一合徳利

tokkuri.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2005年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2005年 03月 31日

別れのとき

Kちゃんへ

Kちゃんと知り合ったのは半年前。
そして、初めて話したのは4ヶ月前。やっぱり飲み会で。

以来、何度も飲みに行ったよね。
個性が強く、酒にも強いワタシの知り合い達にもすっかりなじみ、Kちゃんがいない飲み会で、
「あれ、今日Kちゃんは?」と話題にのぼることもしばしば。


そんなKちゃんの突然の訃報に、ワタシは言葉を失いました。

こないだ焼き鳥屋に誘ったら、「その日はスキーなんだ」って断ったよね。
そのスキー場で倒れるなんて。

ムリヤリ焼き鳥屋に引っ張っていけばよかったよ。


これからも、Kちゃんがあの世で歯噛みする位、旨い酒飲んで、旨いもの食ってやる。
いつかワタシがあの世に行ったとき、自慢してあげるから、覚悟しとくように。


何十年後か、また一緒に飲もうぜ。
何年後かじゃないぞ。



じゃねっ。

by 1go-tokkuri | 2005-03-31 20:17 | のまない日記
2005年 03月 30日

駅弁1位で飲む

どこの誰かが調べた、「東海道新幹線駅弁ランキング」。

堂々の第一位に輝いたのが、小田原駅「特選小鯵押寿司」。
a0017879_21513542.jpg



小鯵の押寿司はもちろん、一緒に入っているシソの葉漬けで酢飯をくるんだヤツがなかなか。
口直しにもピッタリ。
a0017879_21534264.jpg



日本vsバーレーンをTV観戦しながら、「松の司 純米吟醸あらばしり」をちびちびと。
興奮すると酒も進むのか、あっというまに押寿司がなくなり、冷凍お好み焼きで晩酌継続中。

by 1go-tokkuri | 2005-03-30 21:59 | のんべえ日記
2005年 03月 29日

饂飩くろさわ@麻布十番

ぎん香で十分ランチを堪能したにも関わらず、際限の無い欲求がワタシを突き動かす。

「もう一軒行こうよ、どうせ滅多にこれないんだから」


こういう誘いには抗う術もなく、欲するままに、「饂飩くろさわ」へ。
この店のプロデュースは黒澤久雄、饂飩の監修が蕎麦打ちの天才高橋邦弘と、肩書きは十分
過ぎる位十分な店。

ワタシの注文は「黒豚カレー南蛮」(1,260円)。
a0017879_20221363.jpg


旨い。
正直、あまり期待していなかったのだが、旨いです。
黒豚の蒸し煮は必須とは思えなかったりするものの、スパイシーな香りと、野菜の甘みがたっ
ぷりの汁はお世辞抜きに旨い。
ここは、汁も饂飩も両方追加が可能。1軒目じゃなければ、追加か、ご飯をぶち込みたい
ところ。

この分だと、夜のおでんも期待高。
また行かないといけない店が増えてしまった。



ちなみに、この数日間のハードスケジュールが祟り、ワタクシ、またまた体調を崩してしまいました。
んなワケで、晩飯もコンビニの冷凍うどんを食すハメに。。。しくしく。

by 1go-tokkuri | 2005-03-29 20:25 | ソトでたべる
2005年 03月 29日

ぎん香@麻布十番

振替休日最終日(って2日しかないけど)、ランチを食らいに麻布十番へ。

ワタシの愛読書「おとなの週末」で紹介されていた「ぎん香」へ。
ここは一言で言うと、干物屋さん。店頭で干物を扱いつつ、店の奥に11席のみの小さな食事処
を備えた店。

数ある焼き魚の中から、「鰯の丸干し」(2,500円!!)を選択。


a0017879_19465468.jpg出し巻き玉子や、蛸と胡瓜の酢の物、揚げだし豆腐などが、綺麗な盆に盛られて
供される。
びっくりしたのは筍の素揚げ。
出汁を纏った筍を素揚げしたものだが、これが滅法旨い。
持ち帰りできるなら、酒のつまみに、是非欲しい。


a0017879_19482081.jpgそして、お待ちかねの鰯の丸干し!!
釜で炊いたご飯は、おこげも美しい。

ワタシが今まで食べてきた鰯の丸干しの中で、断然トップの旨さ。
頭のてっぺんから、尻尾に至るまで、何一つ残すことなく平らげました。
こんがりと、香ばしく焼き上げられていながら、焦げた苦味のかけらもない焼き上げ方は、
見事だと思います。




