一合徳利

tokkuri.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:日本酒イベント・クラス( 83 )


2012年 10月 27日

悦凱陣 讃州山田錦の会で10年垂直!! ふたたび

ワタシが大好きな日本酒の銘柄のひとつに、
香川県にある悦凱陣
という銘柄の日本酒があります。

文字でいっぱいなこんなラベルの日本酒です。
a0017879_15223172.jpg






あれ?
こないだも同じ凱陣の垂直試飲があったじゃないか!


と思ったアナタ・・・かなりの一合徳利マニアです(笑)。


実は、今回の会は、前回開栓した悦凱陣をそのまま常温で放置し、
開栓1ヶ月後の変化を味わうという会。
a0017879_15221583.jpg



そもそも、前回の垂直試飲会がなかなかあり得ない内容の会でしたが、
さらにそれを1ヶ月経って改めて飲めるだなんて、凱陣ファンに
とってはヨダレジュルジュルもんでしょう。
a0017879_15221935.jpg



なんで声かけてくれなかったんだ!!
と言って、殴られそうな人が数名思い浮かびますが・・・すみません(汗)。



今回も、もちろんブラインドテイスティングからスタート。
a0017879_15222348.jpg





おぉ・・・


1ヶ月前に感じた印象とはまるで違う日本酒の姿がそこにはありました。

1ヶ月経っても、ひねた感じは全くなく、むしろ頑なだった心が
開いたような印象を受けました。



負け惜しみを言う訳ではありませんが、前回、一番古い日本酒を
若く、硬いとコメントしたワタシですが、1ヶ月経っても、
やはり一番古いとは思えませんでした(爆)。

a0017879_15273384.jpg

a0017879_15273964.jpg

a0017879_1527539.jpg

a0017879_1528366.jpg


途中からは、居並ぶ凱陣の中から、自分の好きな年度のもののお燗を
オーダーできるという素晴らしい会。



銀座のど真ん中ですから、どんちゃん騒ぎは控えましたが、

コーフンのあまり、あちこちに、どーだ、いーだろ!!

というメールを送りまくってヒンシュクを買うなんていう場面も・・・(爆)。



来年行われる、ずるい♪企みへの参加も決まりました。
1年先の予定が今から埋まるだなんて、なんかカッコいいでしょ。

イーヒッヒ♪♪♪

by 1go-tokkuri | 2012-10-27 15:39 | 日本酒イベント・クラス
2012年 10月 20日

大観楼@高田馬場で天遊琳を愉しむ

先日、久し振りに東京・高田馬場の大観楼へ行ってきました。

a0017879_20462744.jpg

大観楼は、中華料理店にも関わらず、日本酒が飲める・・・
しかも埼玉の神亀をお燗で飲むことができるという摩訶不思議ながら
ありがたいお店。


そんなありがたいお店にムリを言って、三重県の天遊琳を持ち込み
たいとゴリ押し拝み倒したのは、浦和の不動産王S氏。
a0017879_20455629.jpg



酒飲みというのは、極めて勝手な生き物で、日本酒が飲めない時には
日本酒が飲みたいといい、お燗が飲めなければお燗を飲みたいと言い、
好きな銘柄が飲めない時には好きな銘柄を飲みたいというもの・・・。

大観楼さんの優しい味わいの料理に天遊琳を合わせたい!

というS氏の企みには、ワタシも間髪入れず参加を表明した位ですから、
人のことは言えませんけどね。。。(笑)



a0017879_2046061.jpg

a0017879_2046281.jpg

a0017879_2046789.jpg

a0017879_20461115.jpg

a0017879_20461594.jpg

a0017879_20462092.jpg

大観楼さんは、この天遊琳の瓶囲いが生姜によく合うということで、
特別に生姜を使った料理を多めに用意してくれました・・・さすが!!


