一合徳利

tokkuri.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2007年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2007年 03月 30日

東京タワーでカレーを食べる

東京タワー。

生まれてこの方、首都圏(とはいっても田舎だが)から離れたことがないにも関わらず、東京タワーに登った
記憶はない。子供の頃撮った写真があるので、行ったことはあるようだが、記憶はない。

仲間由紀恵が行きたいというならともかく、どこかおのぼりさんの聖地っぽいイメージもあるしね。。。


そんな東京タワーに今日、行ってきた。
そう、カレーを食べる為だけに。。。



3月28日オープン、その名も「東京カレーラボ」。
総合企画は「小山薫堂」、メニュー開発は「東京カリ~番長」。これだけでヨダレが出てくるではないか。
「ラボ=研究所」と銘打つ通り、日夜「国民食カレー」の研究開発を行い、研究成果としてのカレーを随時発表
するといったことも目指しているらしい。


注文は、「スパイシーポークカレー プレミアム」(1,600円)。

a0017879_20461310.jpgまずは、キャベツとハムの前菜が出されます。ほのか
なスパイスの香りと酸味が美味しい。









a0017879_20464029.jpgそして、メインのカレー。
ふむ、思ったより小さめだな。タワー盛り(=大盛り)に
してもよかったかも。

カレーソースは、スパイスの香りが心地よく、ご飯との
相性もいいです。





a0017879_20482619.jpg豚バラ肉はこの大きさだとちょっと多いかな。

「プレミアム」がつかないフツーの「スパイシーポーク
カレー」だと豚バラ肉は小さめらしいので、こっちのタ
ワー盛りでガシガシ食べたい。

このカレーなら、ご飯とカレーソースだけで十分旨いし~。








a0017879_2049646.jpg          で、外にでる。

          えっ?展望台??行きませんよそんなモン。一応写真だけは
          撮っときました。カレー食べた記念に♪














a0017879_20493233.jpg帰り道、増上寺に寄って、ひとりでプチ花見。

平日昼間だけに酒もなし。。。

by 1go-tokkuri | 2007-03-30 21:01 | ソトでたべる
2007年 03月 29日

ニホンゴは難しい

昼時のとある喫茶店。
ワタシの隣のテーブルにオヤジ3人組がどかっと腰を下ろした。


その中で一番エラソーなオヤジが大声で一言。


「すいませーん、ホットコーヒー3つ。1つはアイスでね。」



オヤジ達は自らの矛盾に気がつくこともなく、上司の異動話で盛り上がっている。



その後、店員が運んできたのはホット2つ、アイス1つ。
店員さん、アナタはエライ。。。

by 1go-tokkuri | 2007-03-29 23:38 | のまない日記
2007年 03月 28日

料理と酒を楽しむ君嶋会@重慶飯店/中華街

日曜日、半年に一度の日本酒イベント「料理と酒を楽しむ君嶋会」へ行ってきました。

このイベントは、90を越える蔵の酒を試飲し、40を越える蔵元と食事をしながら、直接お話ができるという、
日本酒好きにはたまらない企画。


試飲会場に入ると、いるわいるわ、日本酒にココロ奪われ、目を爛々と輝かせたた面々が。。。
端から見ると、おちょこ片手に大勢の男女がウロウロする姿はちょっとコワい。負けちゃいられないと、ワタ
シも早速試飲の列に加わります。

さすがに90もある酒を試飲するのは大変。自分の好き嫌いを○×△だけでどんどんチェックしていくと、
とある傾向が。えぇ、熟成した燗向きの酒に○をつける比率が高くなってきているような。。。あとは、飲んで
料理が思い浮かぶ酒。これは昔から変わりませんねー。




料理はこんなものをいただきました。
a0017879_937653.jpga0017879_9372171.jpg










a0017879_9373828.jpga0017879_9374935.jpg










a0017879_9381287.jpga0017879_9382926.jpg










a0017879_9385645.jpg












我々のテーブルには、先日、滋賀で大変お世話になった「大治郎」の畑さんがっ!!お礼もそこそこに、
思い出話に花が咲きます。そして、酔った勢いで「も、もう一度行かせてくださいっ」とゴリ押し。この日一
番したかったことができました。

ちなみに、会場で一番の盛り上がりは、これも栃木でお世話になった「大那」の阿久津さんのサルサ!!
試飲コーナーで挨拶した時、「今日は期待しててくださいっ」の言葉通り、即席ペアとは思えない息のあった
動き。今度お会いしたら、酒にサルサを聴かせてみたらどうか、勧めてみます。かなーり情熱的な酒になる
のではないかと・・・!?





