一合徳利

tokkuri.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2012年 11月 11日

みちのく道中酒まみれ 寳来寿司@石巻 後編

この投稿は続きモノです。
まずは、こちらからお読みください。

  → みちのく道中酒まみれ M嬢がどうしても買いたかったモノ
  → みちのく道中酒まみれ 寳来寿司@石巻 前編

****************************************************


さあ、石巻の寿司屋で何を食べるか・・・


もちろん、普通のランチもあったのですが、折角石巻まで来たのに
それではもったいない・・・

かといってこの後は日本酒の蔵元へ伺う予定もある為、泥酔する
訳にはいかない・・・


ということで予約の時点で刺身+寿司で予算を伝えてお任せすることに。


a0017879_11302681.jpg

お供に控えしは、もちろん日本酒!!
地元・石巻の日高見の吟醸を四合瓶で・・・ひとり1合ですから!!



a0017879_11221613.jpg

刺身は、かつお、さんま、ひらまさ。
小鉢に入っているのは、かにみそです。

そして、ひときわ存在感のあるフォルムなのは・・・鯨!


昼間っから鯨&日本酒というのが背徳感満載で素晴らしい(笑)。

宮城県では、金華山沖で調査捕鯨が行われている為、鯨肉が
昔から食べられているそうです。


この皿が出された瞬間、一緒にカウンターを陣取っていたA嬢の顔が
一瞬曇ったのをワタシは見逃しませんでした。

そう、A嬢は以前一緒に行った店で出された鯨があまりにひどくて、
すっかり鯨嫌いになっていたのです。


ところが、この店の鯨は美味しかった。。。

燗酒でガッツリやっつけたいところでしたが、リミッターが外れ
そうなのでガマンガマン。



a0017879_11265270.jpg

a0017879_112728.jpg


握りもどれも美味しかったのですが、特に秋刀魚と生鯖がたまらんかったです。


たまたまカウンターの隣に座られたお2人が、東日本大震災で
大変な目に遭われた後、この日久し振りに再会されたという方々。


お2人とご主人、我々であれこれお話をさせていただいたんですが、
気がつくと、あっと言う間に店をでなければいけない時間。


もっとじっくり、ご主人の料理や寿司、そして会話を楽しみたかっ
たんですが・・・残念。


この店に1時間ちょっとしかいられないのは、もはや拷問なのでは
ないか・・・とも(笑)。



(続く)

by 1go-tokkuri | 2012-11-11 11:19 | 東北行(2012.10)


<< みちのく道中酒まみれ 日高見/...      みちのく道中酒まみれ 寳来寿司... >>