2007年 02月 14日

松本庄平劇場・究極のすっぽん 後編

ここで突然、台所から何かを油で揚げる音と、ガーリックのソソる香りが漂ってくる。
いてもたってもいられず、台所へ走るワタシ。

a0017879_23274752.jpgワタシ   「な、なにを作ってるんですか!?」
松本さん 「すっぽんのからあげですわ」

生涯2度目となるすっぽんのからあげ。
しかも、この松本さんの手によるものとなれば・・・。





a0017879_2329392.jpga0017879_23304310.jpg









ほどなくして運ばれてきた、すっぽんのからあげを一口・・・
一番旨いからあげNo.1の座が、フグからすっぽんへと交代した瞬間でした。





さぁ、究極のすっぽんもいよいよラスト、そう、雑炊の登場ですっ。

a0017879_23331675.jpgスープはもちろん、エンペラやすっぽんの卵が
新たに投入され、米は生米からじっく
りと炊き上げます。

もうこれだけで、かなりムフフな感じ。





a0017879_23453516.jpg仕上げに投入するのは、烏骨鶏の卵。
これを溶かずに、そのまま割り入れます。

みんなカメラだの携帯だので撮影しまくり。






a0017879_23475747.jpg見てくださいっ!!

このプルリンとした卵の柔肌を・・・これに箸を
入れる前、卵をツンツンし、プルルンッと卵が
ふるえるのを楽しんだのはワタシだけではな
いはず。




a0017879_23514190.jpga0017879_2353988.jpg









いずれも、スープをたっぷり吸い込んだ米と、丸餅の雑炊。

左がスープをたたえた通常の雑炊、右は水分をしっかり飛ばし、おじやっぽく仕上げたもの。
どっちもウマ~イっ!!雑炊をかきこむ手が止まりません。

一緒にいただいた、漬け物、梅干しも美味。


a0017879_23585750.jpgこれも松本さんの手によるからすみ。
ぐふぉおっ、さ、杯を空けるスピードが一気に
上がります。










ちなみに、この日空けたお酒はコチラ。
すっぽんには松本さんのお酒を、食べ終わった後は、この日の料理の話題を肴に、ワインを中
心にいただきました。
a0017879_04368.jpga0017879_042346.jpg









a0017879_044262.jpga0017879_045821.jpg













究極のすっぽん会。質量ともに超ウルトラ大満足な我々。終わったばかりなのに、メンバー
全員が毎年の恒例行事にしたいと、松本さんに懇願。


松本さんは笑いながら、「身体が元気だったら」と答える。



松本さん、勝手なのはわかってます。

でも・・・明日から禁酒&節制してください。来年の我々の為に(笑)。



《完》

by 1go-tokkuri | 2007-02-14 00:15 | のんべえ日記


<< 何を今更・・・ニンテンドーDS      松本庄平劇場・究極のすっぽん 中編 >>