2006年 04月 22日

ノンダクレリーダー

先日、我が日本酒呑んだくれメンバーのリーダー宅にて飲み会が開催された。

このリーダー(年齢非公開・独身)宅で飲み会が開催されるのは、実は初めてではない。約1年
前、彼の手による「極上鯛しゃぶ」が振舞われた《らしい》。
そのウマさたるや、もはや素人の域を超え、参加者が皆々恍惚の表情を浮かべた《らしい》。

そう、ワタシは憎きインフルエンザにヤラれ、泣く泣く参加を断念していたのだ。


そしてこの日、約1年越しで開催される、待ちに待ったリベンジの会に、ワタシは燃えていた。
彼の最寄り駅の漫画喫茶で予め仮眠を取り、体調にも万全を期す。




まずはメンバーが持ち込んだ品々から。
a0017879_11412885.jpga0017879_11413721.jpga0017879_11414586.jpg






う~む、どれもこれも旨いぞ。


そしてこれが、リーダーの手による料理の数々。
a0017879_11434013.jpga0017879_11435360.jpga0017879_1144728.jpg






ビックリしたのは〆鯖。
この人、自分で鯖買ってきて自分で〆めてるんですよ。
しかも旨い。その辺の料理屋の〆鯖より旨い。




そして、メインの「春の魚の3種なべ」。
a0017879_11462432.jpga0017879_11463589.jpg






鰆と鯛とあと一つはなんだか忘れた・・・。
勿論、切り身や鍋パックではなく、魚を1から下ろしている。




a0017879_11515457.jpg←酒もこれだけ飲みました。

いやぁ、すっかりいい気分。
去年、参加者が口々に褒めちぎっていたのがわかる。
ご近所に是非、一人欲しい存在。







しかし・・・
















あまりの旨さと、手際の良さに、メンバーからリーダーへの意見が続出。


「こんなにできたらさぁ、逆に女の子引いちゃうよー」

「『ワタシはこの人に何作ったらいいの?』とか思っちゃうよねー」

「最初はさー、タコ茹でたのだけだしたらいいんじゃないの」




そして、メンバーの一人がワタシを見て一言。

「でもさぁ、一合みたいに、飲んでるだけで何にもできないってのも問題よねー」





グサッ

by 1go-tokkuri | 2006-04-22 12:03 | のんべえ日記


<< 愛情の示し方      琴桜、「大関」へ >>