一合徳利

tokkuri.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2011年 07月 30日

とんかつでどぶを飲む幸せ

先日・・・と言っても1か月近く前になりますが、ひょんなことから、生もとのどぶを飲めるとんかつ屋さんが
あることを知り、喜び勇んで行ってきました~♪


  生もとのどぶをご存知ない方は過去記事をどうぞ・・・
  えどむらさき隊員誕生!の日
  チェレステ!な どぶ会議 / 作@上石神井
  社外の会議があるんです・・・どぶ会議


a0017879_10523561.jpg

お店は、東京・神楽坂にある、あげづき
この店を知ってから、実は数カ月が経つんですよね・・・ワタシもだいぶ腰が重くなったと感じる今日この頃。



この店でどぶを飲むポイントは・・・事前の電話です(たぶん)。


ワタシが、前日に予約&どぶの在庫確認をしたところ、残念ながらどぶは一合分しか残っていないとのこと
もう少し余裕を持って電話していたら、仕入れてくれていたでしょうし、みんなでどぶどぶどぶ・・・と言い
続け&飲んでいれば、常時たくさん在庫しておいてくれるでしょう(たぶん)。



予約時間より少し早めに到着すると、早速どぶが一合しかないことのお詫びが。
いえいえ、いいんですよ、今度はもっと仕入れてくれれば・・・なんていいながら、お許しをいただいて、
日本酒用冷蔵庫を漁る(爆)。

a0017879_10534946.jpg

めちゃめちゃうれしい誤算だったのは、どぶだけでなく、凱陣もラインナップに入っていたこと。
しかも、店主が開栓後、カタイからと放置プレイの睡龍まで~♪


a0017879_10524472.jpg
トマトのバルサミコ酢かけ・空豆岩塩ゆで


a0017879_10525956.jpg
うずらの卵フライ


a0017879_1053107.jpg
鹿児島県産車海老のフライ


a0017879_10532941.jpg
自家挽きメンチかつ


a0017879_10533479.jpg
鳥取県産の地鶏ささ身フライ


a0017879_10534080.jpg
肩ロースの生姜焼き


a0017879_10534382.jpg
特ロースかつ


a0017879_10534611.jpg
特ロースかつ(断面)




う~ん♪ ウマイ~っ!!

どの料理も旨いんですが、地鶏ささ身フライと特ロースかつは必食ですね~。

ささ身フライは、ワタシがこれまで食べたどのささ身フライとも違う、ダントツNo.1です。
サクッとした衣の中にしっとりと仕上がった絶妙な火入れのささ身が・・・いくらでも食べられちゃいます。
なんでこんなに上手く水分量をコントロールできるんだろう。
この店へきて、ささ身フライを食べずに店を出るのはモッタイナイですよ!!


特ロースかつも、赤身とやや厚めの脂のバランスが素晴らしい。
脂の甘みをたっぷりと堪能できる揚げ上がり。素材が良くても揚げる技術で味が大きく左右されるとんかつ。
ちょっと前に揚げ過ぎでスカスカになったとんかつを某有名店で食べさせられたことを思い出しました。
一方で、揚げが甘いと、脂が口の中に残る感じがしますが、この店にそんなことはありません。

店主に伺うと、通常使っていた南の島豚が仕入れられず、今は越後もち豚を使用しているそうですが、
なんのなんの、とんかつという料理が存在する喜びを十分感じさせてくれる一品でした。


おいしいものをいただくと、あれこれコーフンしてくるのが人の常。
店の方には、お燗の温度で熱く!もっと熱く!!と、追加オーダーの度にウルサク注文を出してしまいました・・・スミマセン(汗)。


さぁ、とんかつ+燗酒で暑い夏を乗り切りましょう~♪

by 1go-tokkuri | 2011-07-30 11:57 | ソトでのむ


<< まさかの三日酔い寸前飲み・・・      N馬区の至宝「牛蔵」のメンチカ... >>