一合徳利

tokkuri.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2004年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2004年 08月 30日

チルドビール

モノは試しと買ってみました。

「KIRIN 豊潤」

なかなかウマいですよ。
道後温泉で飲んだ地ビールに似てる(!?)かも。

a0017879_2321266.jpg


でもね、ワタシの中でのNo.1は、今は亡き「焙煎」なのです。
20代の方は知らないかも。
当時、人気ぶっちぎりの織田裕二がCMしてたなぁ。

クリアでドライなビール全盛の時代にあって、時代に逆行するような個性的な味わいで、大
好きなビールでした。
ワタシの周りに、このビールを好きというのは一人だけ。後はみんな「好きじゃない」という
人気のなさ。だからすぐになくなった^^;


その一人というのが、大学時代、付き合ってた彼女。
彼女の家へ行く途中に酒屋があって、そこの自動販売機で「焙煎」を買って行くのがお決まり
のコース。

いつも決まって焙煎4本、エビス2本を買うんだけど、持ちきれない。
いつしか店のおじさんがビニール袋を持って出てきてくれるように。
(なぜか焙煎は店内には置いてなかった)

右にビニール袋、左に彼女の手。




フフ。
あれから10年か。。。

by 1go-tokkuri | 2004-08-30 23:03 | のんべえ日記
2004年 08月 28日

オレ、ヤメルわ

ショッキングなことがあった。

同じ部の先輩が会社をヤメルという。
二人きりのチームを組む相棒でもある先輩が。

ウチの部は、社内でも有数の人遣いの荒い部署。
深夜残業は当たり前、休日出勤も日常茶飯事。
ちなみに、今日もその先輩と休日出勤だった。

「能力の限界を感じた」
「人間らしい生活がしたい」
「家族を大事にしたい」

先輩がワタシに語ったヤメル理由。

ヤメルと決めた先輩の顔はふっきれたようにすがすがしかった。
昨日までのうつむき加減だった姿はそこにない。


でも、素直に受け入れることができるほど、ワタシはオトナではない。

寂しさももちろんある。
同じチームを組んだ相棒の門出を応援したい気持ちも。
一方で、プロジェクトの進行間もない中での退職に対する怒りや、この境遇を抜け出す
ことへの妬みも。

うまく言えないけど、ほかにもいろんな感情が絡み合い、複雑なのです。



退職まであと1ヶ月。
最後は笑顔で送り出してあげたい。

by 1go-tokkuri | 2004-08-28 23:46 | のまない日記
2004年 08月 27日

蕎麦屋

昨日は久しぶりに仕事を早く切り上げ、家路についた。

ワタシの「とっておき」を実行するために。

「とっておき」とは、銭湯でのんびりひろ~いお湯につかり、帰りに蕎麦屋で軽く一杯。
最後に蕎麦をたぐって帰るというもの。
つまらない程単純なものだが、銭湯と蕎麦屋の質がいいと、ぐっと楽しみが増す。


向かった銭湯は、2年程前に立て替えられた、小ギレイな外観。
さすがに、地元の銭湯だけあって、スーパー銭湯のようにたくさんの風呂があるわけでも、
露天風呂があるわけでもないが、普段、ユニットバスでシャワーのみのワタシには身近に
ゼイタク気分を味わえる場所だ。