さて、楽しい時間も終わり、2次会へ向かう面々を尻目に、明日も仕事だしなぁ・・・と、真っ直ぐ帰るはず
だったのが・・・

ついつい、こんなモノを食べたりして・・・あぁ、ダメなワタシ・・・
a0017879_9392679.jpga0017879_9394426.jpg













(後日、加筆訂正・写真追加予定)

by 1go-tokkuri | 2007-03-28 21:23 | 日本酒イベント・クラス
2007年 03月 27日

日本酒+フレンチ & ロゼシャンパーニュ+プチ花見

先週の土曜日、東京・愛宕のフレンチレストラン「S」で、日本酒とフレンチのマリアージュを楽しむ会に
行ってきました。

a0017879_859060.jpga0017879_8592416.jpg










a0017879_902394.jpga0017879_91093.jpg










a0017879_91306.jpga0017879_922766.jpg











乾杯は、神亀純米活性にごり生酒。

しかも、ここで一ひねり。神亀7に、サンペレグリノ3を加え、アルコール度数を下げていただきます。
日本酒の生酒を発泡のミネラルウォーターで割るのはよくやるんですが、発泡の日本酒を発泡のミネラ
ルウォーターで割るのは初めて。これが、びっくりする位、旨い。クイクイ進みます。

この日の為の特別料理は、どれもおいしくて、日本酒との相性もバッチリ!!

アミューズには、若手杜氏の旗手、「貴」。お会いしたことはありませんが、強面の外観とは似ても似つかぬ
人のいいお方だとか・・・う~む、興味大。
厚みのある桜鯛は、「いづみ橋」。ソースが濃い目なので、精米80%とあまり磨き過ぎず、かつ2年熟成の
この酒がピッタリ。
千代幻豚は、ロース肉は「菊姫・加陽菊酒」。添えられた茸類は5年以上熟成した酒をブレンドした「義侠・慶」
との取り合わせがカンペキ。






店を出ると、まだ15時。お茶でもしよーかーと話していると、どこからともなく、「ロゼシャンパーニュで
花見しようっ!!」との声が。

素晴らしい提案に、既に日本酒でホロ酔いのメンバーは、酒屋に乗り込み早速酒漁り。

a0017879_9214985.jpga0017879_922213.jpg










a0017879_922236.jpg
いただいたのは、この2本。

・MOET & CHANDON Brut Imperial
・MOET & CHANDON Brut Rose 1986











今年はナンダカンダと忙しく、花見の予定を立てられなかったのですが、思わぬ形で実現できました。
まだまだ満開には程遠いものの、桜を見ながら酒を飲んだという事実に大満足♪

by 1go-tokkuri | 2007-03-27 20:33 | 日本酒イベント・クラス
2007年 03月 24日

熟成したオトナのかほり

S県在住、セレブS氏。

先日、滋賀旅行の反省会で自分が用意したワインの味に納得がいかなかったらしく、早々に
リベンジの申し出が。

ちなみに、そのワインに首をかしげていたのは、セレブS氏だけ。他のメンバーは「うまいうまい」
と喜んで飲んでおりました。もちろん、このワタシも。。。



向かったのは、東京・新宿の「手打そば 大庵」。

a0017879_2144786.jpga0017879_21441896.jpg









a0017879_21444137.jpga0017879_21445598.jpg









a0017879_21452469.jpga0017879_21453772.jpg









a0017879_21455331.jpga0017879_2146192.jpg









a0017879_21471048.jpga0017879_21473431.jpg









a0017879_21474968.jpg









酒は、豊富に用意された日本酒を次々と。
綿屋、栗駒山、田酒、隆、神亀、喜久酔、菊姫、風の森・・・う~ん、おいしいっ!!





