<   2004年 06月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2004年 06月 30日

気をつけろ!オレ!!

a0017879_232344.jpg三日酔いでございます。

おととい、日本酒好きの愛すべきザル軍団と飲み会。
きのう、入社当時の部署の同窓会。

特におとといの飲みは久々に楽しい飲み会。

会場は東京新宿の「手打ちそば大庵」

一緒に飲んだ連中は酒好きを絵にかいたような連中。
人生という名の酒でできた大海を、まさに自由に泳ぎまわっている。
彼らと飲んでいると、自分がすんごく常識人で、カワイく思えてくる。

これは大変危険だ。
ワタシは、一般人に比べると、ちょっとだけ酒好きで、すこ~しだけ変わっているという
自覚がまだある。

しかし、悪友タケ氏をはじめ、この連中はきっとそんな自覚がない。
しかも彼らの周りには同じ価値観、生活をおくっている人間がわんさか集まっている。

最近、彼らと飲んでいると、「オレ、このままじゃいけない」と思ってしまう。
「もっとイロイロ飲んで食べて遊ばなきゃ」と・・・。


気をつけろ!オレ!!

by 1go-tokkuri | 2004-06-30 23:25 | ソトでのむ
2004年 06月 27日

もつ煮その後

a0017879_223923.jpg昨日は実家に帰った。

家に帰るとおまちかねのもつ煮がワタシを待ち構えている。

「昨日酒のつまみに少し食べちゃった」
オヤジが言う。
案の定、もつ煮争奪戦のスタートだ。

と思ったが、今回ばかりは争いにならなかった。
なぜならば、大鍋一杯のもつ煮がウマそうな匂いをたたえて
デーンと台所に鎮座していたから。

あのさ・・・いくらなんでも多すぎやしませんか?
母親はもつがキライ。
父親とワタシの2人で食う量ではない。

昨日の夜は大き目のお椀に2杯。
今日の昼は同じ大き目のお椀に1杯。
今日の夜はドンブリに山盛り1杯。

最後は残った汁にご飯を投入。
ウマイ。

酒がすすむ。

気がついたらもつも酒もキレイになくなっている。


貧乏性というか食い(飲み)意地がはっているというか・・・。

by 1go-tokkuri | 2004-06-27 22:40 | のんべえ日記
2004年 06月 26日

もつ煮込み

先日実家に帰った際、近所のおばちゃんが遊びに来ていた。
実家は埼玉の片田舎。
近所づきあいはかなり深い。

当然、ワタシも幼いころからおばちゃんの家にも出入りしていた。
もうひとりの母親みたいなもんです。

「帰ってくるって知ってたら、もつ煮といてやったのに」

このおばちゃん、「もつ煮」の天才。
他の料理は苦手と自分でも言うとおりなのだが(失礼!)、もつ煮は絶品です。

ワタシの母親はもつが大嫌い。
そもそも普通の家庭で「もつ煮」を作るなんてあまり聞かない。

そんなワケでおばちゃんが「もつ煮」を作って、おすそわけをもらおうものなら、
親父との「もつ煮」争奪戦が繰り広げられたのです。


おばちゃんは、「月末ならヒマだから作ってやるよ」との由。
そして今日、ワタシはいそいそと実家に帰り、もつ煮をつまみにビールを流し込む
のです。

はむっ。ゴクッ。プハァーッ!!

