一合徳利

tokkuri.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2005年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧


2005年 07月 31日

飲み放題食べ放題

昨日は麻布台のルセップへ。
お目当てはシャンパーニュ飲み放題&生牡蠣食べ放題!!


自慢じゃないが、小学生の時分から、「食べ放題」と聞くだけで、体内のアドレナリンが大量分泌
されるワタシ。それに「飲み放題」が加わったら鬼に金棒。

ってなワケで、やや興奮気味に店に入るワタシ。



                               生牡蠣登場!!
a0017879_18553583.jpg


宮城県産の生牡蠣はぷりっぷりで、海のミルクの呼び名にふさわしいもの。
真ん中にあるのはマリネした牡蠣で、これもウマい。

シャンパーニュは、白2種類、ロゼ1種類の計3種類が飲み放題。

汗ダラダラで店に着いたため、次々とグラスが空になり、再び注がれ、また飲んで。。。



さすがに牡蠣ばかりでは飽きるので、カスレとスープ2種も注文。
カスレは豚肉と白いんげん豆と鴨のコンフィのグラタン。
「鴨のコンフィ」「グラタン」というワタシの好物2つが含まれていることもあり、即決で注文した
が、ワタシの想像に反し、白いんげん豆の煮込みって印象。





食べ進むうちに、天遊琳の牡蠣限定(日本酒ね)が欲しくなったりして。。。


結局牡蠣だけで20個以上食べた。




これで、タウリン満タン、夏バテ解消!!






                                                          のはず。

by 1go-tokkuri | 2005-07-31 19:12 | ソトでのむ
2005年 07月 29日

ご予約弁当

a0017879_1363459.jpg




そういや、今日は土用の丑の日。
日はまたいでしまったけど、イベントごとには参加しないとねっ。


近所のファミリーマートで、1380円で購入。

どうでもいいが、高い。単品で1000円超えた商品をコンビニで買うなんて、ドラクエ以来かも。
600円台、800円台の商品もあったが、勢いで最高級品を購入。

ちなみに、これは予約商品。
なのに、ちゃっかりショーケースに陳列されており、予約なしで買った。誰かがキャンセルした
ヤツなんだろうか。予約商品を予約なしで買うなんて、これもドラクエ以来。


あまりにも腹が減っていた為、貪るように食べてしまった。




酒と一緒に、もっと味わって食べればよかった。


「鰻食べたい病」が更に増してしまったようです。。。

by 1go-tokkuri | 2005-07-29 01:36 | のまない日記
2005年 07月 28日

ニンニクの力

a0017879_022378.jpg

ウコンの力にはよくお世話になってます。

深夜残業も3日目になると、こんな「ガツン」なものが飲みたくなります。。。

味はごくフツーの栄養ドリンクですね。

by 1go-tokkuri | 2005-07-28 00:02 | のまない日記
2005年 07月 26日

健康診断・軽度異常ってなんだ!?

さぁ、先日実施された、2005年度健康診断の結果をここに発表します。



【結果】
1.肝機能
(1)AST   31 (正常値40以下)
(2)ALT   52 (正常値50以下)
(3)γGTP 149 (正常値90以下)
2.腎
(1)クレアチニン 0.8 (正常値1.2以下)
(2)尿酸      7.7 (正常値7.0以下)


【評価】
 高尿酸血症 軽度異常
 肝疾患    軽度異常
 呼吸器疾患 軽度異常


【コメント】
・かなりストレスがかかっているようです。専門医もしくは当センターへご相談ください。
・飲酒量が多すぎます。肝機能に異常が見られるため、思い切った節酒又は禁酒が望ましい
 です。
・食生活では腹8分目にする等、減量に努めましょう。
・かなり運動不足です。もっと積極的に身体を動かすよう心掛けましょう。



今年はなんと、再検査なし。
100%健康ならまだしも、中途半端な結果の為、喜ぶこともかなわず、かつ再検査なしの為、
誰にも心配してもらえず、寂しい気がするのはワタシだけでしょうか。。。



ちなみにコメント欄はここ数年、毎年同じ文言のような気もします。

by 1go-tokkuri | 2005-07-26 01:06 | のんべえ日記
2005年 07月 24日

プレゼント

え~、ワタシめの誕生日に際しましては、コメントや、メール、電話をいただき、ありがとうござい
ました。


中には、
「プリン体摂り過ぎ」
「酒飲み過ぎ」
「ヤセろ」
「メシおごれ」
「女つくれ」
「結婚しろ」
のように、目をそらしたくなるようなものもありましたが。。。



さて、今日は友人でもある酒屋さんから、注文した酒が届く日。
月に1回やってくる、この日の為に日々冷蔵庫をキレイに保っている(=スペースを空ける為に
飲む)のだ。


いつも通り、彼のところから届いた酒をしまっていると、梱包の下の方に、見慣れぬ黒いパッ
ケージが。

取り出してみると、なんと、リーデルの大吟醸グラスが登場!!
遠方からの嬉しい誕生日プレゼント。
足がないタイプの大吟醸グラスが発売されたとは、ウワサには聞いていましたが、手に取るの
は初めて。興奮しますっ。

a0017879_2234796.jpg




このグラスが届いたのが昼の11時位。

でも今日は、午後から仕事。





悪魔:「イーヒッヒ、飲んじゃえ、飲んじゃえ。新しいグラス、試さにゃソンソン」

天使:「ダメだよっ、大事な仕事なんでしょ。酔ったらマズイよ」

悪魔:「グヘヘッ、一杯や二杯で酔うもんか、ランチビールならぬランチSAKEだよ。ビールが
    よくて、日本酒がダメな道理はないだろう」

天使:「アルコール度数が全然違うでしょ。早く、仕事しようよっ、ランチビールまでだったら飲ん
    でもいいから」

悪魔:「ガーハッハ、『ランチSAKE』の先駆者、伝道師になりたくないか。いー響きだろ、先駆
    者、伝道師!!」




悪魔の一本勝ち寸前のその瞬間、会社から電話。
我に返って、仕事に取り組む。


そして今、ようやく晩酌開始。天遊琳の純米、松の司の純米吟醸で試し飲み。

ん~っ、ウマイ。



源八さん、ありがとうっ!!