そして、セレブS氏のリベンジワインはコチラ・・・ ↓


a0017879_2155403.jpg













a0017879_215655.jpga0017879_21562143.jpg










初体験の特級ミュジニー!!ちなみに、このヴィンテージはワタシの生まれ年でもあります。
セレブS氏は正真正銘オトコですが、ワタシとアヤしい関係にある訳ではありません。
念のため。

さて、このワイン、香りはもの凄く複雑。ブランデーを思わせる熟成香を仄かに纏いながら、
赤い果実の香りもあり、スパイシーさも見え隠れします。アルコールの刺激は驚く程穏やか。




同い年のワインを飲み、その香りと味に陶酔しつつ、頭を抱えるワタシ。

「ワタシはこのワインのように、熟成したオトナになっているのだろうか!?」


ワタシのこの問いかけに、メンバーは皆うつむいたまま、何も答えてくれませんでした。
おい、何か言ってくれよ。。。

by 1go-tokkuri | 2007-03-24 22:21 | ソトでのむ
2007年 03月 23日

特製魚介のピラフ@DozenRoses/京橋

土曜日の朝、掃除、洗濯を一通り終えたのは9時過ぎだった。

TBS系の番組のコーナー「世界の朝ごはん」に出てる奥様にココロ奪われながら、PCを立ち
上げる。この日は珍しく何の予定もない土曜日。当然、昼から飲む前提で昼飯の場所探し。



結局、以前から気になっていた、東京・京橋にある欧風創作料理の店「DozenRoses」へ。
銀座和田門の料理長を13年も務めた方のお店らしい。

一番手頃なランチメニューは、カレー1,365円、ハヤシ1,575円と、なかなか立派なお値段。

ワタシの注文は、特製魚介のピラフに、前菜とデザート、コーヒーのついた2,835円のセット。
もちろん、白ワインもいただきます。


a0017879_2234517.jpga0017879_224292.jpg









a0017879_2243883.jpga0017879_2245574.jpg









a0017879_2251230.jpg











30代オトコ1人客は、カウンター中央(店主の目の前)に陣取り、店主の調理する姿を肴に酒を
飲む。やりづらいだろうな。。。でもお陰で、一つ一つの工程を丁寧に造っていることがわかり
ました。

この日のオードブルは「ズワイ蟹と隠元とアボカドのサラダ 」。
おっ、ちゃんとした蟹だぁ(←当たり前!?)、うっまーい♪

魚介のピラフは、鯛のフリットにプリンッとしたホタテと海老が載せられ、チーズソースが回し
かけられています。むほぅっ!!フリットは、生の鯛を揚げるところから見てたモンだから、
揚げる音だけで、ヨダレもんです。ホタテなんて半生ですよ。ジュースたっぷり。



充実大満足のランチでした。
おいしい料理に酒も進み、店を出る頃にはホロ酔い気分。昼間っから乗り過ごしました。。。

by 1go-tokkuri | 2007-03-23 22:37 | ソトでのむ
2007年 03月 22日

サザエとふきのとうのパスタ@グットドール・アッキアーノ

先週の金曜日、東京・西麻布の「グットドール・アッキアーノ」に行ってきました。

広尾駅からテクテク歩いていったのですが、いつも目印にする香港ガーデンがいつまでたって
も見えてきません・・・えぇ、つぶれてました。

面白かったのは、集まったメンバーの第一声が、全員「香港ガーデンなくなってたよ!!」だっ
たこと。跡地に何ができるか知らないけど、是非目印になるものをお願いします。。。