定番の餃子はもちろんのことですが、海老の炒めものや酢豚もよかったなぁ。
途中からは、お店の定番である、神亀のお燗も交えながら宴は進みます。


a0017879_20462562.jpg

みんな腹がはち切れそうといいながら、結局最後はこれまた絶対外せない
タンメンをいただいて〆。


ワタシが世界の王様になったら、お燗の飲める美味しい中華屋さんとして、
保護指定することを改めて決意した夜。。。

by 1go-tokkuri | 2012-10-20 21:00 | 日本酒イベント・クラス
2012年 09月 29日

ふくしま美酒体験 in 渋谷 のローストビーフ

9月26日(水)、東京・渋谷のセルリアンタワー東急ホテルで開催された

ふくしま美酒体験 in 渋谷

に参加してきました。

a0017879_135554.jpg

この会は、福島県にある40もの蔵元が一同に会し、その日本酒を
飲みまくることができるという日本酒イベントです。

a0017879_13544930.jpg


主催は福島県酒造組合なんですが、毎回福島県知事が挨拶に訪れる
という、福島県としても気合いの入ったイベントです。

福島県知事は毎年かなり勢い良く登壇し、ノリノリでしゃべりまくる
のですが、今回は県議会開催中ということで不参加・・・ホッとした
ような残念なようなw




こんなモノをいただきました。
a0017879_13551094.jpg


a0017879_13551367.jpg

a0017879_1355094.jpg

a0017879_13545816.jpg


このふくしま美酒体験では、料理は立食のブッフェスタイル。
おそらく人気も原価も高い(?)であろう2品の料理は引換券が配られ、
1人1回ずつしかもらえない仕組みです。

中にはローストビーフだけでも5皿も食べるバカ

がいますから、これは仕方のないところ。



かつてはリッツカールトン東京で開催されていたのが、セルリアンに
場所を移したのは、予算の関係か酔っ払いオヤジがあまりにも多かった
せいなのか・・・は不明ですが、ローストビーフはリッツの方がはるかに
うまかったなあ(爆)。

あ、リッツの時から比べると会費が3,000円も下がったんだから文句を
言ってはいけませんね〜。




a0017879_13553799.jpg

そう言えば、恋のから騒ぎに出ていたらしい司会者が、蔵元を回って質問
していたりしました。しかも第1期生の島田律子も登壇してました。


ちなみに、この日出された日本酒のブッチ切りで好きなのはやはり飛露喜。
磐城寿の23BYの常温保存もいい酒に仕上がっていました。


a0017879_13553397.jpg

お土産の数も減ってしまい、やや残念。

会費を高くしてもいいから、リッツでもう一度やって欲しいなぁと思う
今日この頃なのです。。。

by 1go-tokkuri | 2012-09-29 14:19 | 日本酒イベント・クラス
2012年 09月 23日

悦凱陣 讃州山田錦の会で10年垂直!!

ワタシが大好きな日本酒の銘柄のひとつに、
香川県にある悦凱陣
という銘柄の日本酒があります。

文字でいっぱいなこんなラベルの日本酒です。
a0017879_10255475.jpg



そんな悦凱陣の中でも、讃州山田錦という酒米を使った日本酒の
H11BY~H21BYまでを垂直で試飲するという、悦凱陣
ファンが聞いたら地団駄踏んで悔しがり、ヨダレ垂れまくりな
会があったので参加してきました。


会場は、東京・銀座のど真ん中にある京やさい美登里
a0017879_1035469.jpg



お店に入ると、カウンターには目隠しされた酒瓶がズラリと・・・
おっと、完全にブラインドのテイスティングですね〜。
a0017879_1035972.jpg



醸造年度の差は10年。

1年1年の違いは難しくても、ざっくり2つに割って古いか新しいかの
違い位はわかるだろうと思って、この利き酒に取り組んだんですが・・・
ボロボロでした(笑)


a0017879_102612.jpg


これらの日本酒は、美登里のご主人が冷蔵庫でじっくり低温で
寝かせて熟成させた秘蔵のものばかり。

その分、熟成の進みも穏やかで、枯れ方もキレイに枯れているので、
その差がわかりづらかったですね〜。(←言い訳がましい)



なんと、一番古い日本酒にワタシが付けたコメントは・・・

若、硬

という2文字。。。かなり恥ずかしいですが、多くの方が
同じような印象を持っていたようなので、ホッとしました。

ちなみに、種明かしがされた後に改めて飲んでみましたが、
それでも古いと感じませんでした。負け惜しみか!?(笑)



a0017879_10253540.jpg


試飲が終わった後は、食事と先ほど試飲した悦凱陣を合わせて
楽しみます。
a0017879_10253111.jpg

a0017879_10261942.jpg

a0017879_10261234.jpg

a0017879_1026462.jpg


さすが、どの料理も旨いですね〜。
しかも、日本酒がクイクイ進むものばかり。



ところがっ!!



