんですね。

餃子であれば、まぁなんとかそこそこのものを食べることができますが、
ワンタンではなかなかそれも難しいですよね。。。


前回、ワンタン食べたい病を発症した際、東京・高円寺のはやしまる
行ったものの、臨時休業でフラれたのは記憶に新しいところ・・・
 →ワンタン食べたい病の意外な克服法


あれから約1ヶ月。久し振りに、ワンタン食べたい病が再び襲ってきました。


そこで、今回こそは・・・と高円寺へ突撃!!
a0017879_2157314.jpg
はやしまる

a0017879_21571452.jpg

a0017879_21571828.jpg


なんと、夏の期間限定メニューが始まっており、これもなかなかおいしそう。
奥さんが頼んだのを一口もらいましたが、パクチーの香りと酸味のバランスが
よく、おいしくいただきました。
a0017879_21581951.jpg
鯵の冷やしそば



しかし、初志貫徹、ワンタンメンをいただきます。
a0017879_21572865.jpg
チャーシューワンタンメン(塩)

a0017879_2157429.jpg

a0017879_21575378.jpg

a0017879_2158086.jpg

a0017879_21581113.jpg


旨い!!

期待度の高かったワンタンはもちろん、麺、スープ、チャーシューどれも旨いです。


特にチャーシューは是非持ち帰りをやって欲しいなぁ。

ワンタンは持ち帰りもあるので、次回は土曜日の夜にワンタンメンを食べて、
ワンタンのお土産を購入。

日曜日の昼から日本酒飲みながらワンタンをつまむ・・・な計画を実行することに
決めました。


う〜ん、我ながら素晴らしい計画だ。


い〜ひっひ♪♪♪

by 1go-tokkuri | 2012-08-01 22:05 | 麺っ