が、

昨日(水曜日)は定休日であった。


これは悔しい。
だが、このために早帰りしたワタシ。
ならば蕎麦だけでもと、蕎麦屋ののれんをくぐる。

この蕎麦屋、店主一人で切り盛りする小さな店だが、彼の趣味で日本酒の品揃えがかなり
豊富。しかも営業時間が23時迄というのも魅力的。


まずはビールで、と喉を湿らせていると、ほどなく、蕎麦の刺身、京野菜の網焼きなどが運
ばれてくる。

生酒が大好きな店主の勧めで、
・土佐のしらぎく
・翠露
をいただくことに。

。。。んまい。
いずれも純米吟醸であり、飲み口がすっきりしている。
蕎麦屋の肴にはよく合う。



カウンターのみの小さな店内には、他に夫婦らしき男女のみ。

店主が向こうの男女に、網焼きにしたシシトウについて語りだした。
「この太い方が万願寺、細いのが伏見って言ってね、赤いのは珍しいんだよ」

フフッ。
さっきワタシに言ってたのと同じこと言ってる。



思えば、平日の夜に、こんなのんびりとしたのはいつ以来だろう。


銭湯はなかったけど、その時間はワタシにとって確かに「とっておき」の時間だった。

by 1go-tokkuri | 2004-08-27 00:50 | ソトでのむ
2004年 08月 25日

カップ酒

皆さんはカップ酒を飲んだことがあるだろうか。

カップ酒と言えば、オヤジの代名詞。
すぐ思いつくのは「ワンカップ大関」か。
スルメイカくわえながらカップ酒をすすり、競馬新聞に目をやるオヤジの姿が目に浮かぶ。


ところが、先日酒屋を営む友人Kと酒を飲んだとき、ちょっとびっくりした。
強めの酸が印象的で、ワタシの好きな蔵のひとつ、大阪の秋鹿酒造がカップ酒を出して
いるという。

その名も「バンビカップ」。

彼は現物を持っていたが、残念ながら飲んだ後。
ただの空き瓶。

でもそのカップ酒の容器には「秋鹿酒造」の名の通り、かわいい鹿が描かれておりなかな
かキュート。


なんと言っても、あの秋鹿が、しかも純米酒でカップ酒というのがうれしい。
カップ酒は試したことがないが、ワタシが飲んだ秋鹿はたっぷりの酸が印象的で、七輪で
炙った鶏のモモ肉との組み合わせが絶妙だった記憶がある。


列車の旅の際には、ビールにつまみ、そしてウマいカップ酒があったら。。。
もっと旅が楽しく、充実するに違いない。



四合瓶に酒を入れて持っていく必要もなくなるし^^

by 1go-tokkuri | 2004-08-25 01:36 | のんべえ日記
2004年 08月 22日

納涼会

昨日、ワタシの友人の中でも指折りの酒飲み達が集い、納涼会が開催された。
(一応、一ヶ月遅れのワタシの誕生会も兼ねて)

場所は隅田川のほとりの高層マンション。
時折屋形船の通る姿も見える素晴らしい眺め。


オーブンで焼いたカナッペから始まり、走り松茸の炊き込みご飯で締める迄、出てくる料理も
素晴らしい出来栄え。
ワイン、日本酒もおいしいものばかりで、気の合う仲間達との時間は本当に楽しかった。

a0017879_21414473.jpg






ところが、


次の日の朝、ワタシは世にもおぞましきものを目にすることになる。


起き抜けに、友人Tが、
「昨日、○○(ワタシ)のデジカメでいっぱい写真とったよ」
と楽しげに話してくる。

どんな写真だったのか、デジカメの画面を覗くと。。。




そこにはパンツ1枚でモデルポーズをとっているワタシの写真がっ。

もちろん、みんなの集合写真もあるのだが、ワタシは常にパンツ1枚。



皆さん、飲みすぎには注意しましょう。

by 1go-tokkuri | 2004-08-22 21:40 | ソトでのむ
2004年 08月 21日

酒飲みの宿命

改めて言うまでもなく、ワタシは日本酒が大好きだ。
「世の中でなくなったら困るもの」と問われれば、いの一番に日本酒を挙げる。

また、ウマいものが大好きで、どこかに行くときには「何がウマいかなぁ」が基準。
ウマいもののない先にはなかなか行きたがらないというものぐさでもある。

さらに、ラーメンも大好きで、ウマいラーメンを食べるなら丸1日つぶして、ラーメン代の
10倍の交通費をかけるのも当然、という価値観を持っている。


そんなワタシが恐れるもの。



年に一度の健康診断。。。

自慢じゃないが、会社に入って以来、γGTPの値が正常であったためしがない。
そして必ず「お酒の量を減らしましょう」とくる。
だから、再検査、精密検査の類は全てブッチしている。


さて、今年の健康診断の結果が届けられた。

気になるγGTPは。。。










正常。
評価A

やったぁー。
すごーい。
もしかして、内臓もアルコールで鍛えられ、バージョンアップするのかっ!!


ところが。















尿酸値。
「X(エックス)」
要再検査
医師の治療を要す


えええっっっっーーーーーーーーー!!


尿酸値?