by 1go-tokkuri | 2005-07-24 22:30 | のんべえ日記
2005年 07月 23日

鰻懐石

今日は日本酒クラス・第7回、達磨正宗さんを迎えての授業。
そして、恒例となっている授業の後の飲み会は、この季節にぴったりの、「鰻懐石」。

























のはずだったのに。

休日出勤が長引いて、全部パァー。

悔しいからこんなものを食べてみた。

a0017879_2220672.jpg





悲しくなった。。。

by 1go-tokkuri | 2005-07-23 22:20 | のまない日記
2005年 07月 23日

生ビール飲み放題!!

a0017879_12461212.jpg

休日出勤のお供。
韓国料理店にて。

店の外には、「開店○周年記念!生ビール飲み放題350円!!」
の文字が。

仕事がなければなぁ。。。

by 1go-tokkuri | 2005-07-23 12:46 | ソトでのむ
2005年 07月 20日

誕生日だから

a0017879_1213357.jpg

昼飯後の喫茶店で一番高いメニューを注文。
(クレープ+アイス+バナナ+カスタード)

え?
ケーキがわりですよ。

会社帰りにデパ地下で2個も3個も買ったりしませんって!!


たぶん。。。

by 1go-tokkuri | 2005-07-20 12:13 | のまない日記
2005年 07月 19日

スター・ウォーズと古酒

行ってきました。スターウォーズ!!

毎作、映画館へ観に行くほどではないが、一応全作品観ているワタシ。
そんなスターウォーズが、完結するとなれば、最後位はデカいスクリーンで観たくなるもの。

ってなワケで、照りつける日差しの中、ヒミツ兵器「ヒヤロン」を脇に挟みながら、映画館へ。


おもしろかったです。
帰り際、売店で売っていたダースベイダーのお面の前で、見知らぬ中学生らしき男の子と2人、
買おうかどうしようか悩むくらい。


その後、東京・品川の長期熟成酒バー「酒茶論」へ。

この店は日本酒の古酒ばかりを集めた、珍しい店。

カウンターで2時間強、じっくり古酒を楽しみました。
天吹、酒古里、麗人、朝日川、達磨正宗、そして木戸泉。

木戸泉は、Newアフスの1973年(ワタシの生まれ年)ものがあったので、それをチョイス。
間近に迫った誕生日祝いを兼ねて。


あぁ、この酒のような豊かな香りと、おだやかで優しく、それでいて深みを持った、味わいのある
オトコになれるのは、いつのことだろうか。

重ねた年月は同じというのになぁ。。。

by 1go-tokkuri | 2005-07-19 23:59 | ソトでのむ
2005年 07月 18日

日本酒クラス・第6回 《飛露喜》

土曜日は、日本酒クラスの第6回目。

この日は「蔵元探求」と題して、一つの蔵元の様々な種類の酒の違いを味わうのが眼目。

その蔵元とは・・・あの有名な「飛露喜」。
福島県会津坂下町から、蔵元でも、杜氏でもある廣木酒造の廣木健司さんを迎えての授業。


a0017879_1082645.jpg写真右から
1.飛露喜 吟醸酒
2.飛露喜 純米吟醸酒 山田錦
3.飛露喜 純米吟醸酒 雄町
4.飛露喜 特別純米酒
5.飛露喜 特別純米酒 無濾過生原酒
6.飛露喜 純米大吟醸酒 (熟成用/非売品)



廣木さん、アツイ!!
これまでで、一、二を争う、充実しまくりの授業。

蔵元に直接話を伺って感じるのは、目的が明確で、その為に適切な手段を考えて酒造りに取り
組んでいるということ。

醸造工程のひとつひとつに対するこだわりも相当なもの。
例えば、1.の吟醸酒に添加するアルコールは、割り水した上で2~3年熟成してから使ってい
る。アルコール添加の酒は、ともすると、味が鋭角になり過ぎるきらいがあるが、ここの吟醸酒
にそんなことはない。ワタシ含め、生徒の大半が、純米と間違えたくらい。

新鮮だったのは、飛露喜が初めて熟成酒に取り組もうとしているということ。
写真の6.がそう。ラベルがないのは、熟成してから出荷を予定しているから。山田錦を40%迄
みがいて造られたそれは、今のままでも十分ウマい。これがどうやって熟成していくのか、今か
ら楽しみだ。



最後に、生徒の一人が質問をした。
「廣木さんの目指す酒は、どういう酒ですか?」

すると廣木さんは、「人生と共に歩める酒を」と答える。

「例えば、男が付き合っている女性の両親に挨拶に行くとき、持って行ってもらえる酒にしたい。
その為には、頑固親父も知っているようなブランド力と、酒自体の旨さが必要。で、旨いから酒
が進んで、親父も酔っ払って最後には『しょーがねぇーなー』と言って許してもらえる、そんな酒
にしたい。」



あぁ、廣木さん、ワタシが結婚の挨拶に行くときには、あなたの酒を持っていきます。
6.の酒が熟成する頃までにはなんとか。。。

by 1go-tokkuri | 2005-07-18 11:11 | 日本酒イベント・クラス