しかし、こんな素晴らしい会で唯一の心残りが・・・





a0017879_1026937.jpg


食事の最中、テイスティングコーナーに戻って、蔵元の丸尾さんとの話に
夢中になってしまい、この眉目麗しい牛肉を食べ損なってしまいました。。。



ガビーンッ!!(爆)

by 1go-tokkuri | 2012-09-23 10:57 | 日本酒イベント・クラス
2012年 09月 09日

料理と酒を楽しむ君嶋会@半蔵屋/新横浜

9月2日、神奈川・新横浜のフレンチレストラン半蔵屋で、

料理と酒を楽しむ君嶋会

が開催されたので行ってきました。

a0017879_11301240.jpg


4月に開催された前回は、申し込みの電話をし忘れるという失態を
犯してしまった為、1年振りの参加になります。

今回も危うく電話し忘れるところでした・・・まさかアル中性アルツ?



まずは、会場内の別フロアで1時間30分に渡り、テイスティングに
取り組みます。テイスティングとは言っても、別に採点を提出したり
する訳ではありませんので、気に入った日本酒は普通にゴクゴク飲み
干します。

つまり・・・酔っぱらいます(笑)。

a0017879_11295924.jpg

新横浜の駅前で、つけちゃんぽんを食べてから会場に向かったのは
その為です(え?)。



a0017879_1130228.jpg

a0017879_11301724.jpg

ワタシは、栃木県/惣誉酒造の河野社長と同じテーブル〜。



何はともあれ・・・
a0017879_11303568.jpg
かんぱ〜い O(≧∇≦)O イェェ〜イ♪



こんなモノをいただきました〜
a0017879_11303970.jpg
小前菜/海と畑から


a0017879_11304199.jpg
前菜/晩夏


a0017879_11304594.jpg
魚料理/荒神


a0017879_11304817.jpg
お口直し/ミネストローネ


a0017879_11305262.jpg
メインディッシュ/金華豚


a0017879_11305613.jpg
デザート/アプリコット



合わせる日本酒はこんな感じです・・・が、あっちこっちのテーブルに座っている
蔵元さんからその蔵の日本酒を強奪して、あれこれ楽しんでましたw

伊勢の白酒/純米活性にごり(三重県)
松の司/「情熱」生もと純米生酒(滋賀県)
米鶴/「情熱」純米吟醸(山形県)
惣誉/H20BYきもと純米大吟醸原酒(栃木県)


こんな変わりダネも・・・
a0017879_1131117.jpg
HANZOYAオリジナル日本酒カクテル






さて、実はこの日、すごくいいことがありました♪


◆ アレやコレやソレをとっても美味しく味わいました


◆ ずるい♪ 企みがまたひとつ増えました





そして・・・


◆ 6年前に行ったレストランの美人マダムと再会しました


◆ 4年前、ひとつ屋根の下で2夜をも過ごした
  浅からぬ縁を持つ女性と再会しました


◆ 素敵な女性Aさんに「一合さんのファンです〜」と言われ、
  いい気分になりました


◆ 素敵な女性Bさんに「一合さん、全然デブじゃない、かわいい!」
  と言われ、これまたいい気分になりました




フフフ・・・ね、いい一日でしょ・・・フフフ。。。

by 1go-tokkuri | 2012-09-09 11:41 | 日本酒イベント・クラス
2012年 09月 05日

燗酒、諏訪泉、高橋由美子な日

8月26日、東京・早稲田のリーガロイヤルホテルで開催された

純米燗 夏の宴

なる日本酒の会に参加してきました。

a0017879_20261745.jpg

a0017879_20262168.jpg


確か去年は参加をサボったので、2年振りの参加になります。

とってもカンタンに言うと、夏こそ燗酒飲んじゃおうぜ!!
という、フツーの方から見るとちょっと変わった、かなりヘンタイな会。


夏にカレーやチゲなんかを汗をかきかき食べるのは平気なのに、燗酒を
飲まないなんて人生の損失だと思うんですが・・・ホテルの中だから
冷房もきいてますし(笑)。


a0017879_20272118.jpg

ちなみに、この会に参加している蔵元は、私の好きな蔵元が多いので、
ブースを回って、蔵元と話をするだけでもすごく楽しいですし、
好きな燗酒を徳利に入れてもくれるので、自分のテーブルに戻って、
つまみと合わせながら、じっくり飲むこともできます。


