2005年 10月 12日

銀座久兵衛の寿司を喰らふ

ワタシを含め、田舎モンがあこがれるもの、一度は食べて見たいと思うのが、銀座久兵衛の寿
司である。ま、久兵衛に限らず、銀座で寿司を食うこと自体、ワタシのような田舎モン&平民に
は遠い遠い夢の話である。

そんな夢をちょっとだけ味わった気分になれるモノがコチラ。
a0017879_0171915.jpg


なんと、久兵衛が期間限定で銀座三越に出店しているのだ。通りかかったのはホント偶然。
が、その瞬間、売り場のおばちゃんに「ばらちらし1つ」と告げていた。脳の思考回路が働く間も
なく、口が独断で動いていたって感じ。。


a0017879_0201912.jpg

今回のばらちらしの具は、穴子と椎茸、卵、そして蒸し海老。


いやぁ、テイクアウトとは言え、キンチョーしますな。
そりゃそうです。コチラの商品はなんと2,625円也。久兵衛でばらちらしをお土産に頼んだら、
こんな値段ではムリなんだろうが、平民の食事で言ったらご馳走に値する。普段の食事だった
ら何食分に相当するんだろう。キンチョーするのもムリはない。

一緒についてきた割り箸もツルツルですよ。ワタシが使っている○ーカドー「徳用パック」とは質
感が違います。




折角なので、チマチマ食べてもしょうがない。やや大きめに一口目を口に運ぶ。



んぐんぐ。。。






んまい。
ちょっと卵の甘さがキツいが、これは個人の嗜好のレベルか。っていうか、これが高級寿司店の
卵焼きなのか!?食べたことがないので、確認のしようがない。。。




ゆっくり食べようと思ったのに、あっという間になくなってしまった。
味は、値段を考えれば十分満足できるものでした。





いつか本当の久兵衛の暖簾をくぐる日がやってくるのだろうか。こないだろうな。。。

by 1go-tokkuri | 2005-10-12 00:23 | のんべえ日記


<< グロテスク      日本酒クラス・第10回 《蔵元見学》 >>