2004年 06月 17日

最近気づいたことがある。

ワタシのひもじい食卓に鯖がのるケースが多い。

実家にいるとき、鯖を口にする機会は、飲み屋で〆鯖を食べる時くらいだった。

ところが、一人暮らしをはじめて以来、ぐっと口にする機会が増えた。
1.近所にある総菜屋で塩焼きの切り身を100円で売っている。
2.会社の近所に唯一ある定食屋の定番メニューに登場。
3.焼き鯖ブーム(!?)
3.デブの気まぐれ(気休めに「肉よりサカナ」を選択)。

そんなこんなで、今日も鯖を肴にぐびぐびと。
艶やかな身を噛み締める度に、適度にのった脂が口に広がる。
そこへ乾坤一を冷でクイっと流し込む。
スッキリしていながら、米の甘みと原酒の力強さを感じられるこの酒は、最近の
お気に入り。


肴に合う酒を選ぶってスゴく楽しい^^

by 1go-tokkuri | 2004-06-17 22:45 | のんべえ日記


<< いけません      ワインバー >>