a0017879_20262634.jpg

a0017879_20263038.jpg




ちなみに、この純米燗夏の宴では、くじ引きにより蔵元グッズがあたる
抽選会があるんですが・・・




見事、諏訪泉の酒袋GET!!


この手の抽選会やじゃんけん大会には無類の運のなさと勝負弱さが
自慢のワタシですが、今年は何かが違うのか?


a0017879_20263969.jpg

ゲストでいらしていた女優の高橋由美子さんとちゃっかり写真に納まって
みたりもしました。


周りは酔っ払いオヤジばっかりの会だなんて、彼女も大変だったでしょう。
入れ替わり立ち替り、酔っ払いオヤジが写真撮影の列に並んでいたので、
ちょっとかわいそうでした。


まぁ、ワタシもそのひとりですがね・・・(汗)。

by 1go-tokkuri | 2012-09-05 20:44 | 日本酒イベント・クラス
2012年 08月 26日

飲んべえの会/松の司@酒たまねぎや

先日、東京・神楽坂にある、酒たまねぎや恒例の「飲んべえの会」で
滋賀県の銘蔵松の司を取り上げるというので、行ってきました。

この飲んべえの会は、ほぼ毎月開催されており、対象となる蔵元の
日本酒を10種類前後取り揃えて飲みまくる・・・という会。

中には、もう既に蔵元にもないという店主秘蔵の日本酒が出ることも
ありますから、対象となる蔵元のファンであれば、是が非とも駆けつけ
たいところ。


a0017879_1338734.jpg
松の司 松瀬社長


a0017879_13384093.jpg

松の司 鑑評会出品酒 大吟醸 平成23年(22BY) 限定89本
松の司 特別大吟醸 出品タンク 平成24年(23BY) 限定167本
松の司 特別大吟醸 出品タンク 平成23年(22BY) 限定200本
松の司 特別大吟醸 出品タンク 平成22年(21BY) 限定282本
松の司 大吟醸 Classic 斗瓶取り 平成23年(22BY) 限定345本
松の司 大吟醸 斗瓶取り 2年古酒 平成23年(22BY) 限定250本
松の司 大吟醸 斗瓶取り 5年古酒 平成19年(18BY) 限定250本
松の司 純米大吟醸 斗瓶取り 5年古酒 平成19年(18BY) 限定250本
松の司 純米大吟醸 BLACK AZOLLA 平成19年(18BY) 限定850本
松の司 純米吟醸 AZOLLA 斗瓶取り 平成18年(17BY) 限定40本 
松の司 純米大吟醸 黒ラベル 平成22年(21BY)





ちなみに・・・

折角だからと着て行った、ワタクシ一合徳利秘蔵の松の司Tシャツ。
a0017879_1341889.jpg



この日は日差しがめちゃめちゃ強く、とにかく暑い・・・。
店につく頃にはもう汗でビショビショでしたが。

松の司会に参加するような人は、当然みんな松の司が大好きな訳ですが、
それだけに私が着て行ったこのTシャツ、かなり評判がよく、

どこで買ったの?

カッコいい!!


と絶賛されました。


惜しむらくは、フリーサイズ1種類だけだったので、私にはかなり
パツンパツンだった位・・・今度はXXLサイズを作ってくれるよう、
交渉しないといけませんね〜(笑)。