見れば日本酒の品揃えもなかなか。
金額的な敷居がかなり高いが、夜にも是非来て見たい。

by 1go-tokkuri | 2005-03-29 19:57 | ソトでたべる
2005年 03月 29日

匠味十段・報告

ちょっと前に話題になった、モスバーガーが発売した1,000円バーガーを食べてきました。

しかも、最寄り駅のモスでは販売していない(店舗限定)ということで、わざわざ電車に乗って4つ先の駅まで。これだけの為に。。。

店内に入り、早速注文。

店員 :ご注文は?
ワタシ:匠味十段と、ポテトのSを。
店員 :(一瞬怯む)。。。た、匠味十段ですか?
ワタシ:はい。
店員 :あ、あの、お時間15分程かかりますがぁ
ワタシ:いいですよ。

        ここで店員が厨房へ。店長に、匠味十段の注文が入ったのを報告しているようだ。まるで、いたずらを告げ口する小学生の如く。
          店長と二言三言話して、店員が戻ってくる。


店員 :あ、あの、お時間20分以上かかりますがぁ
ワタシ:(そんなに食わせたくないのか?こうなりゃ絶対食ってやる)
     いいですよ、待ちますから。
店員 :(肩を落とすも、すぐに立ち直り、店内に響き渡るデカイ声で)
     匠味十段入りましたぁー!!


25分待って、やってきたのがコレ↓
a0017879_10195595.jpg






a0017879_10201998.jpg









特製デミグラスソースをかけ、大口をあけて頬張る。
はむっ。

うん、なかなかウマい。



でも。。。1,000円出すなら、モスチーズとホットチキンバーガー(今はない)を食べたい。
野菜から出る水分でバンズも湿っちゃうし。
ワタシのキライな目玉焼きが入ってるし。


あ、あと


店中の注目を浴びます。

by 1go-tokkuri | 2005-03-29 10:28 | ソトでたべる
2005年 03月 28日

小籠包でプハァーッ!!

今日は振替休日♪♪
休み前、散々嫌味を言われて(ムカッ!)休んだんだから、思いっきり楽しみたい。

そこで、先日TVで見て以来、気になっていた恵比寿の「京鼎樓(ジィン・ディン・ロウ)」へ。
ここは、台湾で人気の小籠包の店の日本第一号店とのこと。
a0017879_20444279.jpg


平日のランチタイムということもあり、周りは恵比寿OLでほぼ埋め尽くされている。
オトコ一人客は、かなり浮いた存在。
しかもビール飲んでるし^^;

びっくりしたのは、ビール注文したら、店員が出せるかどうか確認しにいってたこと。
ランチタイムにビールを飲む輩はいないのか。。。
グラスで630円ってのもなぁ。


小籠包は箸でつまむとタプンタプンとスープの重みを感じるいい具合。
ビールとの相性も抜群。
期待していなかったセットの坦坦麺も胡麻がしっかり効いていて、なかなか。
どっちも「熱々」じゃなかったのは大減点だけど、たまたまだと信じたい。
a0017879_20445523.jpg




烏龍小籠包(烏龍茶が入っているらしい)もまだ食べていないし、今度は夜きてみようかなぁ。

by 1go-tokkuri | 2005-03-28 20:56 | ソトでのむ
2005年 03月 27日

天狗舞・旨醇

金曜日、東京・新宿の郷土料理「くらわんか」で、日本酒仲間の誕生会。


仕事の都合で約1時間遅れで参加したワタシの目の前に差し出されたのが、コレ。
a0017879_1147424.jpg
♪♪白魚の踊り食い♪♪





こんなこともしてみました。
a0017879_1244624.jpg
♪♪白魚の酒踊り♪♪

・・・普通に食べた方がおいしいです。









この店はなんでもおいしい。
関あじ、関さばに代表される刺身をはじめ、焼き魚や一品料理もナカナカです。
今日の一番は、「島原手延そうめん」。
喉越しが心地よく、1人で2人前近くいただきました。
「ラーメンより低カロリー」と自分に言い訳しながら。。。



