一合徳利

tokkuri.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 09月 10日

シンガポール行き壮行会 前編

すっかりごぶさたしている間に、死亡説や入院説(実績あり)まで飛び出しているらしい一合徳利です、コンニチワ。
「死亡はないにしても、入院はありうる!」ということを皆さん異口同音におっしゃいますね。。。(汗)


近況をお話すると、例年通り8月9月は忙しい月なのでバタバタしておりまして・・・
「家に帰ってまでパソコン開きたくない病」を患っておりました。まだまだ仕事は落ち着く気配はありませんし、
今日も午後から仕事だったりしますが、ネタが貯まるのもストレスなので~。


さて、話は変わって、高校時代の友人でこのblogにもちょこちょこ登場する友人Hが、9月からなんとシン
ガポールへの赴任が決定。

これでアイツも世界を股にかけたエリート国際ビジネスマン。

英語がからっきしダメなワタシは、さほどうらやましくもなかったんですが、
シンガポールに◯年ほどおりました
なんて言えるのはカッコいいし、女の子にもモテそうで、やっぱりうらやましい。




ということで、何度目かの壮行会を実施~

a0017879_11233820.jpg

待ち合わせは、我がN馬区から脱出、巣鴨に居を構えた蕎麦の名店菊谷

ちなみに、この話は7月も半ばあたりと、随分前の話で、ビックリする程暑かった日。
しかも真っ昼間ということもあり、もう店に着くころにはシャツを着替えたくなる位汗でグッショリ。

巣鴨駅から向かったのは大失敗でした。都電荒川線から乗り換えて庚申塚で降りればすぐだったのに・・・。




何はさておき・・・

a0017879_1123453.jpg
かんぱ~い O(≧∇≦)O イェェ~イ♪



当然の如く昼酒モードの我々は、酒の肴をから~♪
a0017879_11235053.jpg

a0017879_11235495.jpg

a0017879_11235813.jpg

a0017879_1124135.jpg


菊谷で酒を飲むと言ったら、何はさておき鯖の燻製
この自家製の逸品は、久しぶりに食べてもやっぱり旨いので、途中からリピート~。


蕎麦味噌や天ぷらも相変わらずのクオリティでうれしくなってしまいます。



a0017879_1124711.jpg

a0017879_112496.jpg


日本酒のラインナップはやや増えた印象。
四季桜、菊姫、木戸泉・・・おや?いずみ橋もありますね~。

ひと通り飲んだ後は、菊姫を延々リピート。これもまたいつも通り。
途中から、友人Yも合流し、酒を頼むスピードもぐんぐん上がって行きます。


a0017879_11241285.jpg


蕎麦はもりをいただきます。ホントは二八と十割の違いを試したり、汁物もいただきたかったんですが、
夜の予定もあるので、断念。


最近は、国産の蕎麦粉を使うお店でも夏の蕎麦が本当においしくいただけるようになりましたよね・・・。
蕎麦一枚に関わるいろんな方の努力があるんだろうなぁと、オヤジ酒談議も。




そんなこんなで、酒肴も蕎麦も素晴らしく、2人も喜んでくれたようでホッと一安心。


唯一残念なのは、大きなカウンターのあったN馬区の店に比べ、こちらのお店は一般的な蕎麦屋っぽい
造りになっている為、以前のように色々話しながら酒を飲むというワケにはいかないところですかね~。


いや、そんなことより何より、店内が暑いことか。。。


いくら節電とはいっても、ちょっと暑すぎる。


さすがに我慢できず、空調の調整をお願いしようとしたその時、ワタシは気づいてしまった。




そう、ここは巣鴨なんだということを!!
おそらく、場所柄お年寄りに配慮されているんでしょうね。
だって、この日も間違いなく我々が最年少の客でしたし、汗をしきりに拭っているのは我々だけでしたから。。。



さて、そんなこんなでいい頃合いの時間になったので、2軒目に向かいます~。



(続く)

by 1go-tokkuri | 2011-09-10 11:51 | のんべえ日記


<< シンガポール行き壮行会 後編      KINGの一時帰国に向かった先... >>