一合徳利

tokkuri.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 02月 07日

松本庄平劇場・究極のすっぽん 前編

先週の土曜日。
ワタシはこの日をどれだけ待ち焦がれたことか。



a0017879_21313969.jpg「幻の料理人」松本庄平氏の手による「究極のすっぽん」を
楽しむ会。もう想像しただけで、そして今、この記事を書い
ている最中も、あの興奮が甦ってくる。

実は、松本さんは、本職の料理人ではない。
本業は、京都府伏見の銘蔵「松本酒造」のご子息にて、
企画室長を務められるお方。普段はハンドルを握って全国
の特約店を飛び回る多忙な日々を送られている。






日本酒好きなら、松本酒造が醸す限定酒「澤屋まつもと」を知らない人はいないだろうし、そうで
ない方も、「新どっちの料理ショー」で特選素材としてこの蔵の「純米厨酒」が紹介されたので、
ご存知の方も多いはず。


そんな松本さん、かの松下幸之助氏が、「死ぬ前に松本のすっぽんを食べたい・・・」とこぼした
程の料理の腕前。あの映画監督伊丹十三氏に乞われて、料理人として映画出演の経験も。

光栄にも、これまで何度か酒席を共にさせていただいたことがあり、かつ松本さんの手による
料理を口にする機会にも恵まれた。その内の何回かはブログでも紹介した。
→ 過去の投稿1
→ 過去の投稿2


そんな松本さんにこれまでも懇願し続けた、すっぽん会。
それがようやく叶い、しかも、友人K宅へ松本さんにわざわざ来ていただき、いつもの日本酒
好きメンバーで思う存分楽しむという趣向。興奮せずにいろというのがムリな話。



そんな究極のすっぽん会。

a0017879_21384052.jpg今宵は空のすっぽん鍋でも見て、ヨダレを垂らし
ていただきたい・・・。










(続く)

by 1go-tokkuri | 2007-02-07 21:36 | のんべえ日記


<< いざ、ヤマガタ!!      酒亭菊姫・ふたたび >>