一合徳利

tokkuri.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2004年 06月 14日

Kiss

【持ち回りテーマ∞第15回テーマ:酒】

静岡のとある蔵元を訪れた時のこと。

その蔵元で使う米を育てる田んぼへ足を運ぶこととなった。

そこで待っていたのは一人の熱き男。
黒く日に焼け、精悍な顔つきの彼は、素人のワタシ達相手に1時間近くも米作りの
魅力を、そしてそこから造り出される酒の素晴らしさを語ってくれた。

彼は毎日、稲に語りかける。
「今日は暑いね~、目一杯水を吸い上げるんだよ」
「おっ、だいぶ籾が大きくなったじゃないかー」

我々に語りかける真剣な表情と米作りに対する真摯な姿勢、時折見せるさわやかな
笑顔。そして何より米と日本酒に対する愛情にワタシ達は圧倒された。

感動した。

こんな人たちの手を経て、この酒は造られ、ワタシは口にすることができるのだ。
ワタシは熱き男を、蔵元を、そしてその酒をますます好きになった。

「皆さんも稲に語りかけてやってください」
彼の一言をきっかけにみんな一斉に稲に語りかける。

ワタシは帰り際、そっと稲にKissをした。


あの日、ワタシ達が語りかけたあの田んぼの稲達。
その米を使った酒が、今冷蔵庫で眠っている。
もしかしたら、ワタシがKissした稲からできた酒かもしれない。

冷蔵庫で眠るその酒を見るたびに、そんなことを思ったりする。

by 1go-tokkuri | 2004-06-14 23:57 | のんべえ日記


<< 人のフリ見て・・・      ピザハウス >>