by 1go-tokkuri | 2012-08-26 13:57 | 日本酒イベント・クラス
2012年 07月 16日

SAKE COMPETITION 2012

7月1日、東京・芝公園にあるザ・プリンス パークタワー東京で開催
されたイベントに参加してきました。


その名も・・・
a0017879_10293673.jpg
SAKE COMPETITION 2012



はせがわ酒店が主催し、全国から出品された778種類の日本酒から、
利き酒審査で「日本一うまい酒」を決めてしまおうというイベント。

審査は、以下の4部門に分けて開催。

 ・純米酒 265酒
 ・純米吟醸  260酒
 ・純米大吟醸 190酒
 ・生もと・山廃 63酒


このイベントの面白いのは、「完全プラインドで利き酒」「はせがわ
酒店の取引先以外もOK」「市販のお酒のみ出品可」という前提が
あることです。


利き酒と言っても、ラベルが見えてしまえば、先入観を持ってしまい
ますし、はせがわ酒店が扱っている酒だけで日本一と言ったって・・・
だし、売ってもいない秘蔵酒出されたって飲めないし。

a0017879_10293942.jpg

途中までは、蔵元巡礼ということで、見知った蔵を中心に回っていましたが、
途中から、折角だからと飲んだことのない蔵を回ることにしました。
正確に言うと、飲んだ記憶がない蔵ですけどね。




基準は・・・まず蔵元が女性であること!!

だって、飲んだこともない蔵が、自分の好みに合うかどうかの確率は
どこも同じな訳です。

だったら、せめて「外れた!」と思っても、笑顔で女性が微笑んでくれたら
少しは気も紛れるじゃないですか〜。


ということで、何軒か外しまくった上に出会ったのがこの酒。
a0017879_1030666.jpg
文楽

よく見ると、蔵は埼玉県上尾市にある模様。


え?
神亀以外に飲める日本酒を造っているところが埼玉にあるなんて・・・


しかも、聞けば生産量が2千石って、結構大きい蔵じゃないですか!
だって、普段ワタシがよく飲む蔵は大抵1千石以下ですからね。。。



会場あるお酒は全体的に、香りの強い酒が多く出品されていたのが
好みに合いませんでしたが、やはり旨い酒は旨いですねぇ。


例えば・・・
a0017879_10295959.jpg
飛露喜

a0017879_10295432.jpg
山形正宗

a0017879_10295181.jpg
松の司




a0017879_1030252.jpg



唯一の失敗は、仕事の関係で出遅れてしまい、思うように料理を食べることが
できなかったことか・・・(笑)。

by 1go-tokkuri | 2012-07-16 10:51 | 日本酒イベント・クラス
2012年 06月 06日

稲苗月 酉与右衛門の夕べ

先日、浦和の不動産王S氏にお声がけいただき、
岩手の日本酒蔵・酉与右衛門※の川村社長を招いての宴に
参加してきました。
※酉と与は一字


その名も・・・

稲苗月 酉与右衛門の夕べ
深山の芽吹き アッサンブラージュ




・・・なんか・・・カッコよすぎる(爆)。



ちなみに会場も、夜の妖しさでは右にでるもののない街、東京・六本木。

酉右衛門のお酒と六本木・・・あまりにイメージが違う!!w


酉右衛門は、東京の街ってイメージじゃないんだよなあ。

木枯らしとか雪とかそういう系。
少なくとも、夜の蝶が飛び交う感じではない(笑)。


会場のヌッフデュパプは、岩手では有名なお店だそう。
確かに遣り手な感じのオーナーの目力はすごいです。



こんなモノをいただきました〜。
a0017879_19393632.jpg
北海道産フォンティーナチーズの粕漬けを軽く炙って

a0017879_19393934.jpg
シドケのコンソメジュレ和えとフォアグラ
ワラビのディジョンマスタード合え

a0017879_19394234.jpg
朴葉新芽のフリット 真タラ子のカラスミ添え

a0017879_1939444.jpg
粕漬け2種盛り
白金豚肩ロースの生ハム
ほろほろ鳥のささみ

a0017879_19394855.jpg
八幡平サーモンのポワレと姫竹

a0017879_19395221.jpg
短角牛ランプ肉と白金豚ロース肉のロースト
岩本農園のほうれんそう添え

a0017879_19395675.jpg
彩・菜・鶏とつる人参、うるいのスープがけ五穀ご飯

a0017879_19395914.jpg
酒粕のアイスクリーム




お酒はこんな感じ〜。
a0017879_19393130.jpg

活性にごり酒 阿波山田錦2011
特別純米酒 岩手吟ぎんが 2011
純米酒 備前雄町 2011
特別純米酒 自家田 美山錦 2011
純米酒 阿波山田錦 2011
特別純米酒 岩手吟ぎんが 21BY
純米酒 備前雄町20BY
特別純米酒 自家田美山錦 22BY
純米酒 阿波山田錦 超辛口 21BY



