2006年 11月 17日

親孝行に名をかりた「タカリ」

今から約1ヶ月前。既に嫁いだ我が妹から1通のメールが届いた。

「お兄ちゃん、最近実家帰ってないでしょー、この親不孝モノ!!ハハが寂しがってたぞー。」



そういや、最近土日も仕事か飲みが立て込んでいて、ろくに実家に帰っていないなぁ。
ってことで、10連休を利用し、1升瓶抱えて2泊3日の帰省旅行へ。

ただ帰るだけじゃなーと、出不精のオヤジのせいで、外食の機会が少ない母親を誘い、実家
近くのフレンチレストランでランチ。夕食は、久々に帰る息子にあれこれ食べさせようと身構えて
いるようなので・・・。


この店、田舎にしては結構旨い店なのだが、さすがに最近口コミが広まりつつあるようで、予約
なしでは入れない盛況ぶり。
先日、妹が予約を入れたときには満席で断られたとか。3年前は結構ガラガラだったのにねー。


a0017879_21193419.jpga0017879_21195175.jpg









a0017879_212072.jpga0017879_21202084.jpg











メインはアイナメのポワレ。
こいつが、ナカナカ侮れない味で、ついついワインが進んでしまう。

久し振りだけど、やっぱり旨いなぁ。
ってか。このコースで1,980円ってのが田舎価格。実に素晴らしい。料理よりグラスワインの
積算価格が高くなってしまった。
しかも、先日ワタシが母親と妹にイタリアンをご馳走した関係で、今日は母親のオゴリ。いやぁ、
オゴリ酒はやっぱり旨い。
誰ですかっ!?「タカリ」だなんて言っているのはっ!!



しかし、この日一番びっくりしたのは、我々がデザートを食べている頃入店した女性2人組。

内1人は杖をついた60代も後半とおぼしき女性。もう1人はその娘か。
おばあちゃんの方は、杖と娘の肩を借りながら、ようやっと席についた。


なのに・・・










我々が店を出ようとした時、おばあちゃんは既に2杯目のグラスワインを空け(娘はジンジャー
エール)、「ボトルにすればよかったね」などと会話していたこと。

ワタシなぞ、まだまだヒヨッコだと思い知った1日でした。

by 1go-tokkuri | 2006-11-17 21:32 | のんべえ日記


<< イタリアンパセリの切りそば      何はなくとも「ボジョレーヌーヴォー」 >>