by 1go-tokkuri | 2004-06-26 11:46 | のんべえ日記
2004年 06月 24日

モメごと

人と人とのモメ事など、大抵はたわいもないことから始まる。

こないだ、仕事を終え帰り支度をしていると、一人の先輩Aが、ケンカをふっかけて
きた。

するともう一人、先輩Bが争いの中に加わってきた。

最初はお互いの席に座ってヤリ合っていたのが、ついにはガマンできず、一人の
机の周りに集まり、さらにモメごとは混迷を深めた。

つかみ合いや、殴り合いではない。
激しい議論のやり取り。
しかし、それは自らのプライドを賭けた、まさに「戦い」だった。

十数分に渡るやり取りの末、お互いを尊重し合うという極めて大人の結論を得るに
至った。




モメた内容は「好きなラーメン屋ベスト3」であった。

次の日、我々は「昼飯後に行く喫茶店の女の子ベスト3」で、昼休みをつぶすことに
なる。

平和なまいにち。

by 1go-tokkuri | 2004-06-24 23:49 | のまない日記
2004年 06月 23日

限界を知る

今日は何故か、入社3年目の女の子達と飲み会。

こちらは28~33歳のプチオッサン軍団。

オッサン達の鼻息は荒く、仕事で2時間しか寝てないヤツ、打ち合わせを途中で
切り上げたヤツ、社長の仕事をすっぽかしたヤツと、皆々気合の入り具合が伺える。

当然、オッサン達は最初からエンジン全開。
飲みも盛り上がる。

楽しい。

あっという間の3時間。





ところが、幹事としては1点反省が。

オッサン軍団のエンジンは2.5時間が限界らしい。
オッサン達は互いを生かすより、自分が前にでることを望み、全員が最初からエン
ジン吹かしまくるから、力尽きるのも同じ頃。

2.5時間経過後は目に見えてオッサン達には疲労の色が見え隠れする。


同年代と飲むときはまだまだ2時3時迄飲めるんだけどなー。

by 1go-tokkuri | 2004-06-23 23:57 | ソトでのむ
2004年 06月 22日

ボーナスの使い道

昨日、ボーナスが支給された。

給料と別の日に支給されていたボーナスが、削減のショックを和らげる為、「振込手数料の軽減」の名の下、
同じ日に支給されるようになったのはいつのことだったか。

ま、減らされようがなにしようが、支給されるだけまだまし。
ワタシの妹のダンナはゼロだったし。


さて、お金は使い道を考えている時が一番楽しい。

1.何はなくとも借金返済(両親に借りたままの金がたんまり)
2.飲み代支払(会社での飲みの請求はボーナスで)
3.親戚の結婚式のお祝い
4.同僚の結婚式のお祝い
5.後輩の出産祝い
6.ユニクロで下着と靴下

・・・。

あれ?
あれれれれーっっ???

ボーナスちゃん!
なんで、ナンデ、nande、もうあなたの姿は見えないのですか?

by 1go-tokkuri | 2004-06-22 23:57 | のまない日記
2004年 06月 21日

土鍋ごはんと火山の噴火

1ヶ月くらい前、友達の家でワインパーティーをやった。

その際、友人が作ってくれた鮎ごはんが感動的だったことは、前にも紹介した。

こないだ、近所のイトーヨーカドーの食品売り場を物色していると、閉店間際で鯵が
叩き売られていた。
特売で1匹100円のところ、さらに70%オフで、30円(!!)

これはチャンスとばかりに4匹も買うワタシ。

レジに並ぶワタシのアタマには鮎ごはんならぬ鯵ごはんが湯気をたてているさまが
くっきりとイメージされていた。

自慢じゃないが、炊飯器のない我が家、米と言えばレンジでチンするごはんのみ。
いそいそと準備をこなしながら、もしこれが成功したら、毎週末は土鍋でごはんを炊
いてもいいかも。。。などと空想する。

米を研ぐ。
ダシを取る(ダシパック便利^^)。
醤油をひとまわし。

・・・。
あとなんだっけ?

ま、魚からもダシが出るだろうし、もういいやと火にかける(テキトー)。

15分ほっとけとの友人のアドバイスに従い、PCのメールチェックをしていると、突然
台所から「ボコボコボコッッ!!!」という音が。
急いで駆けよると、土鍋のふたが飛び上がり、火山の噴火の如く、蒸気とダシ汁が
天井に吹きつけ、あたり一面に飛び散っている。

あわてて火を消すワタシ。

沸騰したら火弱めるんだった。忘れてた(>_<)
こりゃあ大失敗だと思いつつ、懲りずに火を点ける。
毒を食らわば皿までさ。

そしてできたのがじゃじゃーん。
a0017879_01754.jpg


噴火した割には見た目はまとも。
ちょっと味が薄めで水っぽいけど、十分食える。

大き目の鯵おにぎりが5コもできた。


冷えたにぎりめしに、冷酒って合うんだよ。
これに冷や汁があったらサイコーだね。

by 1go-tokkuri | 2004-06-21 23:54 | のんべえ日記
2004年 06月 20日

天法 純米吟醸

ウマい日本酒は数あれど、それらを手に入れるのは苦労も多い。

ワタシは日本酒バカだから、何時間もかけて買出しに出かけることもよくある。

ところが最近、我が家から十数分程のところに、小さな酒屋があるのを発見。
しかもその品揃えがナカナカなのだ。

父の日のプレゼント購入を忘れていたワタシ。
あわてて買いに走った先は、その酒屋でした。

開運、神亀、満寿泉、澤屋まつもと。。。あるわあるわ。

さんざん迷ったあげく、天法純米吟醸の生酒をチョイス。

ところが・・・
店員A 「ウチ、クール便やってないんです」
ワタシ 「えっ? でもヤマト便使ってるんですよね。集荷の時にお願いすれば、
     できるんじゃないんですか?」
店員A 「ええ、ごめんなさい。でもできないんです」