以前から、酉右衛門の酒は、山菜に合うと思っていましたが、
今回それを再認識しました。

この日のベストは、朴葉新芽のフリットと、美山錦の2011。

朴葉の軽い苦味と美山錦の硬さがよく合い、どちらもフレッシュな
後口が残るのがまた良し。


嬉しかったのは、六本木にある小洒落た店にもかかわらず、
お酒の燗ができたこと。


川村さんが持参していただいた、熟成した酉右衛門をお燗する
ことで、肉に合わせることもできましたしね〜。




全11種類のお酒をお燗も交えながら、一体どれだけ飲んだことやら・・・
この日も若干記憶が曖昧です。。。


でも、この日の飲みメンバーで決まった、新たなずるい♪企みだけは
しっかり覚えています。

我が脳ながら、なんて都合のいい・・・(汗)。

by 1go-tokkuri | 2012-06-06 20:05 | 日本酒イベント・クラス
2011年 10月 22日

悦凱陣×坐唯杏 蔵元を囲む会

もうあれから3週間近く経つのか・・・という10月5日。


東京・池袋にある坐唯杏で開催された、蔵元を囲む会に参加してきました~。

この日のゲストは・・・なんと香川県で悦凱陣を造っておられる丸尾さん!!

以前、酉与右衛門さんの蔵元を囲む会に参加した時に、丸尾さんがお見えになるとの張り紙を発見し、
その場で申し込んだ会なんです~。

前回とあるお酒の会で丸尾さんとお会いした時は、事情があって早退されてしまったので、じっくりお話する
ことができませんでしたが・・・フフフ、今回はより少人数での開催ですから・・・フフフ・・・(意味深)。



a0017879_80465.jpg
この日も雰囲気のあるお品書きが~

a0017879_805237.jpg
鮴の唐揚げ / 鱧皮寿司 牡蠣時雨煮 零余子


a0017879_805729.jpg
穴子醤油焼 白味噌仕立て


a0017879_81157.jpg
粒貝刺身 あん肝殻盛り


a0017879_81716.jpg
鰹のたたき


a0017879_811288.jpg
秋刀魚 里芋 人参のコンフィ


a0017879_812449.jpg
子持ち鮎の揚げ出汁


a0017879_813747.jpg
漬物盛り合わせ


a0017879_812949.jpg
真鯛の雲丹挟み揚げ


a0017879_81337.jpg
無花果コンポート白酢かけ白花豆きなこ





a0017879_814137.jpg
純米大吟醸 斗瓶囲いしずく酒 山田錦40 21BY
純米吟醸 赤磐雄町50 21BY
純米 赤磐雄町68 山廃仕込 22BY
純米 讃州雄町65 山廃仕込 22BY
純米 海老名亀の尾70 山廃仕込 22BY
純米 オオセト55 22BY



料理は、お椀と秋刀魚のコンフィ、そして子持ち鮎が旨かったですね~。

丸尾さんのお酒との相性もよく考えていただいたラインナップだったと思います。
肝や雲丹には、少しクセのある亀の尾や力強い赤磐雄町を合わせたり。
幅広く合わせられるオオセトをメインにしながら、山廃3兄弟をかわるがわる燗してもらい、あれこれ試せる
のも楽しい~。


丸尾さんは、小テーブルをかわるがわる回っていただいたんですが、我々のテーブルは一番最後。

今年山廃で造ったオオセトは、我々の仲間内では大絶賛されているんですが、この酒についてあれこれ
聞かせていただいたり、嫁の実家に悦凱陣が常備されるようになった話をしたり、来年の我々の企みについて
あれこれお願いしたり・・・


気がついたら、あっという間に終宴の時間。。。



ちなみに、お酒の会が終わると、自宅でもその酒をじっくり見つめたくなる為、ここしばらく日本酒は悦凱陣
ばかりを飲んでいました~。


ということで、在庫が切れそう・・・補正予算申請しないと。。。(汗)

by 1go-tokkuri | 2011-10-22 08:57 | 日本酒イベント・クラス