ウソウソウソウソウソっ。
このワタシが、あの悪名高き痛風の予備軍だなんて。。。

よくわかんないけど、通常7.5位の数値が10.5だって。
どれくらいヒドいのかよくわからん。

最近じゃ、さすがに自分でも意識して、普段飲みのビールはプリン体カットなのに。



ちなみに、胸部X線の結果も「陰影あり・要再検査」だって。
こっちは呼吸器系らしいが。。。



ヤバイぞ、オレ!!
どうする、オレ!!

by 1go-tokkuri | 2004-08-21 01:14 | のんべえ日記
2004年 08月 19日

忍者ハットリくん

a0017879_0544462.jpg



晩飯買いにコンビニへ行ったら、ハットリくんがワタシを呼ぶ声が聞こえた。

そういえば、ワタシもハットリくんはアニメでしか見たことがない。

第一話が知りたくて買ってしまった。




ワタシが愛する獅子丸はまだ出てこないワン。

by 1go-tokkuri | 2004-08-19 00:52 | のまない日記
2004年 08月 18日

夏の日のおもひで

今日、後輩から酒に誘われ、安酒をあおることになった。


飲みはじめてから1時間、不意にメールの着信があった。


発信は、昔好きだった女。

すごく好きだったけど、付き合うことのなかった女。
すごく好きだったけど、付き合ってもらえなかった女。


彼女は今、何度目かの誕生日を、友達と祝っているとのこと。


なぜだろう。すぐさま連絡を取る。

なぜだろう。その後、合流することになった。



およそ、3年ぶりの再会。
お互い友人を連れての再会。

何があった訳ではない。
いつもより笑顔10倍の自分に気がつく。



3年たった今も、彼女が独身であることにほっとしたり、
3年たった今、3ヶ月前に彼女がオトコと別れたことに安心したりした。




何がある訳ではないけれど。

by 1go-tokkuri | 2004-08-18 01:23 | 妄想族
2004年 08月 17日

最近、メーワクなこと

我が家は酔っ払いの巣窟である。

都心からもそう遠くない位置にあり、酒も比較的豊富に在庫がある(日本酒だけだけど)為、
終電を乗り過ごしたヤツが夜中に電話してきたり、ツマミ持参で突然やってくるアホが後を
たたない。

そんなヤツらの為に使い捨て歯ブラシを常備する自分もかなりのアホだと思うが。。。



さて先日、へべれけに酔った友人Sとその女友達2人が我が家へやってきた。

友人Sはウチよりはるかに都心に近いマンションに住むお金持ち。
ウチにくるより、よっぽど自宅へ帰った方が安上がりなのに、わざわざタクシーでウチまで
やってきた。

次の日、仕事だというのに、夜中の3時過ぎまで一緒に飲むハメに。

まぁ、それは許そう。
女の子もいたし。

友人Sは、ウチにくる途中のコンビニで、チューハイ類を大量に買い込んできた。
「女の子いるからさぁ、チューハイ買ってきちゃった~」
それもまぁ、いい。


ところが、どうしても許せなかったことが。






彼の買ってきた酒。
アサヒフルーツブルワリー ラズベリー×3本
同                アップル ×3本
キリン酔茶  ×2本

しかも誰も口をつけずに帰っていきました。

あれから1週間。
もちろん、1本も減っていません。

どーすんだよ。
責任持って飲んでけ~っ。

by 1go-tokkuri | 2004-08-17 00:55 | のんべえ日記
2004年 08月 13日

タケノウチユタカ

今朝、出勤途中にタケノウチユタカに遭遇。

ドラマ「人間の証明」の撮影中。
(ドラマは一度も見たことないが)

イイオトコを見るのも勉強になる(?)だろうと、約2mの距離まで接近して、凝視してみる。


感じたこと。
「細いなぁ。。。」


「笑顔がさわやかだなぁ。。。」






「カイシャ行くか。。。」

自分はオトコであることを再認識。
その場にいたのはものの2分程。
いくらイイオトコでも、そこは同性。すぐ飽きた。

その話をすると、会社の女の子に散々なじられる。
「アタマのボタンがズレてる!」
「写真位撮ってこい!」
「ワタシなら半休とってでも撮影見続ける!」


スイマセン。。。

by 1go-tokkuri | 2004-08-13 00:17 | 妄想族