こんなモノを食べました。
a0017879_22111035.jpga0017879_22112210.jpg









a0017879_22114196.jpga0017879_22115155.jpg









a0017879_22125637.jpga0017879_2213655.jpg









a0017879_2213322.jpga0017879_22134144.jpg









a0017879_2214197.jpga0017879_22142844.jpg









a0017879_22145550.jpga0017879_2215317.jpg












う~ん、相変わらず旨いです。
ワインのアドバイスも的確で、ついつい飲み過ぎるハメに・・・。

この店の定番、とちおとめのカペリーニや、生うにのスパゲティはいつもながらにおいしく、シェ
フの故郷である栃木のもち豚を使ったカツレツも「ブヒッ」と鼻を鳴らす旨さだったが、この日、
ダントツ一番の感動は「サザエとふきのとうのパスタ」。

サザエの肝の苦味と、ふきのとうの爽やかさが素晴らしく、春を感じる一品。グラスで頼んだ
日本酒との相性も完璧。こんな楽しみ方ができるから好きなんだよなぁ、この店。



大満足のままに食事が終わり、デザートでも・・・と思ったその時、メンバーの一人H嬢が突然、
某G店に行きたいと主張。なんでも、店員の男の子がお気に入りらしく、どうしても彼に会いたい
と言って聞かない。

そこで、2次会は某G店へ。


んが・・・








件の男の子はお休み。
するとH嬢は、途端に踵を返し、「じゃ、いいっ」と言って席にも着かず店を出てしまった。


そしてそのまま近くのラーメン屋へ。
泥酔気味のH嬢は、一人でチャーシューメンを平らげながら、ひたすらお気に入りの男の子が
いなかったことに文句を言っておりました。



夜も更けた0時過ぎ、西麻布の交差点で、膝から血を流しながら
「あたしのストッキングは7,800円よーーーっ!!」と叫ぶ女性を見た方、それがH嬢です。

by 1go-tokkuri | 2007-03-22 22:45 | ソトでのむ
2007年 03月 21日

杉田かおるはイイ女

「杉田かおるはイイ女だ」


今日、不覚にも(!?)そう思ってしまった。


テレ朝系の「愛のエプロン」という番組でのこと。
この番組は、芸能人が与えられた課題料理を作ってゲストに食べさせるというものなのだが、
杉田かおるは「料理下手キャラ」がすっかり定着している。

ワタシが「イイ女だ」と思ったのは、慣れない料理に悪戦苦闘する彼女を見たからではない。



彼女の自宅キッチンの映像が流れたとき。

彼女はお母さんと料理をしながら酒を飲むのが好きらしく、ワインを飲みながら、DSお料理ナ
ビを見ていた・・・って、いや、別にそんなことではホレやしない(ポイントはUPするが)。


その瞬間は、いかにも使ってなさそうなキッチンのはじに一升瓶が映った時に訪れた。




















「あっ・・・『松の司』だっ!!」



そう、キッチンに置いてあった一升瓶は、滋賀の銘酒『松の司』。ワタシの大のお気に入りで、
今年の1月、蔵にお邪魔したことはご紹介したので、ご記憶の方もいらっしゃるかもしれない。




杉田かおる、イイ女だなぁ・・・。

by 1go-tokkuri | 2007-03-21 20:55 | のんべえ日記
2007年 03月 18日

30代、自分への投資を考える

忙しい合間を縫い、ジムでカラダを鍛えるNYのエリートサラリーマンを夢見、スポーツクラブに
入会したのはいつのことだったか。

30を過ぎ、突然「自分への投資をしなくちゃ」と考える時がみんなあるでしょ。

自他共に認める虚弱体質のワタシは、「健康」への投資が最も重要だと考えたワケです。



実際は、二日酔いの翌日にサウナに行くという利用が大半。ちょっと体を動かすと風邪引いたり
するから、余計足が遠のく。現実と妄想の間を埋めきれぬまま、やっと、ふんぎりがついて、ヤ
メることができました。



月会費10,500円分、また飲みに行けます♪

by 1go-tokkuri | 2007-03-18 22:05 | 妄想族
2007年 03月 17日

フルーチェ大好き

a0017879_22543255.jpgこれで、ボウル一杯のフルーチェ一気食いをする
こともなくなると思います。

やっぱウマ~い。

by 1go-tokkuri | 2007-03-17 22:56 | のまない日記