はぁ?
全く納得できないが、こちらも追い詰められている身。
なんてったって、土曜の昼に買いに行っているんだから。父の日に間に合わないの
だけは避けたい。
同じ天法純米吟醸の火入れした酒を選択。

そして、自宅の空いた冷蔵庫の補充にと別途3本ほど選んだ。
ワタシ 「こっちは配達してください。住所は1丁目の。。。」
店員A 「ごめんなさい。配達できないんです」
ワタシ 「えっ、でも外に配達できますって書いてありますけど。。。」
店員A 「はい。配達してるのが1人なもので、日本酒だと6本以上でないと配達でき
     ないんです」

ワタシの実家は田舎のせいか、日本酒1本はおろか、醤油1本でも配達してくれた。
これがTOKYOなのか。

さすがに炎天下、日本酒抱えて十数分の道はツラい。

そのくせ、
「どれでも言ってください。試飲していただけますので」
なんて言ってくれる。しかも、店にある全ての酒が可能らしい。

親切なんだか不親切なんだかよくわからん。


今度はクルマでくるか。。。
持ってないけど。

by 1go-tokkuri | 2004-06-20 21:48 | のまない日記
2004年 06月 19日

今半のステーキ丼

a0017879_183845.jpgワタシはウマいものが大好きだ。

一昨日、とある雑誌を眺めていると、人形町今半が紹介されていた。
しかもデパ地下のイートインで提供されている丼が紹介されているのだ。

これは行かねばならない。ワタシは土曜の昼からいそいそと日本橋高島屋に向かった。ちなみに自慢じゃないがワタシはこのデパート、地下にしか足を踏み入れたことがない。

案の定、行列ができている。15人ほど。思ったよりも少ない。
デパ地下のイートインだけあって、店内はカウンター5席のみ。

しばらくすると、テレビの取材らしきカメラがやってきて、なんと!店の外観と行列している我々を写すではないか。さすが今半!!

行列の先頭にいるおばちゃんが取材を受けている。
高まる鼓動。どうしよう。
ついにワタシもTVデビューか!?
友達や親に連絡しないと。
っていうか、もっといいかっこしてくればよかった。ちと後悔。

「どちらからいらっしゃいました?」
  →「○○から」
「この店はどちらで?」
  →「たまたま雑誌を見ていたらすごくおいしそうで。あの今半がこの値段かぁーっ、
  って思って来ちゃいました」
「デパ地下はよく来るんですか?」
  →「ええ、ここは他の店もすごく充実していて、おいしいです」

シュミレーションは万全だ。
コメントはつまらんが、これ位のほうが採用されやすいはず。

と、次の瞬間、
「ご協力ありがとうございましたぁーっ」
取材スタッフの声が響く。

え?もう終わり?
なんで?ナンデ?nande?ワタシに取材しない!!
おばちゃん1組だけコメント取るなんて、ズルい~っ!!
ちょっと!番組名位言っていけ~っ!!

もし、テレビでこの店が紹介されることがあったら、目を皿のようにして見ましょう。
行列している人間の中でケータイいじってるデブがワタシです。

by 1go-tokkuri | 2004-06-19 18:39 | ソトでたべる
2004年 06月 18日

いけません

父の日に贈るメッセージは

いけません。

父の日のプレゼントを買うの忘れてました。

去年までならまだよかったよ。
自慢じゃないが小学校の肩モミ券以来、それらしいことをしたことがなかったし。
だから父親も期待なんぞしてなかったはず。

ワタシは去年の夏から一人暮らしをはじめています。
里心がついたのか、母の日にはじめてプレゼントらしいプレゼントをしました。

母親の喜びようは尋常ではなかった。

それを見た父親も、今年ばかりは期待しているハズ。

マズい・・・。

by 1go-tokkuri | 2004-06-18 23:57 | のまない日記