最後にオーナーからのプレゼント。
a0017879_11584916.jpg
『天狗舞・旨醇』
五百万石という、比較的スッキリした味わいが特徴の酒米を使っていながら、天狗舞らしい、腰の据わった旨味と香り。
んまいです。

by 1go-tokkuri | 2005-03-27 12:10 | ソトでのむ
2005年 03月 24日

フカヒレを食らう

フカヒレ。

あぁ、フカヒレよ。汝は何故かくも美しいのか。
旨味たっぷりのスープを身にまとい、1本1本が煌くそのさまは、この世のものとは思えない
輝きを放っている。

そんなフカヒレを一口・・・


・・・




・・・





・・・





・・・





a0017879_2395469.jpg











友人がワタシに預けたまま忘れられたプリッツ「フカヒレ味」。
『~フカヒレをパウダーにして生地にも表面にも使いました~』だそうです。

スゴイ興味があるのですが、ワタシのモノではない。

う~ん。
食べたい。。。

でもヤバいよな。。。



やっぱり、食べちゃおうかな。。。

by 1go-tokkuri | 2005-03-24 23:16 | のまない日記
2005年 03月 22日

LA BETTORA

今日は、あのイタリア料理界の巨匠、落合務シェフが腕を振るう「LA BETTORA」にて
ディナー。

「LA BETTORA」といえば、日本一予約の取れないレストランとして余りにも有名。
そんな店でのディナーと聞けば、誰しも胸躍るというもの。



・・・



・・・




・・・




・・・



いつかは行ってみたいものです。

今日はコレで我慢。
a0017879_22564643.jpg







ちょっとチーズが弱いので、軽く粉チーズを振り掛けて食べるとよいかも。
ちなみに、このリゾット、日本酒によく合います。

これに限らず、チーズやクリームソース系は日本酒との相性が抜群。


今日は天狗舞山廃純米と合わせました。
山廃なのに、あの重~い香りがなく、ウマです。

by 1go-tokkuri | 2005-03-22 23:04 | のんべえ日記
2005年 03月 21日

小田原紀行

昨日、今日と小田原まで行ってきました。

元々、「横浜で飲むから」というので、「行く」と答えていたのですが、当日になってかかってきた
電話口から聞こえてきたのは「小田原」という地名。
まさかね。。。

「いやさー、だって飲み始めて帰れなくなってもヤバイだろ。はじめから宿(友人宅)があれば
安心して飲めるじゃん。」
これぞ、酒飲みならではの理屈。

「さすがに遠いよ」
と答えながらも、「それも一理あるな」と考えてしまうところがワタシのいけないところ。。。


一軒目は寿司屋。
ワタシは仕事の都合で1時間以上遅れて到着。
当然みんな半分できあがっている。
遅れてならじと、神奈川が誇る銘酒「丹沢山」をクイクイと胃の中に流し込む。
あとから気づいたが、ワタシが到着してから店をでるまで、注文したのは酒だけだった。。。

二軒目は沖縄料理店。
チャンプルー3種と他多数の料理。
そして何と言っても泡盛。
ボトル2本を空にする。

三軒目はカラオケ。
赤ワインを2本。
久しぶりに「夏の日の1993」を歌ったあとに悲しい事件が起きた。




ワタシ、コンタクトを失くしました。
目が乾燥しているところに、人にぶつかり、はずみで飛んでしまったようです。。
テーブルを動かしてまで大捜索を行ったが見つからなかった。大ショック。


そして友人宅へ移動。
缶チューハイをしばらく飲んでたら3時をまわっていたので、ようやく就寝。




さっき、コンタクト屋に行ってきました。
23,000円だそうです。
しばらくは飲みにもいけません。

さて、ガマンできるかどうか。。。

by 1go-tokkuri | 2005-03-21 19:03 | ソトでのむ