一合徳利

tokkuri.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2004年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2004年 08月 11日

こんな料理で男はまいる。

a0017879_23255462.jpg


題名を見て買ってしまった。

ただの料理本だが、題名にある通り、紹介されている料理がなかなかソソる。
ポテトコロッケ
どんぶり2種
豚肉のしょうが焼き
スパゲティナポリタン
などなど

しかもいちいち、大竹まことのうんちくが語られる。
料理についてではなく、何故この料理がオトコを惹きつけるのかを。
コロッケについてのページでは、
「家庭ではクリームコロッケではなく、じゃがいものコロッケを」
と、1ページ丸まる使って語っている。

悔しい(!?)ことに、「そうそう!」とオトコとして共感できるコメントも多い。




確かにこんな料理作れる相手がいたら、離れられないかも。。。

と思いながら、自分で鍋を振る今日この頃。

by 1go-tokkuri | 2004-08-11 23:27 | 妄想族
2004年 08月 10日

珍しく

悩んでいます。

会社の同期の一人が出社しなくなって久しい。
情けないことに、会社の先輩から聞いて初めて知ったのが1週間前。

3週間前に一緒に酒を飲んだときはそんなそぶりは見せなかった。
いや気がつかなかっただけかも。
何故気がつかなかったのか。

彼は毎日どんな思いで、一人暮らしの部屋にいるんだろう。
毎朝スーツを着て、でも玄関を出ることができない自分を、どれだけ責めているんだろう。
自分を責めて、毎晩眠れず、深酒をしていると聞く。

似たような状況になる人は、ウチの会社でも結構多い。
でも、今までは他人事。
「同期」という身近な存在がそうなったことで、初めて大きな問題として認識した。

今まで、自分の問題として捉えなかったことを後悔する。
どうしていいのかわからないのだ。

自分の問題として捉えていれば、今頃なんらかの解決方法を導けたかも知れない。



どうする、オレ!?

by 1go-tokkuri | 2004-08-10 00:29 | のまない日記
2004年 08月 07日

負けず嫌い

ワタシは酒が好きだ。
できることなら昼からでも飲んでいたい。

でも、ワタシはサラリーマン。
しかも内勤の為、ランチビールなぞ、夢のまた夢。

だから、kasumixさんのように、平日に昼酒をしている姿を見ると、うらやましくて、悔しくてしょうがない。

そこで、負けず嫌いのワタシは、会社が休みの今日、彼女が飲もうとしている「氷結」の桃をいち早く口にすることで、優越感に浸ろうと、いそいそとコンビニへ向かう。

が、2軒回って、2軒ともない。
どっちも○サヒの酒はあるのに、だ。

やむなく、同じ氷結のグレープフルーツを買う。

食事はというと、カレーうどんに対抗し、カレーライス。しかもレトルト。
マズイ。
このままだと勝ち目がない。



そこで、冷蔵庫にあった焼き牡蠣の残りを散らし、「牡蠣カレー」にしてみる。

a0017879_1263770.jpg


おおっ。
牡蠣カレーにチューハイってのも、なかなかです。

これで、どうにか引き分けか(?)。




こうして、あっちこっちの酒好きブロガーに勝手に対抗心を燃やしつづける今日この頃。

by 1go-tokkuri | 2004-08-07 12:07 | のんべえ日記
2004年 08月 05日

浮気者その2

a0017879_0214654.jpg

またもや浮気中。

う~ん。
浮気で終わりそう。。。

by 1go-tokkuri | 2004-08-05 00:22 | のんべえ日記
2004年 08月 04日

今宵のSAKE

a0017879_23562645.jpg


今宵のお供は「梅の宿 純米吟醸 生原酒」。

ラベルには「Unfiltered SAKE」とある。
無濾過ってことですね。

原酒で、なおかつ酒米に山田錦を使っていながら、キレがある味わい。
それでいながら、米の甘みと原酒特有のアルコールのボリューム感もある。

青アジの刺身、海老と帆立のサラダに合わせてみる。
冷やのうちは上々の組み合わせ。

常温で試すと、少し酒が出しゃばり過ぎの感あり。
同じ魚でも刺身ではなく、ソテーなどには良く合うかも。

次回は白身のソテーをちょっと焦がし気味にし、この酒をぬる燗で合わせてみたい。


しかし、外見は日本酒に見えないな。。。

by 1go-tokkuri | 2004-08-04 23:57 | のんべえ日記
2004年 08月 04日

浮気者

a0017879_0213215.jpg

ただ今、新製品お試し週間中。

たまにはこんなのも飲むのよ。

残念ながら、キリン氷結に軍配。

by 1go-tokkuri | 2004-08-04 00:22 | のんべえ日記
2004年 08月 03日

チャーリー・チャップリン

nande27さんのフレッシュライムからトラバ。


フダン飲む酒は、圧倒的に日本酒が多いワタシ。

さらに、たまにバーに行く機会があっても、飲む酒はいつもウィスキー。
そんな時があった。
嫌いな訳ではない。でもなんとなく注文するのは躊躇する存在。
それがワタシにとってのカクテルだった。


ところが、今から6年程前、そんなワタシの価値観を根底から覆す出来事が起きた。
ワタシは、古くからの友人E、そして、当時知り合ったばかりの友人Sと連れ立って、都内の
飲み屋に出かけた。

友人Sは、当時ワタシが好きだった女を高校時代にフッたというエピソードを持つ男。
その女の結婚式で知り合ったという奇妙な出会い。
背が高くて顔がイイ。金持ちの一人息子なのに、性格も申し分なく、酒も滅法強いという
スーパーマン。
若干女グセが悪いのが玉にキズだったが。。。

したたかに酔った我々3人は、友人Sが行きつけのバーに向かった。
友人Sとワタシはお気に入りのウィスキーの30年ものを見つけ、それを注文。

続いて友人Eの注文。

彼は、長い脚を軽く組み、右手にたばこをはさんだまま人差し指を軽くたて、「チャー
リー・チャップリン」と口にした。

顔と顔を見合す友人Eとワタシ。
「カッコイイーーーっっ」

アプリコットリキュールの甘さ故、口当たりがよく、クイクイと飲めてしまう。
一方で、適度なアルコールの強さがあるそのカクテルを彼は次から次へと空けてゆく。


以来、バーに行くたび、ワタシはチャーリー・チャップリンを注文する。
最初はカッコイイ彼を真似たいという理由だけで。
今では、たまに自宅で作る位のお気に入りだ。


そう言えば、友人Sとはもう何年も会っていない。
たまには顔みせろよ。
また飲みいこうぜ。

by 1go-tokkuri | 2004-08-03 00:25 | のんべえ日記
2004年 08月 01日

とある日の朝食

a0017879_23341157.jpg

これはとある日の実家の朝食です。

携帯電話の写真を整理してたら出てきました。

一応コメントすると、
一番手前にあるのはカニ爪で、
一番奥にあるのは日本酒です。

この後出てきたメバルの煮付けで朝から一杯やりました。
お供にしたのは愛知の「義侠」。
酸がたっぷりしていて、米の旨みをしっかり感じられる大好きな酒。
朝からこいつのぬる燗だなんて、もうたまりません。


もちろん、毎日こんな朝食であるはずはないのですが。
ワタシが友人を招いて飲み会をした次の日の朝はだいたいこんなカンジです。

我が実家が、友人から「居酒屋」と呼ばれる所以です。

by 1go-tokkuri | 2004-08-01 23:35 | のんべえ日記