一合徳利

tokkuri.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2006年 01月 08日

家計簿をつけてみる

根がいいかげんでテキトーなワタシ。


給料の大半を飲み食いに使い、毎月の家計は常に赤字。
そんな赤字をボーナスで埋めるというのがここ数年繰り返されている負のスパイラル。

が、2006年こそそんな生活にオサラバしたい。そう思い、2005年12月、実におこづかい帳
以来20数年ぶりに月の出納をチェックしてみた。

「1ヶ月限定」と割り切ると以外に継続できるもので、先日、めでたく丸1ヶ月が経過し、ワタシの
金銭費消の実態が明らかになった。



ここで、予算対比でどの位乖離があったのか、振り返ってみたい。


1.朝昼食費
  予算対比 4,027円オーバー
  ・・・うん、ま、こんなもんか。結構高いランチとか食べちゃってたし。
  土日のランチを倹約すれば、調整できる範囲だな。


2.遊興飲食費(含夕食)
  予算対比 6,158円マイナス
  ・・・あれ?
  おかしいぞ。オーバーしてない。実はワタシって意外と倹約家?
  当然ココが最大のネックだったはずなのに。。。予算額自体、かなり多めであることは事実
  だが、予算超過に至っていないのは謎。



でも、月の家計は明らかに破綻しているのだ。

その理由が今、解き明かされる!!








3.その他
  予算対比 56,055円オーバー





















…折角なので、この「その他」の利用用途を分解してみた。





第一位 酒購入 47,647円
第二位 タクシー  13,680円
第三位 雑誌・書籍  4,880円



結局、全部酒がらみということが判明しました。。。
それにしても、自宅飲み用の酒が5万弱って、どういうこと???

by 1go-tokkuri | 2006-01-08 21:40 | のんべえ日記


<< 課長の評価      遅まきながら初詣 >>