2007年 02月 28日

料理ボランティアの会@ホテルメトロポリタン エドモント

先週の火曜日(20日)、東京・飯田橋のホテルメトロポリタン エドモントで、料理ボランティアの
会があったので、友人ともども参加してきました。


元々は、新潟県中越地震の際、料理評論家山本益博氏の呼びかけに応えた料理人の方々
が、被災地に赴き「おいしいものを食べて元気になって下さい」と料理を提供したことに始まる。

今回の催しは、その時に提供した料理を、東京で再現しようというもので、その収益は、万が一
発生した時に敏速に行動できるよう、「行動する料理界の有志」の活動資金としてプールされ
る。



こんなものをいただきました。
a0017879_21592668.jpga0017879_2159546.jpg









a0017879_2201515.jpga0017879_2202622.jpg









・ちらし寿司
・ポトフ
・ショコラショー
・シュークリーム




正直に告白します。

他に参加された方々とは違い、ワタシは、実に不埒な考えを持って参加しました。
「すきやばし次郎」と「しみづ」他の合作ちらし寿司をどうしても食べたかったんです。 だって、
酢飯とおぼろと玉子は、「すきやばし次郎」、こはだと穴子は、「しみづ」…考える前に本能で申し
込みしてました。

ポトフだって、各ホテルで調理したものを持ち寄り、1つの鍋で煮込んで作られたもの。クリーム
詰めたてのシュークリームにショコラショーまで、普通じゃ考えられないモノばかり。


会に参加して、実に多くの方々の想いでこの会が支えられて開催されたのかを知るにつけ、
如何に自分が不埒な考えを持って参加したのかを思い知らされました。

少しでも貢献しようと、甲州種のワイン(1杯300円)をたらふく飲み、お土産のロールピッツァ
(1,000円)を買い・・・ちょっとだけ募金も。



しかし、どの料理も旨かった・・・(幸)。

by 1go-tokkuri | 2007-02-28 22:25 | のんべえ日記


<< 衝撃の告白・・・彼女が別れた理由とは      何を今更・・・のだめカンタービレ >>