一合徳利

tokkuri.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 02月 12日

松本庄平劇場・究極のすっぽん 中編

いよいよ、松本さんの手による料理のスタートです!!


a0017879_202898.jpg


まずは八寸。
計9品もあります♪

a0017879_20294129.jpga0017879_2030257.jpga0017879_2030237.jpg






・しらたきの明太子和え     ・黄金納豆              ・オリーブ



a0017879_20335141.jpga0017879_20341960.jpga0017879_20391436.jpg






・葱ぬた              ・自家製塩辛(柚子釜入り)     ・すっぽんのレバー



a0017879_20431283.jpga0017879_20433654.jpga0017879_20435650.jpg






・三陸の岩海苔         ・ふきのとうの自家製味噌和え   ・サーモンの石狩漬け





無茶苦茶旨いです。

乾杯のシャンパーニュの後は、もちろん、松本さんの「澤屋まつもと 純米」。こいつを燗酒で
ちびりちびりやっていたら、もうそれだけで幸せ。

「これ3品で1合は軽く飲めますよ、早くも泥酔の予感がしますっ!!」
と早くも興奮気味に松本さんに話すワタシ。特に、ふきのとう、すっぽんのレバー、黄金納豆の
3つは特筆に価する。いや、ちょっと待て、葱にかかった味噌も、石狩漬けの粕の香りもよかっ
た・・・とにかくどれも旨かった。酒のペースを押さえるのが、本当に大変だった。

「松本さん、お願いです! ウチの近くで飲み屋かテイクアウトの店やってもらえませんか?」
ワタシの半ば「イッてしまった」言葉に、さすがの松本さんも苦笑い。




続いて、本日のメイン、すっぽん鍋っ!!

a0017879_2191477.jpg





この日、初めて知ったのだが、普通、すっぽん鍋をする時は、4人で1匹が基本なのだとか。
この日の参加者は10名。従って2.5匹のすっぽんが必要な計算になる。

ところが、この日、松本さんが用意してくれたすっぽんは・・・
















5匹!!





通常の倍!!


倍ですよ、倍!!







だから、いつもは遠慮しいしい飲んでるスープが飲み放題。ホント、なんの遠慮もなく飲んでも
まだまだ無くなりません。鍋が半分くらいになると、すぐ松本さんが追加のスープを持ってきて
くれます。

a0017879_21375016.jpgもちろん、すっぽんの身もたっぷり。

「これはどこ?」みたいに、自分の椀にとった部
位を都度松本さんに聞きながら、楽しみます。






a0017879_21461641.jpga0017879_21473632.jpg









続いて、鍋に白葱を投入。この葱も予め表面を炙ってあります。
すっぽんスープを吸いこんで、トロットロになった葱がたまりません。炙り加減も絶妙。





この時点で既に満足度100%。
しかし、「究極のすっぽん」な宴はまだまだ続くのでした・・・。




(続く)

by 1go-tokkuri | 2007-02-12 21:55 | のんべえ日記


<< 松本庄平劇場・究極のすっぽん 後編      いざ、ヤマガタ!! >>